1. TOP
  2. 特集
  3. 引越しの際の様々なマナーについて

引越しの際の様々なマナーについて

特集   866 Views

引越しのマナーを守ることで、今後の近所づきあいを円満に進める事ができますから、引越しのマナーを頭に入れておくと良いでしょう。

引越しは日中に行わなければいけません。忙しくて時間がないからといって、早朝や、深夜に引越をする人がいるのですが、近隣の迷惑となりますから、そのような行為はやめましょう。引越業者に依頼する場合、早朝や深夜は行っておらず、遅くても夕方から開始し、日が沈むころまでには、運搬が終了するように引越業者が運搬を進めてくれます。

引越しのマナーを守らない人が非常に増えています。

引越をする時には、現在の住居と、新住居の近隣の人に、粗品を持って挨拶に行きましょう。最近では、挨拶を行わない人が非常に増えており、近隣に誰が住んでいるかわからないという人が多くなっていますが、近隣と挨拶をする程度の顔見知りであると、何か困ったことがあった時には、お互い助け合う事ができます。特に子育て世代である人の場合、子どもが近隣に迷惑をかけてしまう事もありますから、引越しをしたら、必ず挨拶に行きましょう。

引越する前の住居の近隣には挨拶をする必要はないと考える人が非常に多いのですが、引越をする事になると、引越業者が運搬の際に大きな音を立てる事になりますから、その点のお詫びも兼ねて、お世話になりましたという形であいさつ回りをするようにしましょう。マンションやアパートの場合には、上下左右だけでよいかと思いますが、戸建ての場合には、2件から3件となりくらいまでは、挨拶を行った方が良いでしょう。

お世話になったご近所への挨拶回りを忘れずに!

どんな時でも挨拶だけは欠かしてはいけません。引越しをするときはお世話になったご近所へ挨拶回りをしておきましょう。一般的に挨拶をいておいたほうがいいと考えられているのは向こう3軒と両隣。マンションなどに住んでいる方は上下への挨拶も必要です。持っていくものは相手が貰っても気を遣ってしまわない程度のものにしましょう。値段的には500円から1000円程度の簡単なもので、どこの家庭でも使うことができる洗剤やタオルといった消耗品が喜ばれるでしょう。家主さんにはそれよりも少し高いものを選びましょう。

挨拶をするときはこれまでにお世話になったことに対するお礼と、引越し予定日を伝えましょう。特に引越し予定日を知らせることは重要です。引越し当日はどうしてもトラックが道路を塞いでしまって周囲の住民に迷惑をかけてしまいます。事前に伝えておかないと、引越し当日の騒音なども原因となって思わぬトラブルに発展してしまうことも十分考えられます。引越し時期によっては引越しのタイミングがかぶってしまいトラックの移動や荷物の搬送に深刻な障害となることもあります。そんなトラブルを避けるためにも事前に引越しの日時をしっかりと伝え、了承貰っておきましょう。

親しくなった友人や知人には早めに挨拶を済ませておきましょう。挨拶が遅くなってしまうと相手を傷つけてしまいかねません。引越し後も良好な関係を続けていけるように、新居の住所交換もお忘れなく。

引越し先への挨拶回りも当然実行!

旧居での挨拶回りも重要ですが、これからお世話になる新居での挨拶回りももちろん抜かりなく行いたいものです。第一印象はその後の印象さえも大きく左右してしまいかねません。しかしここでよい印象を与えることが出来れば、その後部屋で騒ぐようなことがあっても、ちょっとした騒音ではトラブルになるようなことも無いでしょう。

引越し先には引越しをする前に挨拶を済ませておきましょう。持っていくものは旧居で行う挨拶と同じように、相手に気を遣わせない程度のものを贈ると良いでしょう。値段的には500円から1000円程度のもの。どのご家庭でも使えるような消耗品がお勧めですが新居の場合には地元の特産品などを贈ることをお勧めいたします。日持ちのするようなお菓子などはどの地域にもあるものです。お土産に渡した特産品がきっかけとなり会話が弾み、親しくなれるかもしれませんよ。

引越し先での挨拶を通じて近所に住む人がどんな人かを知ることが出来ます。加えて、挨拶のときにその地域のルールを知っておきましょう。ごみの分別の仕方や、周辺施設について知るには近所の人に聞くのが一番です。もしかしたら思わぬお得情報を近所の方から聞けるかもしれませんよ。

女性の1人暮らしは何かと心細いものです。もし何かあったときに頼りになるのは遠くの親より近くの知り合い。近所の人と仲良くなっておけば、もし何かあった時にはきっとあなたの力になってくれるはずです。挨拶の仕方や範囲がわからなければ大家さんや管理人さんに聞いてみるといいでしょう。

引越しの際お世話になった業者・手伝いの人へのお礼はどうする?

