1. TOP
  2. 東京と神奈川間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

東京と神奈川間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

東京と神奈川県の距離は引越すところによってかなり変わってきます。

川崎や横浜であれば東京はそれこそ超近距離の時もあるでしょうし、反対に横須賀と武蔵野市なら70km、小田原と足立区間ともなれば100kmの距離があります。

ですからここはとりあえず東京⇔神奈川間を20~30kmの距離と考えて、一般的な引越し料金を割り出してみることにします。

東京⇔神奈川間の引越し料金の目安はいくらくらい?

このくらいの距離の引越し料金は最も低くて2万円台、高くても15万円以下にすることができるはずです。

2万円台で済むのは一人だけの単身引越しで大きな荷物がない、もしくは大きな荷物だけ業者に運んでもらい、その他の小物は自分でも持って行ける場合などです。

また、引越しの依頼が殺到する季節などを避けた場合もかなり安い引越し料金で請け負ってくれるでしょう。

2人の引越しになると7万円前後が相場になってきます。高い業者で10万円くらいでしょうか。

自分でできる梱包などは自分でし、業者にやってもらう手間を省くことで10万円を切る引越し料金で請け負ってもらえるはず。

もう少し人数の多い、例えば子供のいる家族での引越しになると10万円くらいが相場。
で、高いところが15万円ほどといった感じですね。

東京と神奈川くらいの距離で世帯人数、つまり荷物量が増えると業者によってバラつきが顕著になってきます。

ちゃんと各社に見積もりを出してもらうことで2~3万円もの違いがあることがすぐにわかるので、業者の比較をしっかりと行うようにしましょう。

一括見積もりを利用しないで引越すと大損をしてしまいますよ!

また、東京との距離でしたら川崎でも横浜でも横須賀でもそこまで大きな引越し料金の差はないと思います。

東京-神奈川県間の引越し口コミ情報

a000000001
a000000002
a00004
a0003

引越し料金なんてどこも一緒?年中一定価格? 違うんですよ!

季節や引越しの日単位によっても料金が変動するので相場と言われたりします。引越し相場を知らないと思わぬ高い料金を支払うことになることも。

どこの業者に見積もりを依頼しても、大抵、相場どおりの値段なんじゃないの?と、引越しにあまり慣れていない人は考えてしまうかもしれません。あるいは引越し価格は年中一定額だと思っている人も多いようですね。

たしかに、そう思うのも無理はなく、引越しの作業というのは、業者によってそこまで大きく差があるわけではありませんから、徴収する料金もそんなに差がないのではないかと考えてしまうわけですね。

しかし、実際に各業者に見積もりを依頼してみますと、「こんなにも各社各様なのか」とびっくりする場合があります。これは近距離であっても、遠距離であっても変りません。それというのも各業者にはやはり得意な引越しとそうでない引越しがあるのです。

引越し一括見積もりは本当に便利でお得でした【引越し業者の料金に3倍もの差があった経験!】

大手と中小業者はどちらがお得?

大手の業者が「得意」とする引越しは、「低料金」の引越しではまずありませんし、また「単身」の引越しも、たぶんそこまで得意ではない、と思います。そうではなく、時間のない家族を対象とした、オプションサービスが充実しているような引越し、こういう引越しが大手引越し業者の「得意技」ということになるのだろう、と思います。

ですので、大手の業者に見積もりを依頼しますと、大抵の場合、中小の業者などに比べてやや高めか、もしくはオプションをめいっぱい詰め込まれて「かなり」高い価格になってしまう場合があります。

いっぽう中小の業者は逆に、このような家族相手の豊富なオプションサービスの引越しを、必ずしも得意としていません。また、エリアが限定されている、というデメリットもあります、しかしその代わりに、東京⇔神奈川間の近距離の引越しであれば驚きの安さで引越しを提供してくれる場合があるわけです。

損をしたくなかったら東京⇔神奈川間の引越し相場を調べること!

引越しをする段になったなら必ず行いたいのが引越し価格相場を調べることです。

調べると言っても、ネットで見たりしても価格は分かりませんので見積もりを各社から取り寄せてみるということになります。

これは以前ですと、とても手間が掛かることだったのですが、現在では一気に取り寄せることが出来るサービスが登場していますので便利になりました。

東京⇔神奈川間の相場が判る一括見積もりサービス!

引越し上手になるには段取りがすべて!?

上手に引越を行うコツは準備ではないでしょうか。引越しというものは、現在の住まいから新居となる場所に家財道具一式を移動させますので、これらの移動を行うためにはダンボールに家財道具などを詰め込まなければなりません。1人の引越しについては、それほど家財道具となるものがあるわけではありませんので、荷造りもそれ程大変な作業ではありません。

しかし、家族の人数が多くなるほど、荷造りを行うダンボール箱の数も多くなるわけです。家族が多くても、子供などが有る程度の年齢になっていれば、自分の荷物は子供が行う事が出来ますので、作業分担を行えば良いわけです。

しかし、個人的な荷物はそれぞれが行うにしても、食器などについては家族全員の分を、その家庭の主婦が荷造りを行う事が多いものです。食器というものは壊れ物ですから、洋服などと異なり荷造りを行う時は注意をしなければなりません。大半の場合、食器は一枚ずつ新聞紙などを利用して食器が割れないように工夫をして荷造りをしていきますが、食器には良く使うものと使わない物がありますので、良く使う食器は出来る限り後で荷造りをしていく事になるのです。これは食器だけに言える事ではなく、引越しについて全般的に言えることなのです。良く使うものは出来る限り後回しにし、普段利用しない物を先に荷造りをして封をしていくわけですが、良く使う物と使わない物を分別してみると、良く使うものの数が意外と多くなってしまいます。

引越しの荷造りは大半の場合、1ヶ月ほど前から少しずつ行うと言いますが、良く使うものの中でも、特別無くても困らないというものは先に荷造りをするというのも上手に引越を行うコツでもあるのです。しかし、無くても困らないといいつつ、やはり使いたいからと荷造りをした荷物を荷解きしてしまえば意味がありませんので、そこは良く考えて荷造りを行うと同時に、極力使わない努力も必要になるのではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 東京都北区でマンションを購入し家族引っ越し。引越し業者を利用してみての反省点

  • 東京-埼玉間の引越し料金の相場は? そして格安業者の見つけ方は?

  • 東京⇔千葉間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 東京⇔茨城間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 東京⇔横浜間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!