1. TOP
  2. 月末の引越しはなるべく避けたい

月末の引越しはなるべく避けたい

特集   814 Views

引越し料金は基本として「暇な時期は安く、集中する時期は高い」と覚えておきましょう。賃貸アパートやマンションの引っ越しの場合は新居に入るのは家賃の関係から月末ギリギリにということがどうしても月末に集中しますよね。なので料金は高くなるのが通常なのです。

引越し料金は一定の価格ではありません(日通のワンルームパックも休日の場合には高い休日料金が設定されます)。宅配便や郵便などのイメージを持つと「距離と重さ」で料金が決まるというイメージを持ちますよね。引越し料金も基本的にはそのようなものなのですが、忙しい時期と暇な時期が1年を通して激しく波があるために、一定料金では行えないという事情があります。またマンションの階数や荷物の多さや運搬の方法などの引越する人の個別の事情がそれぞれ大きく費用に影響するので正確な金額はやはり見積もりを取り寄せることが一番です。

そしてのその見積もりを見比べて安くてサービスが充実している業者を選んでください。一人暮らしの引越でも私の経験上、4倍の差があったことがあるくらいですので、必ず見積比較サービスを利用することをおすすめします。

賃貸の契約の関係で月末に引越しは集中するものです。できれば月末は避けて空いている中旬頃に引越すのが料金を安くするにはベターな方法となります。

自分で出来ることは極力自分で行うのが安く済ませる基本

何も知らずに行う引越し作業では、何かと無駄な行動をしがちで、損をしてしまうケースがあります。それらを回避するために、引越しを単身で行う際の豆知識を覚えておくと良いでしょう。

引越しにおける行動は、人それぞれに違いがあり、要領良く無駄のない作業で引越しができる人と、時間やお金が無駄にかかってしまう人とがいます。

一番重要なのは、引越し業者への対応についてです。単身で引越しを行う場合は、荷物が少なくて済むことが一番の強みです。引越し業者にとっては、大きいトラックであればある程、トラックの台数が多くなればなる程、人件費や燃料費などの費用がかさんでいくので、それが少なくて済む単身者の引越しは非常にありがたいお客様なのです。

また、作業時間についても、家族の多い引越しに比べて短くて済みますので、単身での引越しをたくさん扱うことは、業者にとって都合が良いのです。そのため、単身者の引越しでは、条件をうまく呑むことで、かなり格安で引越しをすることが可能です。例えば、引越しの日程を業者に任せることで、格安で引越しの見積もりをしてくれる場合があります。さらに、荷造りは自分で行うなど、出来る作業は自分で行いましょう。さらに、様々な業者へ一括見積もりを依頼することによって、最も安い金額で引越しを行う事が可能になります。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 京都の幽霊マンションのお話

  • 午前中の引っ越しが人気な理由がわかります~暗い部屋のなかひたすら業者到着を待った午後の引っ越し

  • 引っ越しは良くも悪くも人生の一大事、苦い経験をふまえて慎重に

  • 自力の引っ越しは何よりも精神的に辛かった~車でわずか5分の市内の新居への引っ越しでもこの有り様!

  • 残る荷物はあと少しと聞いていたのにゴッソリと!仕事と同様に引っ越しも「ほうれんそう」が大切だと痛感。

  • 急な転勤辞令のために繁忙期の引っ越し~費用は会社持ちだったが法外な料金に驚く!