1. TOP
  2. 年々増加する海外への引越し 最適な荷物運搬法は?

年々増加する海外への引越し 最適な荷物運搬法は?

特集   654 Views

日本国内から海外へ移住される方の数は年々増加傾向にあります。お仕事の都合、ご結婚、海外留学など海外へ長期的に滞在する際には自分の荷物を海外へ運搬する事が必要になります。

このような海外引越しの際には、引っ越し業者の方に荷物の運搬をお願いする事になりますが、この荷物の送り方には大きく分けて航空便と船便があります。これらの荷物の発送方法はそれぞれ特徴が異なり、荷物の性質に合わせ最適な方法を選択する必要があります。

ここでは荷物の発送方法で異なる海外引越し料金の重要ポイントについてお話致します。先ず最初に、海外引越し料金の重要ポイントとして航空便についてお話致します。一般的に航空便は荷物の到着は早いですが料金は割高になります。それ故に、航空便を使用し発送する荷物は、現地に到着した後、直ぐに必要な物に限定する事が重要です。又、航空便の場合は大きさや重量で発送料金が大きく異なる為、小さな荷物に限定する必要があります。

次に、海外引越し料金の重要ポイントとして船便についてお話致します。船便は航空便よりも割安で荷物を送る事ができますが、到着までに時間がかかる傾向があります。それ故に、現地到着後、直ぐに必要な物は船便は利用できません。しかしながら、船便では航空便では困難な大型の荷物を送る事も出来ますので、大きな荷物を発送する際には船便を選択する必要があります。このように海外へ引越しを行う際には発送方法について学んでおく必要があります。

海外への引越し業者と料金 

海外転勤など海外への引越しをされる方、単身であればなるべく荷物を持たずに身軽に、現地で必要なものを手に入れるのがよいでしょう。

国によって違いはありますが、海外赴任の多い日本人が海外転勤をする際に不要なものを売却、必要なものを購入出来るインターネットサイトもありますので検索してみてください。

海外の引越し業者を探すと言っても、日本国内から海外へ、海外からまた海外へ、海外から日本への帰国など、色々なケースの引越しがありますし、国によっても業者は様々でしょう。トラブルもおきやすくなりますよね。

そんなトラブルを最大限ケアする為には世界各国に支店をもった海外引越し業者のご利用がおすすめです。海外の引越しで気をつけるべき点を数点あげてみましょう。まずは大きな荷物がある場合、例えば車ですね。車の引越しは各国の法律によって個別の規制で難しい点が多く、必ず各国の大使館へ確認しましょう。また忘れがちですが必ず確認する点として船積みする場合は荷物の送付時間です。

これも国によって大きく変わりますが、各国主要の港までの所要時間も例えば、日本とホノルル間で8日間、長いもので2カ月以上かかってしまう国もあります。これは船での輸送をする際、ある程度コンテナ、荷物が集まるまでは費用の関係で船積み出来ないといったこともあるからで、その場合はもっと長く数カ月待ちというケースもあります。

最後にもう1点気をつけることがあります。それは関税です。基本的には本人から本人への輸送ですので無税のはずですが、国・品目によって関税がかかるものがありますので、いずれにせよ大使館への連絡は必ずしましょう。

海外への単身赴任


留学や、海外への単身赴任で、海外にひとりで引っ越す方も多いようです。引越し業者の海外引越しのサービスには、日本語が話せる現地コーディネーターを隧道させてくれるものもございます。日本食を届けるサービスをしているところもあるので、ご利用になってみるとよろしいでしょう。費用は燃油などの価格の影響、円高、円安の影響を受けやすいので、まめに情報を入手しましょう。

慣れてくると、観光に連れ出してもらう事があるでしょう。その際に、マナーを守らないと、大変なことになります。筆者は、プロテスタント系のクリスチャンです。派は異なりますが、ヨーロッパは美しい教会が多いのです。日本の若いお嬢様が、少し顰蹙を買う行動をなさっていると聞きましたので、苦言を呈させていただきます。教会は祈りの場です。露出の激しい服はお召しにならないでください。肌をある程度覆って、静かに騒がずにお過ごしください。

