1. TOP
  2. 値切り交渉の仕方

値切り交渉の仕方

ikou   650 Views

引越料金を可能な限り抑えるためにはしっかり値引き交渉をしましょう。しかし、値引き交渉といっても、その道のプロを相手に、引越は初めてか、あっても数度という素人が上手に値引き交渉を負けさせようと思っても、大人と子供の状態であり勝負になりません。始めから負けが決まっているか、業者さんの値引きも計算に入れた見積もりで値引きをさせて、「負けさせた~!」と、喜んでいるだけが多いのではないでしょうか?たぶん。

そこで、ほんとうに値引きをしてもらうためには、2,3社に見積もりを依頼して、依頼した業者さん同士を競争をさせましょう。競争をさせるためには、業者さんに来てもらう時間を微妙に設定して、鉢合せをしてもらって競争心をあおります。そして「値引きをしてでも何とか受注しよう」という気にさせるのです。業者さんにしてみれば、少々値引きをしても受注したいですよね。営業マンには引越料金を決定する権限が与えられていますから必死の再計算をしてくれると思います。

それと「今決めたら○○円値引きします。」と業者さんに言われても即決しない方がいいのは常識ですが、逆にこちらから「ここから○○円値引きしてくれたら今決めます」というのも手ですね。営業マンは、会社に帰ってから上司に注文が取れなくて怒られるよりも、値引きし過ぎてぶつぶつ言われる方がまだましですから、成功するのではないでしょうか。頑張ってください!

しかし、値切りすぎて業者さんに嫌な思いをさせて、最悪な引越にならないように注意してくださいね。それにはある程度の相場も勉強しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越し業者が忙しい時期は引越し料金が高くなるって本当?

  • 自力での引越

  • 引越しを友人達に手伝ってもらってお礼をすると、むしろ業者に頼むよりも高くつく?