1. TOP
  2. 引越しで便利なサービスにはどんなものがある?【オプションサービスのまとめ】

引越しで便利なサービスにはどんなものがある?【オプションサービスのまとめ】

オプションサービスとは引越し業者が提供している有料のサービスのことですね。

各引越し業者が工夫をこらしたオプションサービスを用意しています。これは利用したほうが便利でいいなと思うもが多数あります。例えば、荷造りや荷解きのオプションサービスです。

自分自身で荷造りや荷解きをしたら引越し費用は安く抑えることができますが、わたしがお金を払ってでもしてもらいたいサービスが荷造りです。何度か引越しをしてきて、「引越し荷造りがなかったどんなによいことか…。」とか荷造りの途中で「引越しを止めたい…。」と思ったことが何度あることか。

引越しの基本料金に数千円から数万円を上乗せするだけで、荷造りの苦痛から開放されるこんな良いサービスはありません。最後に引越しをしたときに、初めてこのサービスを利用してみました。なぜもっと早く利用して見なかったのだろうと後悔したくらいです。

もう一つ便利だと思うオプションサービスはハウスクリーニングです。賃貸物件の場合、退去時に換気扇・バスルームなどの清掃をしておくよう契約に盛り込まれていることがあります。清掃しないで退去してしまうと敷金の返還がされなかったりするので、契約条項に書かれている場所はキチンと清掃しておきましょう。しかし、引越し前は手続きや荷造りなど忙しくって、清掃まで手が回らなかったり、そもそも清掃が苦手な人もいますよね。

そんなときは引越し業者のハウスクリーニングのオプションサービスを利用するのがよいと思います。面倒な換気扇、レンジやバス、トイレ、洗面所などの水周りの清掃などあらゆる場所をニーズに応じて行なってくれます。引越し費用に余裕が有るときは是非利用したいサービスです。

その他も引越し業者のよって、ピアノ運搬やエアコンの取り外し、エアコンのクリーニング、盗聴器の発見などさまざまなオプションサービスがあります。「時は金なり」といいます。自分でせっせとやってお金を節約するか、自分でする時間を業者にしてもらってお金を払うかは、あなた次第です。まずは各引越し業者のオプションサービスを比べてみてください。

引越し料金を比較してみて初めて知った10万円以上の価格差!~引越し業者はどこでも良いと思っていませんか?それじゃ泣くほど損をしてしまいますよ!

大手引越し業者の主なサービス

様々な引越し業者で独自のサービスが行われています。それぞれの引越し業者が知恵を絞った自慢のオプションサービスについて紹介します。

mihi (31)

日通

日通では各種電化製品の取り付け工事やハウスクリーニング、ピアノや美術骨董品の輸送を行っています。また、電力会社やNHK等への手続きを代行してくれるサービスも行っています。

サカイ引越センター

サカイ引越センターでは、ユニークなオプションサービスがたくさん用意されています。防震グッズの取り付けや、造園サービス、ハウスクリーニング、消毒・殺虫、盗聴器発見等のサービスがあります。この盗聴器検査のサービスは一人暮らしの方や女性には嬉しいサービスです。また、引越当日に引越し先で10分間何でもやってくれるサービスもあります。

アート引越センター

アート引越センターでは、エコ楽ボックスという環境に優しい梱包資材を無料で貸し出しています。他にもエプロンサービスといって高齢者や女性のために掃除や模様替えを手伝ってくれるサービスやピアノの輸送後調律まで行ってくれます。サービス全体を見ると女性に喜ばれるようなサービスがいっぱいです。アリさんマークの引越社ではアンテナ工事や各種配線工事、金庫等の重量物の引越しもしてくれます。

この他にも、ユニークなサービスとして不用品の処分とそれら不用品をリサイクルしてくれるサービスがあります。女性には嬉しい、スタッフが全員女性で来てくれるというサービスもあります。

このように引越し業者にはいろいろなサービスがあります。お金さえあれば本当に何もしないで(というと大袈裟ですが)引越しができてしまいそうです。労力、体力、時間の対価として支払うと考えると利用する価値は十二分にあると言っても良いと思います。また、物理的なこと以外にメンタル的、精神的な面でも女性スタッフによるサービスなどは安心感を与えてくれますよね。大手はもちろん、中堅の引越し業者でも対応してくれる所がありますのでご希望の方は是非お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

一括見積もりを利用しないで引越すと大損をしてしまいますよ!