また、あちらでは露出の激しい衣服を着ていると、娼婦と間違えられてしまう事があります。祈っている方の写真は撮ってはいけません。失礼ですよ。イスラームは相当厳しいので、場所によっては髪を覆う必要がある事もあります。また、卑猥な冗談などを言うと、あっという間に商談が無くなるということもあり得ます。また、お酒を沢山飲んでべろべろにつぶれても寛容でいてくれるのは、日本人だけで、海外では大変失礼なことととられることがあります。「ローマにいりてはローマ人の如くにせよ」の言葉通り、相手の文化を重んじていれば、仕事も学問も道が開けますよ。

海外赴任のためのパスポートの手続き


パスポートを所持している方は引越をしたとき、住所変更が必要か気になりますよね。パスポートの住所記載は必須条件ではないので住所変更は必要ありません。

パスポートで変更手続きが必要となるのは、姓が変わったときや本籍地が変わったときに必要となります。

引越しして住所が変わったときはパスポートの「所持人記入欄」を自分で書き換えます。書き換えなくても何ら問題にはなりません。強いて言えば紛失したときに連絡が取れないということでしょうか。

これからパスポートを取得しようと考えている方や更新をする方は「所持人記入欄」は書き換えやすいように鉛筆や消せるボールペンで記入するといいですね。

ところでこれまで住んでいた家が賃貸のアパートやマンションであれば契約書を見直してみましょう。解約の通知はいつまでにと書かれているはずです。これは引越しをする時に意外な盲点となってしまうことがあります。新居と旧居にダブルで支払いが重なる、いわゆる二重払いが起こってしまいます。これってとてもモッタイナイですよね。

引越しをするなら当然、新しく住むマンション、アパート、一軒家を決めなければなりません。どんな住環境となるのかを出来るだけ先に調べておくことは快適な新生活を始めるために、とても必要なことになります。そして内部ももちろん重要です。スタイリッシュなライフスタイルを実現させるためには間取りなどにもこだわりましょう。

留学などでの海外への引越しの時、手続きは?

海外へ引越しをする人は学生さんの留学や、海外赴任するビジネスマンなどさまざまなケースがあります。

海外への引越しは、滞在期間により手続き方法が異なるため、引越しが決まったら市区町村役場などで早めに確認をしておくと良いでしょう。海外への引越し手続きは次のような流れになります。転出届などの役所関係の手続きは、1年以上滞在する場合、転出届と国民健康保険の喪失届の手続きが必要になります。滞在期間が1年未満であれば海外に住所が移らないため手続きは不要です。しかし、国民保険料は支払う必要があり、国民保険の加入者が死亡したり出産した場合などには、一時金などの支給対象になります。

次にパスポートとピザを取得します。パスポートは10年券と5年券があり、申請時に自分で選択します。ただし、未成年者は5年のみとなっており、申請時には親権者の署名が必要です。パスポートの受け取りは、手続きから1週間程度で申請時に提出したハガキが手元に届くので、旅券交付日にハガキと申請時に発行された受領書を持って、必ず本人が申請手続きをした窓口へ行ってパスポートを受け取ります。そして、出発前に在日大使館ごとに指定の病院が決まっているので、指定された病院へ行き健康診断と渡航先により異なりますが、必要であれば予防接種を済ませます。

子供も一緒に引っ越しする場合は、海外への転校手続きが必要になりますので、早めに必要な書類などを取り寄せておきましょう。また、引越し業者を選ぶ際、「外航運送に係わる第二種貨物利用運送事業」に対する許認可を得ている業者を選びましょう。荷造りですが、基本的には国内の引越しと変わりはありません。ただし、家電製品はプラグの形状が異なるため使用できない場合がありますので注意が必要です。ライフラインの手続きなどは国内の引越しと同じ手続きになります。

いろいろと面倒なことがたくさんありますが、これもすべて新生活のためです。下に紹介しているサイトなどを参考にしてしっかりと乗り切ってゆきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 不用品を売るにはどのように?~引っ越し荷物を軽減させて引越しを安く済ませるために~

  • 単身引越しで損をしたくない!安い業者を見つけるにはどうすれば良い?

  • ワケあり物件が分かるサイトがあれば確かに便利ですが

  • 妊娠中の部屋探しと引っ越しは本当に大変だということを実感しました。

  • 急な転勤辞令のために繁忙期の引っ越し~費用は会社持ちだったが法外な料金に驚く!

  • 引越しする時に考えるべき2つの重要な要素とは?