1. TOP
  2. 自宅でソーラー発電。太陽光発電システムを導入する際の費用の目安は?

自宅でソーラー発電。太陽光発電システムを導入する際の費用の目安は?

これから、ご自宅に太陽光発電を…と考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。太陽光発電を設置しようという方は、ほとんどの方が初めて設置する方ではないでしょうか。そのため、太陽光発電を設置するためには、どのくらいの価格なのか、電気代はどうなるのか、検討もつかないという方が多いのではないでしょうか。

太陽光発電は、設置することで環境に優しく、経済的ということで注目を集めているエネルギー。設置をした後は、経済的とはいえますが設置するには当然お金がかかります。そして、決して安いお買い物ではありません。出来ることなら、失敗しない、後悔しないためにも、設置前に費用などを調べておくことをおすすめします。

まず、太陽光発電というのは完全なオーダーメイド。みなさんのご自宅に合わせて設置します。屋根の向き、面積、屋根の材料の種類、設置するシステムの容量などによって価格などが変わってくることになります。目安として、2011年度の国の補助金制度、支給条件のひとつとして上げられているのは1キロワットあたり60万円以下であること。一般住宅の太陽光発電の平均容量は3.96キロワットの場合、設置価格の目安は238万円以下となります。

これを参考に、一度業者などで見積を行ってもらい、1キロワットあたり工事費込で60万円以下になっているか計算してみると良いかもしれませんね。

いずれにしても、お家によって価格が変わってきてしまうため一度、業者による見積もりをしてもらいましょう。

太陽光発電システム導入費用の仕組み

太陽光発電を検討しているという方、今は多いかもしれませんね。今は、CMなどでも太陽光発電を見かけるようになり、より身近になったのではないでしょうか。しかし、実際に設置するとどのくらいの費用になるのか分からないですよね。

太陽光発電の価格というのは、みなさんのお家に合わせてオーダーメードで設置します。そのため、価格が非常に分かりにくいということがいえます。「だいたい、これくらいですね」という具体的な価格があれば良いのですが、お家によって屋根の向きや屋根の素材、どんなタイプのものをつけるかによって価格が変わってくるため、「あなたのお家は、これくらいですね」というのは、実際に見積もりを行ってみないと分からないというのが現状。
では、最初にどんなものに費用がかかるのでしょうか。屋根に載せる太陽光パネルさえ購入すれば良いのでは?と思っている方も多いと思いますが、それ以外にも費用は発生します。太陽パネルを含む機器の費用、そして工事費、その他補助金申請手続きやアフターフォローなどのための諸費用なども発生することになります。

この費用、安ければ安いほど嬉しいのは事実ですが、安いからといって良いわけではありません。機器が安いということは、実発電量が少ないということもあります。アフターフォローなどの保障をなくして、安くするということもできますが、設置後に何かあった際の不安は拭えません。

そういったことから、まずは何を重視して太陽光発電を設置するかということが大切になってくるのではないでしょうか。

太陽光発電システムの導入費用を比較する

これから、ご自宅に太陽光発電を…と考えている方いらっしゃいますか。決して安いお買い物ではないため、どなたも慎重になっているのではないでしょうか。

太陽光発電を選ぶポイントは3つあります。価格、発電量、形状、この3つが選ぶ時のポイントになります。どこにポイントを置くかによって、自然とぴったりのタイプの物が選ばれるのではないでしょうか。

例えば、導入時にあまりお金をかけたくないという方。そういった方は、シャープの太陽光発電をおすすめします。こちらのタイプですと、1Wあたりの単価が一番安いのが特徴となります。そして、ご自宅の屋根が複雑なお家には京セラの太陽光発電がおすすめ。こちらのタイプですと、屋根を葺くように小型の太陽電池を設置することができます。様々な屋根の形状に綺麗に収まるというのが特徴になります。

次に、設置部分が小さいという方には三菱電機の太陽光発電がおすすめ。三菱電機のパワーコンディショナな変換効率が高いというのが特徴になります。限られたスペースで、有効に活用することができますよ。また、設置後にはとにかく発電量を多くという方。そういった方には、三洋電機の太陽光発電をおすすめします。こちらは、他社と比べるとお値段が高くはなりますが、その分変換効率が上がります。同じ面積でも、多くの電気を発生することができるタイプになります。

