1. TOP
  2. 一人暮らしのランニング・コストは引越しで下げられる!

一人暮らしのランニング・コストは引越しで下げられる!

住まいと暮らし   1,124 Views

引越しをするとお金がかかると思っている人が多いのですが、私はより家賃の安いところへ引っ越して節約をしてきました。

引越し作業自体は、自分で行えばお金がかかるわけではありません。引越しをしなくても賃貸契約は2年ごとに更新があり、更新料を支払わなければなりませんので、どうせならより家賃の安いところを探して引っ越したほうがいいのです。敷金は問題がなければ戻ってきますし、仲介手数料などで多少のお金がかかっても、その後2年間の家賃が安ければ数ヵ月後には生活にかかる経費が逆転します。

つまり一時的に数万円余計に支払うことになったとしても、家賃が安ければ簡単に取り戻せるということです。現在は電話やインターネットも携帯電話を使えば、引越しのたびに工事をして料金が取られるようなこともありませんし、新居でもすぐに使い始めることができます。

このように、生活に必要な経費を削減できることが、引越しのメリットです。家賃など、毎月必ず支払わなければならない費用の削減は、節約には非常に効果が高いのです。

さて、もう一つ、あまり明白ではない引越しのメリットがあります。

日ごろ、どんなによく片づけをして、無駄な物を持たないようにしているつもりでも、引越しの時には、こんなに無駄な物、ほとんど使わないような物を持っていたのか、と思い知らされることがあります。引越しによって、不必要な物を処分し、念入りな掃除をして、生活をシンプルにすることができます。これも引越しのメリットだと言えます。

単身引越しを安くするには平日に!

そしていざ引越しとなれば、週末ではなく平日引越しができればおススメです。なぜならば混雑する季節や日に値段が高くなるのが業者の値段設定だからです。お得な引越しの仕方として覚えておいてください。荷物が少ない人であれば単身パックを利用することも考えてみましょう。

単身パックの利用を勧めたいのは、荷物量が少ない人です。業者が取り決めた範囲内で荷物を運び出す、これを単身パックというからです。多量の荷物がある人は、必ずしも持っていくことのない荷物を捨てるなりリサイクルに出すなりして、持ち出す荷物を極力少なくしてなければなりません。洗濯機等の大型家電、大型家具(例:ベッド)は、引越し後に改めて購入することをオススメします。

一人暮らしの引越しに便利な単身パックとは?

「引越し単身パック」は一人暮らしをする方向けのサービスで、今はいろいろな業者で利用することができます。業者が用意した専用のボックスがあふれないくらいの荷物量であれば、低価格での引越しを実現できますのでオトクです。当然、無理やり利用しなくても全く問題ないのですが、頭の片隅にでも置いて頂きたいのです。

一人で暮らしている人であれば、あまり荷物は多くないので、その分料金は安くなります。使っている家具家電や布団等はひとまとめにして送ってくれますし、隣の行政区域のように近場が目的地の際、値段は約1~2万前後にまで大幅ダウンする場合もあります。

単身世帯で引越しをする際には、単身パックを利用すれば、低価格での引越しができるようになります。値下げを実現するための具体的なポイントは3つあります。1つ目は「移動距離の長短」。続いて、持ち出す荷物の量は適正か。そして3つ目は無料の引越し料金一括見積もりサイトを使うことです。

単身パック一の残念な点とは何かといえば、荷物や移動距離によっては料金が予想より高くなってしまうところです。理由ですが、専用ボックスの最大容量を考慮に入れても、荷物があまりない方に向けたパックだからなのです。例えば洋服や本、雑誌そのほかたくさんの趣味の荷物がある人は、油断するとすぐコンテナが荷物で限界に届いてしまいます。遺憾ですが、そういう方には他の手段を検討して頂いた方が良いでしょう。

宅配便の仕組みを思い出してもらえるとご理解頂けるかもしれません。価格ですが、使うコンテナの数次第で変化します。その数が増えるほど、勿論料金がかかります。

「将来引越ししよう」と予定されている単身者の方、<引越し単身パック>を頼めば低コスト引越しを実現できます。とはいうもののこちらのパック、良い点もデメリットもあるのです。一番大きいデメリットは、トラックが一度に積める荷物量には限られていることです。そのため、同じ単身者であっても、荷物量がどうしても多くなる人は、他のサービスを利用した方が良いでしょう。

快適な一人暮らしをおくるためのTips

単身生活を送るとき、たくさんのことを1人きりで片付けていく形になります。炊事は勿論洗濯・買い出し・郵便を出したり、役所に行ったり、更にはクリーニング店・病院への行き来も…。

無限大と言っていいほどの雑事が待っています。だからこそ、住まいは駅の近辺を選び、極力負担を減らすにこしたことはありません。

部屋探し

一人で生活するための部屋探しの際、広さはどのくらいが失敗しない選択肢なのでしょうか?