もちろんお礼を渡すことは義務ではありません。特に引越し業者の方にはすでに支払っている見積もりの中に支払われる給料の分も含まれています。ですから支払わなくても引越し業者の働きが変わるということはありません。しかし折角頑張って引越しを手伝ってくれているのだから、多少のお礼を渡したいと考えるのも不自然ではありません。多すぎる御礼は逆に相手に気を遣わせてしまいますから、適度なお礼をすることが大切です。

1人500円から1000円未満のものを渡すのが一般的なようです。渡すタイミングは作業が終わってからでは渡すタイミングもありがたみも薄れてしまいかねません。お昼前など、作業を始める前か休憩中に渡すと良いでしょう。渡すときにはお昼代、もしくは飲み物代と言って代表の方にお渡ししましょう。

しかし問題なのはお手伝いの人へのお礼です。業者の方ではないので決まった賃金があるわけではありません。多くの場合はその後の食事を奢るというのが定番になっているようです。

そして最後に、引越しの際にお世話になった近所の方、大家さんにも挨拶を済ませておきましょう。たとえ引っ越しを手伝って貰ってなかったとしても、引越しの際にかけた迷惑に対する謝罪は必要です。

ただし引越し業者に依頼した場合にはそのような心配も不要です。相手もプロなのでトラブルが起きないように引越し前と後に挨拶をしっかりと済ませてくれます。しかし実際に引越しをするのはあなたです。引越し業者に任せきりに済ませるのではなく、きちんと自分でお礼をしましょう。

引越し挨拶状の書き方について

引越しをする際には挨拶をきちんとすることはマナーですよね。でも最近では挨拶をする人自体が少なくなっています。特に1人暮らしのマンションやアパートでは隣に誰が住んでいるかも知らないという人も多いのではないでしょうか?

しかしそんな時代だからこそ、きちんと挨拶をしておけば好印象を与えることが出来ます。そうすれば今後も良好な関係を続けることが出来るはずです。挨拶をすることは大切です。だけどその挨拶、逆に相手に失礼なことになっていませんか?

挨拶状の書き方にも決まりはあります。ここでは書いておくべきことを簡単に載せておくので参考にしてみてください。

まず書いておくべきなのが時候の挨拶。それに加えて何故引越しをすることになったのか簡単な事情を書いておきましょう。次に新しい新居先が何処なのか。最寄り駅からどれくらいの場所なのかも書いておき、最後に「近くにお立ち寄りの際には是非お立ち寄りください。」という言葉で締めくくりましょう。

今回ご紹介したのは典型的な挨拶状の書き方です。しかし最近ではイラストや文章など自分なりの工夫を施す方も多いようです。文章はともかくとして、イラストなどは自分で考えなくても今ではインターネットを使って簡単に参考に出来るものを手に入れることが出来ます。挨拶状は相手に最初に伝わるあなたの想いです。あなたらしい挨拶状を作ってみましょう。ちょっとしたこだわりが、あなたの第一印象を左右する何よりの挨拶になるはずです。

引越しを行うタイミングについて考えてみましょう

引越しを行うのはいつでも良いというわけではありません。旧居や新居の先の方に迷惑をかけてしまわないように、引越しのタイミングは慎重に見極めましょう。

引越しを行うタイミングは日中、朝10時から夜の6時までが適しているといわれています。その時間帯であれば引越しを行っても迷惑がかかることは少ないでしょう。もちろん事前に引越しの挨拶と何時ごろに引越しをするのか伝えておく必要があります。引越しにはどうしても多少の騒音は避けられません。しかし事前に挨拶をしておけば、もし引越しの時に騒音を立てて迷惑をかけるようなことがあっても、「あぁ、今引越しをしているんだな。」と多少の騒音には目を瞑ってくれるはずです。

引越しを行う最適なタイミングは引越し先によってさまざまです。色々な生活スタイルの方がいるので無理に一日で済ませようと思わず、時間帯や日にちを改めて挨拶に伺ってみましょう。しかしもし、何度か挑戦してみても出会えないようであればそれ以上無理をすれば却って相手の迷惑にもなりかねません。その場合には挨拶の粗品に簡単な挨拶状を添えて、ドアノブにかけておいたり郵便ポストに入れておきましょう。

引越しを行うには最適なタイミングがあります。しかし事情があってどうしても日中に引越しをするのが難しいこともあるでしょう。そんな時には無理に一度に引越しをしようとするのではなく、最低限の荷物だけを搬送しておき、本格的な引越しは休日などに日を改めて行うと良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 残る荷物はあと少しと聞いていたのにゴッソリと!仕事と同様に引っ越しも「ほうれんそう」が大切だと痛感。

  • 不用品を売るにはどのように?~引っ越し荷物を軽減させて引越しを安く済ませるために~

  • 面倒だからと適当にメダカの睡蓮鉢を梱包したら大変なことになった引越し

  • 妊娠中の部屋探しと引っ越しは本当に大変だということを実感しました。

  • ペット、小さな子供がいる、狭い戸口・道幅・・・引っ越しのいろいろな困った、、こんな時どうする?

  • 引っ越しは良くも悪くも人生の一大事、苦い経験をふまえて慎重に