1. TOP
  2. 引越しに段ボールはいくつ必要?~荷造りに欠かせない必須アイテム~

引越しに段ボールはいくつ必要?~荷造りに欠かせない必須アイテム~

引越しに欠かせないのが段ボールです。一般論ですが引越しに必要な段ボールの数は一人当たり20個が目安と言われています。

例えば4人の家族の場合でしたら80個から100個用意します。かなり大量に必要なことが判りますね。

ダンボールはどこで調達すれば良い?

そして引越料金を少しでも安くするために、買わないで済むようにお店からもらってきます。

スーパーが身近で一番いいような気がしますが、スーパーものはどうしても湿気ているので、できれば電気店とか洋品店などの物をもらってくることをお勧めします。お店だって処分するよりもお客さんが貰って行ってくれる方が楽だと思います。

男性のおひとり様だったら、スーパーへもらいに行くのは恥ずかしくて嫌かもしれませんね。引越業者さんに言えば新品ではなく中古品を安く売ってくれます。1箱50円~100円程度で売ってくれるようですが、新品で買えば300円程度かかるのですから、安いですよね。場合によっては無料でくれる業者さんもありますが、あまり期待しない方がいいでしょう。サービスでくれるところはすくないようですから。100円ショップでも売っています。

荷造りは計画的に

引越作業のなかで面倒で嫌なのが「荷造り」です。部屋中に広げた洋服や小物類を見ただけで頭が痛くなりそうですが、それだけに計画的に段取りを良く行う必要があります。

頭の中で考えているだけでなく、紙に書いてみることをお勧めします。面倒でもそれをしておくと効率よく勧められます。

洋服の場合、衣装ケースに入っている物は、段ボールに入れなくてもそのままでいいと引越業者さんが言っていました。

段ボールとともに用意しておきたいのが新聞紙です。食器等の割れ物を包んだり、包丁などの危ないものを包んだりと、何かと便利に使えますので、4人家族の引越だったら1か月分ぐらいの新聞紙を用意しておきましょう。

ダンボールの組み立て方

引越しのために、荷造りをする際にはたくさんのダンボールが必要となりますよね。ダンボールに詰められた荷物は、搬出され、トラックの中で上にどんどんと積み込まれることになります。運んでいる最中に、ダンボールが壊れてしまっては、作業が中断してしまうことになりますので、ダンボールを組み立てる際にはしっかりと組み立てる必要があります。

では、ダンボールの組み立て方をご紹介しましょう。ダンボールを組み立てる際、底部分を交互に織り込んで組み立てる方もいますよね。

しかし、引越しの際には、これだけでは強度不足。荷物が途中で出てしまう可能性が高くなります。引越しの際には、交互に織り込むことはせず、まずは底を合わせた部分をしっかりとガムテープで留めておくことが大切。更に、底のサイドも止めておくことで、しっかりとしたダンボールが出来上がります。底が、十字の状態でガムテープが貼られるようにしましょう。

スーパーなどでもらってきたダンボールを利用する方もいると思いますが、もらってきたダンボールは、既に強度が弱くなっていますので、しっかりとガムテープで留めておく必要があります。その中には、荷物を詰めた後、蓋をしてガムテープを止めようと思っても、浮いてしまって止められないこともあります。出来れば、こういったダンボールは利用しない方が安全でしょう。

このように、ダンボールを組み立てる際には、運んでいる最中に壊れない様にしっかりと組み立てる様にしましょう。

ダンボールへの詰め方

荷造りをする際には、荷物をダンボールに詰めていくという作業がありますよね。荷物が多い方は、この作業は「かなり大変」と思っている方もいるのではないでしょうか。このダンボールに詰めるという作業は、コツを掴めば意外とスムーズに進めることが出来ますよ。

では、ダンボールへの荷物の詰め方をご紹介しましょう。まず、ダンボールに詰める前には、ダンボールを組み立てることになります。荷物を運んでいる途中にダンボールが崩れてしまわない様に、しっかりとガムテープで留める様にしましょう。
まず、厄介なのは食器などの壊れやすい物。こういった壊れやすい物の場合には、ダンボールへの詰め方が大切。例えば、皿、コップなどは立てた状態で詰めて置くことが大切。

コップは、伏せた状態で詰める様にしましょう。もちろん、ひとつひとつ新聞紙やパッキンなどを利用して包んでから詰めるようにしましょう。
また、詰め終わった後には、隙間に新聞紙などを詰め、動かない様にしましょう。

また、包丁などは、「どうやって梱包しよう?」とまよってしまいますよね。包丁は、刃の部分を圧が身などで包み、テープでとめていきましょう。

更に、新聞紙で包んでおくと安心ですよ。書類の場合には、小さなダンボールに詰めていくことがポイント。ひとつのダンボールに、ぎっちりと詰めようと思いがちですが、6割程度を目安として詰める様にしましょう。ぎっちり詰めてしまうと、重すぎて運びにくくなってしまいますからね。

このように、ダンボールに詰める際にはコツを掴むことで簡単に進めていくことが出来ますので、ぜひ参考にしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 冷蔵庫と洗濯機の引越しの準備にはおさえるべきポイントがあります!

  • 割れ物の梱包のポイントと注意点~引越し梱包・荷造りのコツ~

  • キッチン周りの梱包~引越し梱包・荷造りのコツ~

  • 引越しで最も大変な荷造り作業!スムーズに準備するためのコツと必要となる梱包資材

  • 電化製品の引越し梱包・荷造りのコツ

  • リビング用品の引越し梱包・荷造りのコツ