引越しサービスの「おまかせパック」「らくらくパック」とは?

引越しサービスの「らくらくパック」とは、お任せプランとも呼びます。大手引っ越し業者でも多く扱っているプランなので認知度も高いと思います。らくらくパックとは、梱包、運搬、開梱までを行ってくれる引っ越しサービスです。

一般的な格安プランは、引っ越しする人が自分で梱包します。荷物をトラックへ搬入して、運搬し、引っ越し先に家具をレイアウトし、段ボールや荷物を部屋まで運ぶのが一般的までをやってもらうプランです。

らくらくパックは、梱包から開梱まではしてもらえますが、例えば新聞紙にくるんで運んできた食器を全部洗って欲しいというような要望はらくらくパックで対応してもらうことはできません。

らくらくパックを利用する際は、貴重品や貴金属、下着類など触れられたくないものは、事前に業者から段ボールをもらい、自分で段ボールに入れてしまいます。そして、「開けないで下さい」と大きく目立つように書いておけば大丈夫です。キッチン周りは女性スタッフさんが来てくれる場合が多いようです。搬入の際は、どの荷物をどこの場所に置くかの指示を出します。らくらくパックは、妊婦さんや小さい赤ちゃんがいる方やご年配の方の引っ越しに嬉しいサービスですね。

荷造りと荷ほどき(梱包)

それまでに使っていた品々を容器に詰め移動可能な形態にするのが荷造り、そしてその荷を解いて新居の所定の位置におさめるのが荷ほどきという行為です。

荷造りはあまり早くにすると必要なものが取り出せなくなります。さりとてゆっくりしていたのでは引越し当日の予定がおしてしまう・・・荷ほどきはできるだけ迅速にしないと次の日の生活に障りが出ますが、長距離を移動してきて慣れない土地に来た家族にはその余力が残されていないことも多いですよね。また、仕事や学校のスケジュールの都合で荷造り荷ほどきに多くの時間を割くことができない場合もあるでしょう。そんな時に活用したいのが引っ越し業者の荷造りサービスとなります。

日本通運の「えころじこんぽ」等が商標名として有名ですが、他の業者も多くがこのサービスと同様のものを行ってくれています。荷造りの対象になるのは、衣類、寝具、食器、書籍等家具以外の小間物ですが、現住の住居の荷物をすべてもらう場合と分量や場所を決めて台所の食器など大変なところだけ詰めてもらう場合があります。荷ほどきも同様で、すべて解いてもらう場合と部分的に解いて収納してもらう場合があり、ニーズによってサービスを選択できます。「えころじこんぽ」の場合、フルサービス、ハーフサービス、セルフサービス(自分で荷造り荷ほどきする)の3プランが用意されていて、クロネコヤマトの場合は住宅ごとの荷造り荷ほどきか、部屋ごとの荷造り荷ほどきが選べるようになっています。荷造りと荷ほどきは単体で依頼できず、必ずセットで依頼しなければならない業者もあるそうなので注意が必要ですね。

引越し業者の選び方は、この3つのポイントをおさえれば大丈夫!

輸送サービス

家財道具もそうですが、引越しの際素人には運搬が難しい荷物というものがあります。途中で状態変化が起こりやすく、通常の運び方ができない品々や、生物、高額品などがそれにあたります。これらは業者のオプショナルサービスを依頼すれば安心確実に輸送してもらえます。家財の運搬を依頼した業者にそのノウハウがない場合でも専門の輸送業者に依頼することもできます。別項で後述するピアノ然り、ペット然り。特にアロワナや大型ナマズなど輸送が難しい生き物を飼育している場合は専門業者に頼んだ方がいいようですね。しかしこれはレアケースであり、犬猫程度ならば引っ越し業者のオプショナルサービスで充分に対応できるそうなので見積もりの際に一緒に問い合わせて見ると良いと思います。

また、荷物量や移動距離の関係、スケジュールの兼ね合いで当日使用しない車両を運んでもらえる輸送代行のサービスもあります。自家用車を使わずに引越しをするケースとしては電車通勤の人が乗用車、二輪車等を自宅に残して引越し先に直帰する場合や、車酔いの酷い子供がいて長距離の自動車での移動が難しく鉄道を使用する場合、引越し距離が長く車両移動が困難であったりする場合などが挙げられます。休日やイベントごとがあると渋滞が起こり幹線道路の交通事情の把握は難しくなります。意図したとおりの時間に目的地に到達できないケースも起こりうるので、次の日に重要な所用があったりする場合は車両輸送を頼み鉄道、飛行機、船舶など比較的運行時間の読みやすい(但し、災害、事故等が起きた場合、時間の保証はできない)交通手段を使った方が疲れや不測の事態を防ぐことができます。

