1. TOP
  2. 引越し業者
  3. 引越しプラン・サービス
  4. 単身世帯の引越しに便利なサービスの単身パック

単身世帯の引越しに便利なサービスの単身パック

「単身パック」というものがありますがこれは、前もって荷物を規定量におさめることによって、引っ越し費用を節約できるサービスになります。持ち出す・捨てる・売る荷物をきちんと選別し、上限までに抑えられるかがカギです。引越し料金の決め方ですが、主軸となるのは「移動距離」と「荷物量」になります。

といっても、移動する距離についてはどうにもなりませんので、荷物の総量をなんとかして減らした方が良いのです。一人で引越しするときに、単身パックというサービスを利用すれば、オトクな引越しが実現可能となります。

本当に安くするための事前に把握しておきたい事柄が3点ほどあります。

はじめに「引越し先の住所が遠いか近いか」。

続いて、持ち出す荷物の量は適正か。

さらにもう1つは、「無料一括見積サイトの利用」です。

「引越し単身パック」これは一人暮らしをする方向けに準備されたパックで、今は多数の業者が提供しています。業者指定のコンテナの中に荷物が収まれば、かなり安い値段の引越しが可能になりますので、良いと思います。

当然ながら、何が何でも使う必要はありませんが、参考にして頂きたいと思います。今後引越しがしたいという予定を持つ一人暮らしの方、<引越し単身パック>を頼めば低コスト引越しを実現できます。

単身パックのデメリットは

ですがこのパック、良い点も欠点もあります。最大のウィークポイントは、トラックの積載量には限りがあることです。というわけで、同じく一人暮らしをしたい方であっても、荷物量を調整できない方向けのサービスとは言えないのです。

単身パック一番の問題点はですが、引越し条件次第では料金が予想より高くなってしまうところです。なぜかといえば、使用するコンテナの容積を考えますと、荷物量が少ない方にお勧めしたいパックだからなのです。具体的には、本・雑誌・服等趣味の物が多い場合、瞬く間にコンテナに積める量の最大値に到達するのです。そういう方には、残念ですが違うパックを使って頂くほかないようです。

単身パックを選択すると良いのは、あまり荷物がない人です。

予め業者が設定した量の荷物のみを運ぶ、単身パックはそういう仕組みで成り立っているからです。荷物の量がある人は、あまり重要ではない荷物を中古ショップに売るか廃棄処分にするかして、荷物をできるだけ抑える必要にせまられます。例えば洗濯機みたいな大型製品や、ベッドみたいに大きすぎる家具は、引越し後に改めて1から買った方が安くつくと思います。

「単身パック」とは何かといえば、予め用意された大きさのコンテナに詰め込めるだけの荷物を、定額で運んでもらえる、多くの引越し業者が提供している輸送手段になります。単独世帯の方の引越しは、このパックを利用すると良いです。コンテナ(もしくはボックス)のサイズは、業者によって異なりますが、その範囲に収まる荷物量なら、かなり低価格の引越しが実現できます。

引越し単身パックを使いたいと思ったとき、単身世帯であれば荷物も少ないので、他と比較しても低コストで引越しできる形になります。今使っている家具家電、服、本、布団その他を一度に送り届けてもらえますし、移動距離が短ければ、おおよそ1~2万で請け負っている業者もいますよ。

各引越し業者の単身パックも比較してみましょう!

引越しのときに使う「単身パック」というものですが、独身の方や単身赴任の方などは、荷物量は正直言って少ないため、その分料金は安くなります。今利用している家具家電や布団をはじめとした荷物については全部一緒に運んでくれますし、隣の行政区域のように近場が引越し先の場合、金額はおよそ1~2万くらいにまで大幅ダウンする場合もあります。

「単身パック」というのは、独身や単身赴任その他の理由で独り暮らしの引越しに向いた引越しの一手段です。多くの業者が受け付けていますので、世間の知名度はあるものと思います。通常であればおよそ5万円くらいの引越しがしたい場合、単身パックならば、1万円台にまで値下げすることも不可能ではありません。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しの際についでに実行したい防犯対策・防災対策

  • ハトのマークの引越センターの単身向け引越しサービスのまとめ

  • 引越しを行う時間帯での料金の違い【フリー便、午後便、午前便とは?】

  • 女性には必須!? 引越しサービスの盗聴器・盗撮器発見サービス

  • 日通のワンルームパックとワンルームパックPLUS《一人暮らし・単身引越し向けサービス比較》

  • アート引越センターのレディースパックはひとり暮らし女子の強い味方になります!