1. TOP
  2. 集合住宅についてのエトセトラ

集合住宅についてのエトセトラ

住まいと暮らし   850 Views

ハートビル法について

マンションなどの集合住宅は、多くの人が快適に生活のできる場所であることが望まれています。その為、様々な人が生活しやすい環境を整えることが、マンションを施工している施工会社や販売している不動産会社には求められています。マンションを利用しようと考えている人の中には、高齢者や体の不自由な人など、通常の生活を行うために周囲の人の手助けが必要になる人もいます。そういった人を支えるためのマンション作りとして、ハートビル法という法律が作られています。

ハートビル法は主にマンションをはじめとして、学校や病院などのような共同で多くの人が使用する設備に大して用いられるもので、体の不自由な人や高齢者向けにバリアフリーをより徹底して設置するために作られた法律です。ハートビル法は現在の形になったのが平成15年と比較的新しい法律ではありますが、これから作られる多くのマンションは、ハートビル法に基づいて、バリアフリーの行き届いているマンションなどが作られることも多くなるでしょう。

ハートビル法の項目を満たしているマンションは、車椅子の人同士で、最低でも車椅子と人とがすれ違うことができるだけの、十分な広さの廊下を完備していることや、マンションの階層がそれほど多くなくても、エレベーターが設置されているなど、より多くの人が生活しやすい環境を備えているマンションとなっており、自分の家族の中に、高齢者が存在するため、通常の生活を送るためにハートビル法に基づいたマンション作りがなされているのかなどを確認しておくことも、見積もりを行う上で重要な要素となります。

マンションの販売企業について

新居を購入する際には、どのような企業によって販売がなされているかということも重要な要素であることに間違いはありません。どれだけマンションなどが高度な建築技術によって建設されており、立地条件・設備ともに最高のものであったとしても、それを管理している企業がしっかりとした管理をしていなくては、住民が快適な生活を送ることは難しいでしょう。その為、どのような企業によって新居が販売されているのかを知ることも、住宅事情を知るためには非常に重要な要素になります。

住宅のやり取りを行っている業者は不動産屋であり、不動産屋によって、同じ住居であっても販売価格や管理状況なども大きく変化します。マンションの部屋を借りるための料金に大きな差が出ることは珍しいですが、不動産会社側が設定している敷金・礼金や管理費などの価格は、そのマンションの状態よりも不動産会社の方針によって大きく変化する要素であるため注意が必要です。

不動産会社の他にも、住宅の不備を点検し修繕している施工会社の存在も、マンションを管理していく上ではとても大事な要素となっていることに違いはありません。施工会社の良し悪しによって、多くのマンション住人が使用している多くの設備が使用することが、難しくなってしまうということも考えられるのです。その為、マンションの管理をしっかりと行い、いつでも設備を万全の状態で使用することができるようにしていてくれている施工会社のついているマンションは、快適な生活を送ることのできる物件とみて良いでしょう。

マンションのタイプについて

一般的に土地の料金が高いとされている土地であっても、比較的多くの人が住むことができるようになっています。その要因の一つとして考えられているのが、高層マンションなどの存在によって、狭い土地であっても、多くの人が住むことができるような集合住宅が開発されたことが大きな要因として考えられています。

このように、マンションの存在は多くの人が居住することのできるスペースを確保するために、非常に役立つものになっていることに違いはありません。また、マンションには様々なタイプが存在しており、入居のために必要となる手続きなども変化してくることも念頭に入れておかなくてはいけません。

前述のように、土地の高い都心などで多く見ることのできるマンションは6階以上の高さを持っている高層マンションといわれるタイプのマンションに分類されています。高層マンションは通常のマンションと比較して、多くの公庫融資額を得ることができるようなりますが、上の階まで移動することが難しくなるため、エレベーターなどの設備がついていることが絶対条件となり、必然的に管理費などが高くなる傾向にあります。さらに、エレベーターの台数や速度などによっても、快適に生活できるマンションであるかどうかが決まるため、検討する項目に入れておくと良いでしょう。

都心に見られる高層マンションに対して、郊外に建設されているマンションの中でも一般的なものが、5階以下の高さで構成されている中層・低層タイプのマンションといわれているものです。低層タイプのマンションというのは、3階以下のマンションをさす言葉であり、こういったマンションは、エレベーターが設置されていないことがほとんどのため、引越し作業が大変になる傾向も指摘されています。

住宅の品質確保の促進等に関する法律

住宅は購入する人にとって、一生ものの買い物になるといわれるほどに高価な品物であることはいうまでもありません、たとえ借家に住む場合であったとしても、住む期間が長期になることは十分に考えられます。その為、マンションなどの集合住宅には、できる限りその住宅を長く使用することができるように定める品確保法という法律が存在しています。品確保法の法律にのっとって建設されている集合住宅であれば、安心して新居として選ぶことができるようになります。

品確保法は正式には住宅の品質確保の促進等に関する法律といい、主に、新築住宅における瑕疵担保期間の10年の義務化と住宅性能表示制度という大きく分けて二つの項目が存在しています。これらの法律が定められていることによって、安心して居住することのできる集合住宅が建設されるようになります。

瑕疵担保期間10年の義務化というのは、法律によって、その住居に何らかの欠陥が見られた際は、その欠陥に対する担保を10年間は保障するというものです。建設されてから10年経過しない以上は、その住宅に見つかった欠陥に対して保障が受けられるということで、新居に引っ越す際には非常に有益となる法律になります。

住宅性能表示制度というのは、その住宅がどのような方式で建設され、どのような構造をしているかなどを同一の条件の下で施工者などではなく、第三者の視点から客観的に評価をすることによって、その住宅の品質をよりわかりやすくするという制度のことです。ただし住宅性能表示制度は任意による表示であるため、必ずしも情報を提示しなくてはならないというものではありません。

マンションの住人について

日本は他の国と比較して国土の狭い土地であると言われることが多いものです。その為、少ない土地をより上手に生かすための技術が存在していると考えることができるのではないでしょうか。

マンションなどの集合住宅も、土地を有効に利用するための方法の一つであり、多くの新居への引越しを検討している人も、引越し先にはマンションを検討している人が多いのではないでしょうか。マンションを利用するためには、一戸建て住宅を利用する際には無い様々な注意点が存在しているため、そういったところの注意点をしっかりと把握しておくことによって、より良い新居での生活を送ることができるのではないでしょうか。

集合住宅といえば、なんと言っても多くの人が共同で使用していく住宅になります。その為、通常の住宅に住んでいる時よりも、周囲との人間関係が生活に左右されるものとなります。集合住宅に住んでいる以上、性格やライフスタイルの全く違う人達と生活していくことになるため、双方の理解というものが特に重要になることは間違いありません。自分が寝る時間である深夜に活動を行う人が生活しているかも知れませんし。ライフスタイルの合わない人との生活というものは、想像している以上に難しいと感じる面が多いかもしれません。

そういった時に双方を理解しあう気持ちを持つことで、より良いマンションでの人間関係を構築していくことができるようになるのではないでしょうか。
マンションで生活していくためには、自分ばかりではなく様々な考えの人と生活を共にしているということを念頭においておくことが重要になります。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ご自宅に住宅用ソーラー発電システムを導入する前に押さえるべき2つのポイント

  • マンションなどでも利用できる蓄電式太陽光発電

  • 【ゴミの分別】引っ越しの時の粗大ゴミの処理【困った!どうする?】

  • 一人暮らしの経済学~生活費について

  • 賃貸マンションで気になること

  • 自宅でソーラー発電。太陽光発電システムを導入する際の費用の目安は?