特殊なものの運搬サービス

引越し業者に引越しを頼めば全部荷物は、運搬してもらえるのでしょうか。以前、テレビチャンピンで引越し技術を競うものを放送していましたが、どのような荷物でも複雑な間取りの所から搬出して搬入する様は、神業であり熟練と日ころの訓練の賜物と見ていました。

こうした光景を見る限り、引越し業者で運べないものはないのではと思うのですが、実際には法的な規制や特殊な技術を要するものは運銀できないものがあります。まず、法的な規制があるものとして、大量のガソリンなどの気化燃料や薬物類や爆発物になります。気化燃料や爆発物は危険物取扱主任者の遂行が必要になるのと、運搬するトラックやタンク減りが法律で定められています。また、薬物についても薬事法で運搬方法が規制されています。これら一般で運搬することが滅多にないため、引越し業者はわざわざ設備費用や人件費を投入してまで手は出さないことになります。

次に運搬が難しいものにペットなどの動植物になります。生き物の場合、環境変化に敏感なうえに水などの飲食が必要になり、手間とリスクを考えると難しいでしょう。ピアノなどの楽器の運搬を引き受ける業者もありますが、大方は専門業者を紹介するか斡旋していることが多いのです。ピアノなどの楽器は、運搬後に音のずれがないか調律を合わせる必要があるため専門の人が必要になります。特殊なもの運搬については、引越し業者から見積もり取ったときに、特記事項などで記されていますので担当営業の人と相談するのがよいでしょう。

引越し先の家具や家電の据え付け

123doing (30)
引越し作業の中で大変なものとして、家具や家電品の取り外しと取り付け及び据え付けの作業になります。

家具は大きく重いうえに中のものを一端外に出して、中のものを箱の中に詰め込まなくてはなりません。当然、家具から出したものは家具の据え付けが終了したのちにまた元に戻さなくてはなりません。家具の個数が1,2個なら頑張ればどうにかなるものでしょうが、家具が10以上もあったら家具の中のものだけでも相当に量があることになります。これを家族だけで作業しててはいくら時間があっても足りるものではありません。

家電の取り付けサービス

引越しを機に家電製品を買い替える方も多いでしょう。洗濯機、冷蔵庫、エアーコンディショナー、空気清浄器、パソコン、電子レンジ、テレビ等私達の生活に家電は欠かせないものになっています。家電量販店などから購入した場合は設置をその店舗にお願いすればよいが、現住の住居から持っていく場合には取り付け作業が必要になります。どの家電もそれなりの重さがあり配線などを繋ぐのに手間がかかるので設置には相応の時間と労力を要します。

何とか設置できても何らかの理由で動作不良に陥ることもあるので経験を積んだプロに任せた方が得策です。家電製品の取り付け工事も引越し業者の行うオプショナルサービスのひとつです。

家電品の中で厄介なものはテレビアンテナとエアコン、冷蔵ではないでしょうか。

特にエアーコンディショナーはダクトや室外機の問題があるので素人が設置するのは中々難しいものです。エアコンは本体と室外機がパイプで結ばれていますのでパイプを外してから本体、室外機と順に取り外す必要がありますし、取り付けは子取り外したときと逆の手順で取り付けを行う必要があります。さらには、温度センサーなどの調整が必要な場合もあり、素人にはかなり難しい作業になります。

テレビアンテナは屋根に取り付けられていることが多いため、取り外すためには屋根の上に上がらなくてはいけません。また、アンテナには受信した電波をテレビに送るためのケーブルが取り付けられていますので、ケーブルを取り外したうえでアンテナを取り外さなくてはいけません。2階建て住宅であれば地上から屋根の上まで10m以上はありますので、万一滑り落ちてしまったら大けがでは済まされません。

