1. TOP
  2. 自力での引越

自力での引越

ikou   890 Views

引っ越す距離が短かったり、おひとり様だったり、引っ越す人が若ければ、自力で楽々お引越が出来、費用も安く抑えられます。ただし、引越費用が安く抑えられると言っても、手伝ってくれた友人や知人にお礼の飲食に大盤振る舞いをしたら、結果的にはこの限りではありません。
輸送の車はレンタカーを借りるのですが、今のレンタカーは便利になっていて、輸送先に返せばいいようになっています。家具や大型テレビなどを保護するために、毛布なども準備してくれます。段ボールなどはスーパーからもらってくればいいですし、100円ショップで買えます。ただ、素人の集団で引越をするので、大きな家具に傷をつけたり、マンションやアパートの床や壁を傷つけたりというトラブルもたまにはあります。
自力での引越のメリットをまとめると、【費用が抑えられる!?】【好きな日にち、時間を選ぶことが出来る。】【マイペースな引越しが可能。】といったところです。
自力での引越しのデメリットは【友人知人のお礼や食事代など高くつくことがある。】【引越し当日、予定していた人が急に来れなくなるなど、作業人数が揃わないことがある。】【荷物が破損、紛失しても補償がない。】【長距離の引越しの場合は、搬出ができても搬入ができない。】などがあります。
おひとり様のお引越しの場合、自力で引越しをするよりも、赤帽など軽貨物業者に依頼したほうが断然お得なようです。もっとも、これは個人の価値判断によって違ってきますしし、絶対安くできるという自信のある人もいるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越し業者が忙しい時期は引越し料金が高くなるって本当?

  • 引越しを友人達に手伝ってもらってお礼をすると、むしろ業者に頼むよりも高くつく?

  • 値切り交渉の仕方