このように、メーカーによって特徴が様々。まずは、ご自分はどこにポイントを置くかということが大切になってくるのではないでしょうか。

太陽光発電システム導入の助成制度

そろそろ、うちも太陽光発電を…と考えている方も多いのではないでしょうか。太陽光発電は、環境にも優しいエネルギーとして注目されています。

世界的に問題となっている地球温暖化。この、地球温暖化問題においても太陽光発電は注目されています。そのため、国が太陽光発電を推進しており、国からの補助金制度が制定されています。上手に活用することで、設置価格や月々の電気代などにもメリットがありますよ。2009年に、日本では太陽光発電の補助金制度が復活しました。設置初年度の買取価格で、10年間買い取ってくれるという余剰電力買取制度もスタート。こういったものを上手に活用すると、設置価格もお得、月々の売電収入でもお得になります。ただし、この国の補助、売電価格などは申込み期限があるため、一度調べてみる必要があります。

また、各地区でも地方自治体などで補助金や助成金なども行われています。こういったものを、大いに利用するようにしましょう。太陽光発電は、決して安いお買い物ではありません。少しでも、補助金や助成金がもらえたら嬉しいですよね。まずは、お住まいの地方自治体などで家庭用太陽光発電の補助、助成金などを調べてみることをおすすめします。環境にも、経済的にも優しい太陽光発電、出来ることなら設置する時も優しい価格であってほしいですよね。更に、これから新しい助成制度ができ、もう少し負担なく太陽光発電が設置できるようになると嬉しいですね。

支払い期間は短く

家庭用太陽光発電の設置をお考えの方もいらっしゃると思います。太陽光発電は、決して安いお買い物ではありません。ローンを組んで設置するという方が、ほとんどではないでしょうか。

太陽光発電というのは、設置後のメンテナンスも必要となってきます。そのため、ローンの返済はできるだけ短く終わらせた方が良いでしょう。予想以上に売電収入を得られた場合などには、ローンの繰り上げ返済を行ったり、月の支払い額を増額することをおすすめします。もちろん、ローンの形態などによっても異なってくるとは思いますが、もしもこれからローンを組もうという方は、こういった繰上げ返済や支払額が増額などができるタイプにすると良いのではないでしょうか

このローンですが、例えばローンの期間を5年短くするとします。15年ローンの場合には、毎月の支払額は12,016円。支払総額は、2,162,902円となります。それを、10年ローンにした場合には、毎月の支払額は16,802円。支払総額2,016,188円となります。ということは、月々の支払額が、4,786円増額することで、総額14.6万円もお得になるということ。

このように、少しでもローンの期間を短くすることでお得になり、更にメンテナンスが必要になった際に安心ということになります。こういったことも踏まえた上で、ローンの期間なども考えてみることが大切となります。メンテナンスが必要な太陽光発電、保障が長いメーカーなどもありますので、保障を重視したいという方はそういった点を選ぶ基準すると良いかもしれませんね。

テレビCMでよく観るソーラーフロンティアについて

テレビCMでよく観るソーラーフロンティアについてご紹介します。

ソーラーフロンティアとは、昭和石油グループが提供しているサービスで、「太陽光発電システム」のことです。ソーラーフロンティアは、実発電量が多く、月平均にして17,600円分も稼ぐそうです。ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは、国内大手メーカーでは最長の20年保証が付いているので安心です。

インターネットで簡単に無料見積もりもできるので、太陽光発電を検討されているなら、気軽にいくらかかるのかを知れるので検討してみてはいかがでしょうか。数多くある太陽光発電システムの中でもソーラーフロンティアはなかなかの評判のようです。

太陽光発電は、補助金が出るので、今、設置するとかなりお得ですし、原発の安全性神話が崩壊した昨今、エコにも優しいので注目されてます。私が住んでいる仙台市では、国の補助金の他に市でも多額の補助金が出るようになりました。今後、そのような自治体は増えていくと思われます。地震で停電しても、自家発電機能があるので、困ることが格段に減るでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しで気をつけたい家電製品。場合によってはリサイクルも有効な手段です

  • 家庭用太陽光発電を導入するメリットのまとめ

  • 一人暮らしの経済学~生活費について

  • 京都の幽霊マンションのお話

  • 地域によって違う賃貸の敷金・礼金について

  • ワケあり物件が分かるサイトがあれば確かに便利ですが