冷蔵庫は、まず中の食材を食べきらないといけないのと、1日置いて冷蔵庫の中の水を出しきらないといけません。これは、冷蔵庫が立てに細長いため横にして運ぶことが多いのですが、引越し業者の中には冷蔵庫は立てたまま、しかも中の食材もはいったまま運搬するサービスがあります。冷蔵庫の電源は、トラックから供給して冷蔵庫としての機能を働かせたまま動かすと言うスゴ業のようです。

家電販売店やメーカーなどに取り付けを依頼することもできますが、業者ごとに依頼手続をしなければならず、引越し前後の忙しい時期に人の出入りが多くなってしまうという問題点があります。引越し業者に依頼すれば当日に取り付けてくれるのでスケジュールを組みやすくなります。エアコンや洗濯機ばかりではなく、照明器具の取り付けやガス関連工事も行ってくれるサービスもあります。日本通運等はパソコンの設置と初期設定も行ってくれるそうです。スキャナーやプリンターなど周辺機器が多く不慣れな人は初期設定だけで相当の時間を費やしてしまうこともあるので自信がない場合は依頼してみてはいかがでしょうか。また、業者によっては水回りの取り付け工事を行ってくれるところもあり、浄水器や、トイレのウォッシュレット、食洗機等の取り付けを依頼することができます。

家具のレンタルサービス

家電なるものは、何故1度に壊れるのでしょうか。冷蔵庫が冷えすぎて冷凍庫になったり、エアコンの冷房が暖房になったり、テレビが砂嵐になったり、様々な故障が起きます。

しかし、お忙しい方は、その都度買い替えている時間はございませんね。家電は動かし方が悪いと壊れてしまいますし、重いものです。

また、家具も何回も転居を繰り返す方は、その都度買い替えなければいけません。

そんな時にお役立ちなのが、家具家電のレンタルサービスです。単身者向けの小型の家具を用意してあったり、家電の設置などやメンテナンスもお任せでできます。カーテンやシーツなどのファブリックはクリーニングまでしてくれる業者もございますよ。デザインは少しシンプルですが、その分使いやすいかと思います。

ここで、皆様にお勧めの家電、家具をいくつかご紹介しましょう。まず音の小さなハンディ掃除機。大きなものは、置く場所がないですし、皆様部屋の隅々まで掃除機をかけている時間は無いでしょう。普段はモップでざっと拭いて、隙間の埃をとるだけでも、お部屋は綺麗になります。次はIHの調理器。温かいスープやカレーなどの簡単なごはんを作るときに有用です。ガスコンロは掃除が大変ですから。

IHは火事の心配も低いので、お勧めですよ。炊飯器もお勧めです。ご飯は一気に炊いた方がおいしいのです。残った分は焼きおにぎりにしておいて、冷凍すれば、好きな時に解凍して食べることができます。上から出汁をかけて雑炊にもできるので、便利です。ホットプレートも焼く、蒸すができて便利です。

転居転送サービス

郵便局に届を出すと、引越しをして一定の期間旧住所あてに来た郵便物を新しい住居に転送してくれるサービスがあることは皆様ご存じですよね。しかし、それはあくまでも郵便局を通して配送される荷物に限ってのことで、他業者のサービスには適用されません。新住所を周知徹底しておかないとお中元、お歳暮などの荷物が旧住所に届いてしまうという事態も起こることになります。ヤマト運輸、佐川急便、日本通運の宅配便大手3社メーカーはこの転居転送サービスをおこなってくれる配達業者なんです。

ヤマト運輸は引越し業者としても有名ですが、引越しを同社に依頼しなくとも手続きをすれば転送サービスを利用できます。書類などはメール便で届くことも多いですよね。メール便とは信書(手紙、はがきなどの事)以外の小荷物を宅配便のルートを使って配達するサービスで小ぶりな品や機関誌などの発送によく使われます。出した荷物が舞い戻ってくる事態は送り主を少なからず不快にさせるうえ、送ったものが生鮮食品など日持ちがしない品であった場合は無駄になってしまいます。セーフティーネットとしてこれらのサービスを利用すると安心です。

もし、先の住所にあてた荷物が届いた場合は、礼状と共に引っ越した旨、新住所、通達が遅れたことの詫びを記した文書を添えて送付しましょう。相手にもよりますが、先方が封書で出してきたものに葉書や電話のみで対応することは公的な場ではおざなりと感じられることもあるので注意しましょう。無論、友人など気の置けない相手やリアルタイムで喜び感謝を伝えたい場合はインターネットなどのツールを存分に使うのが有効ですね。

単身引越しの料金の相場を知るにはどうすれば良い?唯一絶対の手段がコレ!

