1. TOP
  2. 住まいと暮らし
  3. 地方民が東京に長期滞在して感じた【違い】7選

地方民が東京に長期滞在して感じた【違い】7選

地方と東京の違い アイキャッチ

住むとわかる!?東京と地方との違い

地方から東京に長期出張中、都内某所に居住していたのですが、地方とは違う点がイロイロみえてきました。テレビや雑誌では触れることが多かった東京ですが、メディアを通して得た東京のイメージと、現実との違いはどうだったのか?2~3日観光に訪れただけではわからなかった、東京における日常生活の実態というものを肌で感じました。

短い期間ではありましたが、実際に住んでみた経験を踏まえ、今回は、私が感じた地方と東京の違いについていくつかまとめてみようと思います。これから仕事や勉強で上京される予定のある方、きっと想定外のこともありますよ。

違い1:物価

これはよく言われていますが、実際に住むとわかりますね~。物価の高さは、特に昼食で実感します。平均して飲食店の値段が高い…地元もそれなりに高いのですが、東京は、ある程度お値段張るお店が多いと感じます。その一方で、安いお蕎麦屋さんとかもありますし、全国展開しているチェーン店の値段は同じです。

「高いから…」と遠慮するのではなく、食べるスープをウリにしているお店やワッフル専門店など、一風変わったお店も多いので、多少高くても、色々なお店に食べにいったりしました。

また、本屋やファッションショップ、ドラッグストア、そして100円ショップなど、全国どこへいっても物価が変わらない種類のお店も多々ありますし、東京に来たから生活が成り立たない!ということは全くないです(家賃も会社持ちですし)。

 

違い2:人

渋谷スクランブル交差点とにかく、人が多い!!あっちに行ってもこっちに行っても人だらけです。特に渋谷のスクランブル交差点は凄いですね~。人しかいない!かき分ける勢いでないと歩けない!勿論観光客も多いのでしょうが。外国の方もたくさん訪れています。さすが国際都市TOKYOですよね!

観光地だけではなく、住宅街にも多いと感じます。朝の通勤は、承知してはいましたが満員電車になります。私の地元も満員にはなりますが、東京の方がより「満員」だなあと乗ってみてわかりました。ぎゅーぎゅーです。おしくらまんじゅうです。痴漢事件(冤罪含む)が発生するのもわかる気がします…幸い、遭遇はしませんでした。

 

違い3:狭小住宅

某リフォーム番組が好きでよく見ているのですが、その番組、結構な確率で狭小住宅をリフォームします。本当に、隣同士の家の感覚が狭いんですよね。できる限り多くの人が住めるようにするためなのでしょうが、実際に目の当たりにし、とても窮屈に見えました。

広々とした家や庭も手入れが大変ですが(業者委託でもお金がかかりますし)、狭すぎるのも大変だよなあ、と感じます。

 

違い4:緑

ビルの中の緑「東京はコンクリートジャングル」とはよく言いますし、実際そのように感じました。ですが、100%全てコンクリートに覆われているわけではないことにも気づきました。草木の量が案外多いのです。住宅の庭、マンションの前、そしてオフィス街にも。意識的に植えているのかな?と思いました。花よりも木が多い印象です。

特に印象に残ったのは、某百貨店の近郊で見つけた、ビル全体を植物で覆っている民間企業です。緑溢れるTOKYOの演出に一役買っていると感じました。

後、皇居の周辺も本当に植物多いですよね!ここは東京なの?と一瞬疑ってしまうほどです。木々は二酸化炭素を吸収して酸素を生み出し、地球環境を維持します。最近あまり言われなくなりましたが、二酸化炭素による地球温暖化問題が解決したわけではありません。

 

違い5:ローカルテレビ

東京って、千葉や神奈川、埼玉独自のテレビも見られるんですね!それと、TOKYO MXというローカルテレビ局もありますし、地元向けの番組がたくさんあるのだろう!と思い番組表をよく見てみると、古いアニメやドラマ、バラエティなど、その内容は多岐にわたっているようです。しかしながらニュースを見ると、地方独自のニュースに特化しているようですね。後は野球の試合で地元チームの試合を優先して流したり。

