1. TOP
  2. 計画的な引越しのすすめ

計画的な引越しのすすめ

特集   788 Views

引越し業者に引越しを依頼する場合は、できることならある程度、依頼した日と引越し当日の日でゆとりを設けておくほうが無難です。ベストとしては、1ヶ月から2ヶ月前を見越して依頼すると良いでしょう。なぜなら、引越し業者にも予定というものはありますので、もし引越し直前に依頼したとしても、業者の予定があわなくてグダグダになってしまう可能性があるからです。運良く予定が重なれば依頼してすぐに作業してくれるかもしれませんが、もし予定がずれてしまった場合、自分の希望の時間に引っ越せなかったり、最悪の場合は日程がずらされてしまうことも考えられます。

それに、業者に頼まず自分たちで引越し作業をする場合などでも、手伝ってくれる友人知人の予定とちゃんと引越し日時を調整しておかなければ、当日になってトラブルの元になることでしょう。このように、引越しをする場合は、できる限り余裕を持って計画をねっておかなければ、当日の段取りに影響が出てしまうものであり、だからこそ依頼日と実行日で期間を開けておくべきなのです。また、計画をねっておくべきは時間だけではありません。引越しをするなら、ちゃんと引越しする際にかかる引越し費用についても計算しておくべきです。引越しのコスト計算については、見積りを算出して比較する方法がオススメです。荷物がどれだけになるかをしっかりと把握しておけば、正確に費用が産出できるので、より安い引越し業者を探せばコストを削減してお得に引越しすることも可能なのです。

このように、引越しをする前には事前に計画を練っておくことで、いろいろとお得なメリットを生み出すことができます。だからこそ、計画的に作業を進めることが大切なのです。

引越し方法について考えよう

引っ越しを決めたとしたら、次に考えるべきことは何なのでしょうか?まず何よりもやるべきことは、引越しのための手段を考えることだと断言できます。自分たちだけで引越し作業を全部やってしまうのもありでしょう。それとも、業者に依頼してみるのもありですし、あるいは貨物船や飛行機などを利用する手段などを選ぶのも一つの手です。ともあれ、引越し手段の選択肢は限られているので、自分たちの日程や資金などの状態を見極めた上で選ぶことが大切です。今回は、そんな様々な引越し手段において、何をやるべきかについて個別に紹介していきたいと思います。まずは、引越し業者に依頼する場合です。

この場合にやるべきことは、何と言っても見積もりの積算と、見積もりの比較作業です。それをやるかやらないかで、かかる費用などに明らかな差が出るので、めんどくさがらずにやっておきましょう。次に、宅急便の荷物輸送に頼る場合です。この場合にやるべきことは、荷物の量の正確な把握です。荷物の量が少ない場合は宅配した方が安上がりになることもありますので、段ボールいくつ分になるかなどからコスト計算することは大切です。あるいは、赤帽に依頼するパターンもあります。赤帽は通常の引越し業者よりも家具の移動や取り付けなどの面で融通が利く場合が多いです。そのため、事前に料金と作業内容を相談してみることがポイントです。

最後は自分、あるいは自分たちだけで作業する場合です。この方法は一番気楽ですが、その反面、荷造りから運送に移動などあらゆる作業を自分、あるいは自分たちで行う必要があるため、労力的には一番大変です。そのため、この方法において大事なのは知人や友人や、あるいは家族など、協力者をできる限りたくさん集めることで労力を分散させることです。また、自分一人でやる場合は、当たり前のことですが、とにかく慎重にへこたれずに頑張ることが重要ですね。

実際に引っ越すまでの流れ

このページでは、インターネットで一括見積もりを依頼してからの引越しにおける流れについておおまかな範囲で説明していきたいと思います。まず一括見積りを依頼することで、引越し会社から見積りが積算されます。ちなみに実際に見積りが届くのは約二日以内となっています。続いて、見積りから引越し費用の相場を把握します。そしてまた、並行して他の引越し会社と費用なサービスなどを比較します。見積りがあれば引越しにかかる費用はもちろんのこと、サービスなどについても比較することが可能です。なので、複数の業者の見積りを比較すれば、自分の引越しに最適な業者がきっと見つかると思います。

こうして、引越し業者を少しずつ選定していって、これだと思える一つの業者に狙いを絞るまで続けましょう。もしどうしても一社に絞り込めない場合は、電話で連絡なりして具体的に打ち合わせしたり、あるいは交渉することで、自ら最高の条件を作り上げてしまうのもありです。ここまで来たらあとは単純であり、実際に絞り込んだ引越し業者に引越しを依頼すれば一段落です。もちろん、依頼する際にはしっかりと打ち合わせを行なって、引越し当日における段取りを計画しておくことも大切ですよ。上記のような流れが、インターネットで一括見積もりを頼んでから、業者に実際に引越しを依頼するまでの大まかな工程となります。これから一括見積もりを依頼しようとしている方は、是非とも参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しが決まったら引越計画書を作る

  • 自分たちでの引っ越しで大変だったことには、このようなことがありました。

  • 引越しでピアノがある場合の運搬費はどのくらい?

  • 国を超える引っ越し!荷物はどうする? ベルギーから中国北京に引っ越したご夫婦が採った方法とは?

  • 急な転勤辞令のために繁忙期の引っ越し~費用は会社持ちだったが法外な料金に驚く!

  • 海外での引越しの経験談 ベトナムのハノイからアラブ首長国連邦ドバイへの引越し