ハウスクリーニング

ただでさえ引越の準備で忙しいのに、その上家の中の掃除もしなければいけないと考えると、頭がパンクしそうになると思います。そもそも家の中の掃除自体が面倒ですしね。ですが、面倒だからと言って、掃除をしないわけにもいきません。そんなこともあって、「誰かが代わりに家の中を掃除してくれたらなあ」と思っている人もいることでしょう。そんな人にぴったりのサービスがあります。

それは「ハウスクリーニング」です。ハウスクリーニングなら、面倒な掃除を一手に引き受けてくれる上に、家中をピカピカにしてもらうことができます。また、部屋をきれいにしてもらえるだけでなく、修繕が必要な場所を修繕してもらえるので、部屋を住む前とほぼ同じような状態にすることができます。

マンションやアパートなどの賃貸物件の場合、管理人さんを介してハウスクリーニングを依頼すると、敷金でクリーニング費用をまかなうので、手元に戻ってくる敷金が減ってしまう可能性が大いにあります。

なので、できるなら自分でハウスクリーニング会社を選び、依頼しましょう。そうすれば、敷金から余計な費用が差し引かれることはありません。

ちなみに、ハウスクリーニングは部屋にある荷物が少ないほど料金が安くなるので、荷物を運び出してから行うと通常より少し値段がお得になるかもしれません。 ハウスクリーニング会社の選定方法ですが、引越業者同様、値段やサービスなど希望条件に従って会社を数社に絞り、見積もりを取ってもらうと良いでしょう。見積もりにかかる費用は無料なので、安心してくださいね。

レディースパック【女性スタッフオンリーで安心なサービス】

女性の社会進出が一般的な現在において、女性も人事異動で地方の営業所や都心の本社への転勤も男性同様に言い渡されるようになりました。これに伴い、女性単身の引越しも増えており、ここに引越し業者のサービスが目に止まっているのです。女性の場合、荷物の量が以外と男性より多い傾向にあるのですが、男性と違い大きいものではなく、小物類が多いようです。

123doing (31)

また、洋服や下着類も男性よりはるかに多いのと扱いが指定されている衣類もあり荷造りも工夫が必要となります。そこで、女性専用サービスと言うことで、スタッフのほとんどが女性で構成されているのです。女性スタッフなら安心して衣類や下着類、化粧品などの荷造りや荷解きを任すことが出来るだけでなく、こうした物の取り扱いも慣れていますので、衣類を傷めることもなくなります。

それでも家具の中を見られたくない女性のために、家具の中の物を一切出さずに家具を搬送すると言うものです。この場合、家具を立てたままトラックに積載しないといけないため、大きめのトラックが必要になることと、荷物をトラックに上げるための機器が必要になるため別途追加料金が発生してしまいます。また、防犯を意識したサービスとして、引越し先の部屋に入る前に盗聴器や盗撮のカメラが仕掛けられていないかチェックすることを行っているところもあります。さらには、管理人の許可を得て、ドアのカギを交換することまで行うと言う徹底ぶりの業者もあります。

盗聴・盗撮チェック

また、引っ越し業者が行うわけではないのですが少しユニークなものとしては、1人暮らしの女性の為に事前に新居に盗聴器や盗撮用のビデオカメラなどが仕掛けられていないかを調べてくれるサービスもあります。

因みに、盗聴器を仕掛けやすいのは家電のコンセントタップ等すぐには眼につかないものだそうで、先の住民が使っていたものをそのまま使用したら、仕掛けられていた(おそらく前の住民が本当の被害者)という話もよく聞くところ。壁の中などに留置されることもあり、寝室や浴室など生活音のよく聞こえる部屋に仕掛けられることが多いようなのです。不安な方はサービスを依頼してみたらいかがでしょうか。そうしておくと新居での新生活をスッキリとスタートできること間違いなしです。

不用品回収サービス

引越しのメリットとして、家の中にたまった不要なものを整理するよい機会になります。生活していく中で、長く使わなくなってしまった物や壊れてしまった物がそのままになっていることがあります。普段は生活に追われてなかなか整理する機会がないのですが、引越しで家具や押し入れの中の物を出して荷造りをするついでに不要な物を整理して処分したいものです。不用品で家電品などは、リサイクル法により家電ショップに有利で引き取ってもらわないといけません。