「東京のどこどこにある、大行列のできる人気ラーメン店に行ってみました!」などと特集されても、「東京のお店なんて行かないから何の意味もない」と思ってしまいます。地元の人気店やニュースをもっと知りたい、と思ってしまうのです。勿論、そういったローカル番組は地元にもありますが、大体夕方ですからね~。自分がよくテレビを見る夜~深夜辺りでもっとあると嬉しいです(一視聴者の意見として、テレビ局にメールでも送ってみます)。

 

違い6:交通機関

路線図JRに私鉄にモノレール。東京の交通手段は本当に多く、最初は非常に混乱しました。乗り換えも当たり前ですし、覚えるまで大変ですよね>< 都営●●線から××線に乗り換えて△△駅で降りる、そこからJRで▼▼駅へ…という具合に、目的地によっては2回3回の乗り換えが普通ですからね~。さすが東京だと感心します。

また電車の場合、人身事故が多いなあという印象を受けます。東京だからでしょうか?今まで私が乗った電車で、人身事故による遅延に遭遇したのは2回、いずれも会社から帰宅途中だったので、幸いにも遅刻はせずに済みました。

 

違い7:芸能人

芸能人を普通に見かけることがあるんですよ!!地方では、地元タレントがいることはあっても、テレビでよく見かけるタレントやお笑い芸人、俳優、女優など、いわゆる「芸能人」を見かける確率はすごく低いです。勿論、映画やテレビのロケで来ることはありますよ。でも、日常生活を送っている芸能人に遭遇することはまず無いといってよいでしょう。そんな芸能人を、間近で目にする機会がありました!!

場所は、高級住宅街として有名な某地区。出張先のオフィスで仲良くなった社員さんが付近に住んでいるということで、待ち合わせのため出向いたのです。豪邸だらけの場所をイメージしていたのですが、そんなこともなく普通の住宅街。古い建物が多い印象でした。住宅街に交じって、不動産屋があったり、スーパーがあったり。

不動産屋の窓に貼られている物件案内の張り紙を見て「1LDKの月の家賃が10万円!?高ーっ!」などと驚いていると、社員さんが到着。少し周辺を歩き回っていると、スーパーの前に1台の立派な黒塗りの車が止まっており、店主らしき女性と挨拶を交わす、スラッとした背の高い茶髪の女性。原色の派手なワンピースに身を包み、大きなサングラスをかけていたので顔はわかりませんでしたが、カッコいいなあと思いました。スーパーの袋を手にしていたので、単純に買い物をしていたのでしょう。

そのときは誰だかわからなかったのですが、後でその女性が、有名タレントのAさんであると社員さんに教えてもらいました。芸能人のプライベートに首を突っ込んではいけないことは重々承知していますが、私にとっては貴重な経験となりました。

 

【地方民が東京に長期滞在して感じた【違い】7選 まとめ】

・物価はやはりある程度違う…でも安売りしているお店もある
・人の多さがとにかく違う!
・狭小住宅の多さが違う!
・「緑溢れる風景」に対する意識が違う!
・ローカルテレビ番組の数が違う!

・交通機関の充実ぶりが違う!
・芸能人に遭遇することもある!?

東京と地方では違いがあって当たり前ですし、度々テレビや雑誌にも取り上げられることです。短期間とはいえ、実際に住んでみるとその違いが実感できました。この経験が仕事の役にたつのか?といえば特に立たないとは思いますが、日本の首都、2020年にオリンピックが行われる東京をもっとよく知っておきたい、そう思います。自分が住んでいる国の中心都市を知らないなんて、よくよく考えたら恥ずかしいことではないでしょうか。

また、地元の同僚や友人には、東京在住経験者がそれなりにおり、彼女らが時折東京ローカルの話をすると、内容が理解できず困ることもしばしばでした。東京にちょっと旅行に行っただけでは見えてこない部分も多いということです。何かの機会にきっと役立つでしょう(^O^)/

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

地方と東京の違い アイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しの荷物と一緒に専門業者のトラックに乗ることはできる?

  • 1万円で引越しはできる?~私の実体験~【この方法がありました!】

  • 妊娠中の部屋探しと引っ越しは本当に大変だということを実感しました。

  • 一人暮らしの収納術~飾る&収納を身につけて狭いワンルームマンションを広く活用しましょう!

  • 引越しするのが初めての人必見!一人暮らしの部屋探しと生活の知識のまとめ

  • 引越しをする様々なケース