1. TOP
  2. 引越しの前日から当日に行うこと<引越しの手順>

引越しの前日から当日に行うこと<引越しの手順>

引越しの挨拶

引越しの挨拶は、引っ越す前に仲良くしていた近所の方や大家さん、お世話になった方などへ、引っ越した後には近所の方に挨拶回りが必要になります。挨拶はマナーですので、面倒であっても一言で良いので、必ず挨拶してから引越しをしましょう。旧居での挨拶は、引越しの前日までに近隣の方やお世話になった方へご挨拶をします。マンションなどでは両隣や下の階の部屋に挨拶するのが一般的です。

また、賃貸の場合、大家さんや管理人さんが同じ物件に住んでいる場合は必ず挨拶へ行きましょう。一軒家では、両隣(出来れば二軒先までの両隣)前や斜め前の左右の家へ挨拶するのが一般的です。

また、お世話になった方が近所にいる場合は、その方にも挨拶をしてから引越ししましょう。新居での挨拶は、挨拶の品を添えて、出来れば引越し当日に挨拶を済ませましょう。挨拶の品としてご近所さんには500円~1,000円、家主さんへは2,000円~3,000円くらいのものが平均的な金額となっています。あまり高価な物を持っていくのは避けましょう。

挨拶の品として、いくつか例を挙げるとタオルや洗剤、ごみ袋やサランラップ、石鹸や入浴剤といった日常で使用する消耗品などが無難です。日持ちするお菓子やお茶、コーヒーなども良いのですが、好みもありますし、知らない人からもらった食べ物を嫌うという人もいますので、気になる場合は食品類など避けた方が良いでしょう。

また、ワンルームマンションなどでは地域性や住人によって、引越しの挨拶が迷惑と思われる場合もあるので、そのような場合は、大家さんや不動産会社へ相談してみると良いかもしれません。

旧居と新居の掃除

引越しの前日までには旧居の掃除を済ませておきましょう。特に賃貸の場合は、明け渡した後に思ってもいなかった修繕費用を請求されると言ったことも起こりうるからです。自分で出来る限りきれいに掃除をして、少しでも修繕費用の負担額を減らしましょう。
a17

そうすることで敷金が多く戻ってくる場合もあります。修繕費用は、畳の日焼けや壁紙のくすみといった普通に使用していて自然に劣化するようなものについては、支払いの義務はありません。では、どのようなもので修繕費用が発生するかと言うと、たばこの焼け跡や床や壁に自分でつけてしまった傷など、故意につけてしまった傷などが対象となります。

また、キッチンやお風呂などの水回りの掃除は汚れも目立つため、出来る限りきちんと掃除をしておいた方が良いでしょう。掃除は旧居に限らず、新居の掃除も行ったほうが良いでしょう。新築やリフォーム済みの建物だからといっても、意外にホコリなどは溜まっているものです。ホコリの他にも木くずや髪の毛、虫の死骸などが落ちている場合もありますので、可能であれば引越しの前日に新居へ行って、簡単に掃除を済ませておくと良いでしょう。リフォーム後の部屋などは、リフォームの際に使用した釘やカッターの刃などが落ちていたという例もありますので注意しましょう。前日行くことが無理であれば、引越しの当日に荷物を搬入する前に簡単に掃除しましょう。

また、新居に引っ越す前にバルサンなどを焚いて、害虫駆除を行っておくとより気持ちよく新生活を始められるでしょう。自分でやるのは面倒と言う方は、引越し業者でもこのようなサービスを行っている業者もありますので活用してみるのも良いかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しでは予期せぬハプニングが起こるものです

  • 引越しが決まったら、まず行うことは?<引越しの準備>

  • 引越し当日に行うこと<引越しの手順>

  • 荷物をとにかく減らすこと<引越し費用を抑える最重要ポイント>~引越しの準備・手順~

  • 引越しの1週間前に行うべきこと<引越しの手順>

  • 引越した後に行うこと<引越しの手順>