また、大きなものは粗大ゴミとして自治体に処分を依頼しないといけないなど、手続きなどで結構面倒なのと平日しか処分がすることが難しくなります。そこで、引越し業者が不要な物を全て代わりに引き取ってもらえるサービスを行っています。不要となった家具から家電品も、衣類やパソコンなど生き物以外は全て引き取ってもらえると言うものです。引越し業者は、引き取った不要品を単に処分するのではなく、リサイクルできるものに仕分けてから処分を行っているのです。この取り組みに早くから行っているのが日通で、梱包用の箱を使わずに繰り返し使うるものを開発したりと環境を意識した取組を行っています。

不用品の引き取りで、使えるものはネットオークションに代行して出品を行うサービスも現れています。ただ、古くなったからと言って簡単に処分してしまう人が多いことに、不用品引き取りサービスを展開する引越し業者も責任を感じていることでしょう。

ピアノ配送

「愛用しているピアノを引越先でもぜひ使いたい」と思っている人がたくさんいるかと思います。しかし、通常の引越プランで大きなピアノを引越先に持っていくのは至難の業です。

では、いったいどうすればよいのでしょうか? 実はピアノの移動には専門的な技術が必要となってくるため、専門の業者がピアノの配送を担います。ピアノは運ぶ際には、壁にぶつけて傷をつけてしまうなどの危険性もはらんでいますが、ピアノはとても繊細な楽器で、微弱な振動でも音色が変わってきてしまうので、運ぶことで起こる振動でだいぶ音色が変わってしまう可能性があります。

そのため、ピアノの移動には専門的な技術を要するのです。ピアノを引越先に配送してもらいたい人は、一度専門業者に見積もりを取ってもらいましょう。見積もりの方法は、電話やインターネットでもできますが、値段交渉がしやすい直接訪問がおススメです。

もちろん、電話かインターネットを通して見積もりを出してもらって、その後値段交渉をするという流れでも構いません。 引越業者の中にもピアノの配送サービスをしている会社があります。それを利用すると、待ち時間もなくスムーズにピアノを引越先に配送することができますし、わざわざピアノの専門業者に依頼する手間も省けるので、できれば利用することをおススメします。

ただ、引越業者の配送サービスよりも専門業者に依頼した方が安い場合もあるので、いずれにせよ、専門業者に見積もりを取っておいてもらうと良いでしょう。

引越れんらく帳

やっておかなければならない引越手続きがたくさんあると、目が回ってしまいますよね。そのため、「全部とは行かずとも、いくつかの手続きが同時に済めば良いのに」と思っている人がたくさんいるはずです。実は、それを現実にしてくれる画期的なシステムが存在するのです。 そのシステムの名前は「引越れんらく帳」と言います。これを利用すると、複数の手続きを一気に済ませることができます。

引越れんらく帳の利用により、済ませることができる手続きは、「電力」「水道」「都市ガス」「電話」「NHK放送」などが挙げられます。引越に関する情報を一回入力するだけで、電力や水道の停止と開始の手続きが同時にできてしまうのは、うれしいですよね。

これ以外にも、一部の新聞購読や一部のクレジットカードなどの手続きも行うことができます。ただ、地域によってはこれが適応されない場合もあるので、注意してください。 引越手続きを一括して行える以外にも、引越れんらく帳には様々な利点があります。24時間対応可能であるので、日中仕事で忙しい人でも利用することができますし、申し込んだ内容も随時確認することができます。その上無料なのですから、本当にありがたいシステムです。

さて、肝心の引越れんらく帳の利用方法ですが、まず現住所と新住所を入力して、れんらく帳のサービスが適用されている事業者を確認し、それが分かったら、更に詳しく必要事項を入力します。これでマイ引越れんらく帳が完成します。

次に引越手続きですが、サービスが適用されている各事業者の申し込みフォームに必要事項を入力し送信すれば、完了となります。ちなみに、れんらく帳を利用するためにはメールアドレスが必要になるので、持っていない人は取得しておきましょう。

引越し一括見積もりは本当に便利でお得でした【引越し業者の料金に3倍もの差があった経験!】

海外への引越しをする時にも

日本企業の海外進出が進む中、従業員の海外への引越しも多くなっています。海外引越しで一番多いのが、中国とアメリカ、韓国、フィリピンとなっています。特に東南アジアへの日本企業の進出が目立っていることが反映されています。