地方によっても異なりますが、基本、1Kや1Rを選ぶのではないでしょうか。首都圏であればまだしも、田舎の一人暮らしなら、頑張って1LDKにしてみるのも良いと思います。一人暮らしでも違和感のない広さだと思います。

単身生活を送る部屋探しにて、重点をおきたいこととは一体、何があげられるでしょうか。わかりやすいところですと、「お部屋の広さは適切か」「家賃は問題なく払えそうか」駅・スーパー・病院が近隣にあるといった点がありますね。複数人で同居する場合も似たような点を重視するとは思いますが、単身生活であれば、何かあっても助けてくれる人がいませんので、複数人で暮らすより気を配る必要があるのです。

駅チカ

独身者が一人で生活するステージを選ぶ際、どのような点を重視するでしょうか。

個人的な絶対条件はいろいろあることでしょうが、近場に駅がある物件、すなわち駅チカなんてオススメですよ!

通学・通勤に有利となるという利点は勿論、駅周辺は商業施設や公共施設が集中していますから、普段の生活で不満に思うことはないと思います。単独世帯のお住まいには、使いやすい「駅チカ」、要するに駅の近隣でしょう!なぜかというと、1人で暮らすということは、日頃の家事を全て自分でこなし、病気にかかる、怪我をする等あっても病院への移動は自ら行う必要があるからです。

一人暮らしの女性の防犯対策

女性が一人暮らしをする場合、防犯がしっかりしている物件を必ず選ぶようにしましょう。セキュリティが甘いと、おかしな方が簡単に侵入可能になってしまいます。オートロック設置は当然!インターホン(来客の顔が見えるカメラ付)も必須です。裏口のドアもオートロックならば尚更ステキです!嫌な思いをしてからでは手遅れなのです。

1人暮らしを始める女性が防犯対策を行うとなると、びっくりされるかもですが、「新居の上下左右の住民に、引越し挨拶をしに行かない」それも手段のうちなのです。なぜなら、「同じ建物で暮らす一人暮らし女性がいる」というデータをわざわざ公開してしまうので、怪しげな人物によるおかしな事件の巻き添えを食う可能性が発生してしまうためです。

洗濯機

単身生活に必要なものを揃える際、必ず用意しておきたいのが洗濯機。昔ながらの縦型洗濯機もOKですが、せっかくなので、新たにドラム式を買っても良いと思います。乾燥機能で衣類もふんわり仕上がります。

その上傷みにくいので、少し高いですが、やることが多い単身生活の相棒になってくれますよ。

単身者が生活で使う洗濯機のサイズは一体何キロあれば困らないでしょうか。4~5キロくらいで良いのかな、という方がいるかもわかりません。そうはいっても、7kgか8kgあれば、1回に沢山の洗濯物を洗ってしまえるだけでなく、1週間のうち1度、もしくは2度しか洗濯しない方には良いですよ。他には、カーテン・毛布のような大型の洗濯物も気軽に洗濯可能です。

冷蔵庫

1人で生活するに適した冷蔵庫とは、一体どれほどのものなのでしょうか。家族で使えるレベルの大きい製品はいくらなんでも向きませんが、あまり小さいのもどうかと思います。料理をする機会が少ないのであれば小さくても良いと思いますが、どうしても小さい方が良い!というわけでないのなら、130cm前後の大きさを選ぶと良いでしょう。

一人暮らしを始める際、どのような冷蔵庫を買うのか結論を出さねばいけません。自分で料理は一切しない!と主張される方なら買う必要ないのですが、そういう方は少数だと思われます。ご購入の際には、中型の製品を選ぶとちょうど良いのでオススメですよ。

「冷凍保存容器」なる商品がスーパーや百円ショップで売られていますが、一人暮らしには欠かせない商品ですね。多くご飯を作ってしまったときに、お鍋から移動させて冷凍庫で凍らせておくアイテムとして性能を発揮すると思います。2~3個、レンジでチンしても差し支えないつくりの商品を買い置きすることをオススメします。

掃除機

1人暮らしのパートナーにしたい掃除機に、ロボット型があると思います。割高ではあるものの、隅々まで自動的に掃除をやってもらえる点が長所になりますね。うるさいと感じる音の大きさでもありません。欠点として、掃除しきれない(大きいゴミ等)ことがある、障害物(例:段差)を上手く越えられない場合があることというものがあがると思いますが、家事の時間を短縮したい人に推奨したい掃除機です。

1人暮らし向けの掃除機とは、一体なんでしょうか。あまり邪魔にならないスティック型ですが、存外重くて少々吸引力に欠けています。ロボット式にも惹かれますが、つきつめると、通常型の音がなるべく静かな掃除機を選んだ方が無難だと思いますよ。

カーテン

一人暮らしをはじめるとき、カーテンは持参しますか?もし新調したいのなら、色とか柄はフェイバリットなものが良いですよね!ですが女性の一人暮らしの場合、フラワープリントやピンクのように、パッと見て女性が好きそうなものを買いたいときは、よく考えた方が良い一人暮らしを送れるかもしれません。怪しげな人物から襲われる見込みも上昇しますしね。

引越しに合わせてカーテンの購入をする際に、どんな感じの商品をゲットしたいですか?個々人で選定基準はイロイロあると思いますが、その中から、私はこげ茶色且つ柄なしのものを買いました。少し地味だとは思いますが、重厚な印象を受けるため、癒される感じがします。仕事や遊びの後は疲れた体を少しでも自宅で癒したい方に、勧めたい色です。

クローゼット

1人暮らし女子のお部屋に欠かせないクローゼット。可能なら、2個設置している物件を選びましょう。片一方には通常着る服を、別の方にはスーツまたはコートといったアウターを入れるといったように分けると楽です。もし不足しているのなら、コートかけもしくはタンスを追加で入手するべきです。着ない服は、なるべくなら、中古服のお店にでも売るようにしましょう。

独立して生計を立てたいおしゃれが楽しい女性には、ウォークインクローゼットが設置された部屋を選んだ方が良いと思います。収納空間がとにかく広いため、服をはじめ、大きな荷物であっても問題なく収納できてしまいます。正直、クローゼットよりもかなり広いです。人気が高く空きが出にくいので、お見逃しなく!

本棚

1人暮らしに向いた本棚とは、どういったものでしょうか。素直に言いますが、限られた空間上で、大きい本棚はいささか不向きです。2~3個、そこそこ小さい商品を買っておくと、空間を圧迫しないのでオススメしたいです。

なので、ある程度は売ったり捨てたりする本は必ず出てきます。

単身生活者の部屋に持ち込める本の量には、制約があるものです。そのワケは、単身生活向け物件は基本狭いので、本をたくさん置くスペースがありませんので。なので引越しの際は、読む必要がある本のみ引越し先に持っていきましょう。本棚は、大型以外のものににチェンジした方が良いですよ。

便利グッズ

一人暮らしに使いたい便利グッズは多数存在するでしょうけども、除湿機は使ってみた方が良いですよ!なぜかといえば、一人暮らしは、休日くらいしかお洗濯物を屋外に干せませんので。室内に干した上で除湿機のスイッチを入れておくと、比較的早い時間で乾きますし、生乾きを防ぐことも可能になります。

「これは欲しいアイテムでしょ!」というものはやはり、収納ケースでしょう!通常、一人暮らしの部屋といえば、どちらかというと狭い部屋ばかりです。決められた範囲を無駄なく利用するためには、収納ケースを使ってきちんと荷物を整理し、すぐ把握できるところに収納しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自宅でソーラー発電。太陽光発電システムを導入する際の費用の目安は?

  • マンションの最上階は暑い!?猛暑対策はこのように

  • 引っ越し先でもまたクレーマーおじさんが!!トイレを流す音にさえドキドキする毎日・・・

  • 賃貸マンション・アパートの部屋探しに必須のこと・まとめ

  • 引越しの際にエアコンはどうする?

  • 引越しで気をつけたい家電製品。場合によってはリサイクルも有効な手段です