ただ、海外への引越しには、その国の諸事情に詳しいうえに交通輸送ルートの確保やピザの手配などかなりの手間とノウハウを必要とするため、海外引越しを引き受けてくれる業者はまだ限られています。その中で、国際運送業として名をはせている日本通運が群を抜いているようです。日本通運がもつ国際的に持つ運送ルートを生かして世界中どこへでも引越しを可能としています。海外への引越しで問題となるのが、荷物の関税になるのですが、関税手続きも全て代わって手続きを行ってもらえます。

また、引越しスタッフも日本人スタッフに加え現地スタッフが引越しをする人の生活に苦労することがないようバックアップも行ってくれます。特に子どもがいる場合、日本人学校の紹介や現地での生活圏をこと細かく案内してくれますので、初めて海外引越しを行う人でも安心して任されるものです。他にもクロネコヤマトやアート引越しセンターも海外引越しを手掛けています。しかし、世界のどこの国も安全な国でないのは確かです。中近東のようなテロが多い地域では、現地警察や軍への支援を求めないと危ないこともあり、こうした安全確保も海外引越しの課題となっています。

手続きサービス

引越しって、荷物の整理や引越し業者の手配などに気が行って、電気・ガスなどの各種手続きに気が行くのが後になってしまいますよね。電気やガスなどのライフラインの手続きが遅れてしまうと、新居ですぐに使えないという事態になってしまいます。前にガスの引越し手続きをするのが遅くなって、引越し後2日間ガスが使えないことがありました。この間、お風呂は銭湯に通い、食事は外食になってしまったので引越し後、余計な出費となってしまいました。

しなければいけない手続きではありますが、面倒で後回しにしたり、ウッカリと忘れてしまったなんてことがないように、引越し業者が移転手続き代行サービスを行なっているところがあります。

アート引越センターでは訪問見積り時に「ワンストップサービス申込書」で申し込むと電気の供給停止と再点、郵便局の住所変更、新聞の手配など必要な手続きを無料で代行してくれます。日通では、NHKや電力会社への手続きを無料で代行してくれます。この2社のサービスは地域によって利用できないところがあるので見積りの時などに確認してみてください。いろいろな引越し業者で、手続きリストというのを作っているので活用すると「忘れてしまった」なんて事態は避ける事ができますよ。

手続きではないですが、引越しの挨拶状はできるだけ早く出しておいたほうが良いです。宅配便などを送ったら、荷物が舞い戻ってきたなんて経験はありませんか。少なからずイヤな気分で、もっと早く引っ越したこと連絡してくれと思いますよね。仕事の付き合いでの贈り物だったら今後の付き合いを考え直してみようかななんて思ったりしますよね。今後の仕事などに影響するかもしれないものは早めに済ませておきましょう。

引越しの際の手続きってどういうものがあるの?

引越しを行う1週間前までには、市区役所へ「転出届」を忘れずに行いましょう。転出届を提出する際に、発行される「転出証明書」もなければ、新住所への転入手続きもできません。国民健康保険に加入している方も、転出届提出時に手続きをしておくとよいでしょう。

同じ市区町村内へ引越しする際は、引越し前に転出届を提出する必要はありません。引越し完了後、新住所に住み始めて14日以内に、市区役所にて転出届を提出するようにしましょう。

また、ガス、電気、水道、電話などの各種公共料金の手続きも必要です。郵便物を転居先に転送してもらいたいときは、お近くの郵便局窓口にて、転居届の提出をすれば1年間、旧住所あての郵便物を無料で転送することができます。小中学校へ通学しているお子様がいる場合は、学区域外へ引越しをする際、転校となりますので、「転入届」が必要です。引越しが決まり次第、はやめに学校や担任の先生に申し出ましょう。そして、引越し前日までには、料金を払うための必要な現金や、近所に挨拶をする際に持参する品物も用意しておくようにしましょう。

【まとめ】各引越し業者独自のサービスが用意されています

デフレ経済で物の値段が下落し、価格競争に喘ぐ日本企業なのですが、特に家電品や半導体産業では価格破壊の影響は非常に大きく、企業経営に大きく影響しています。こうした価格競争は、引越し業界でも例外ではなく、顧客獲得のための過当な値引き合戦も当たり前になっています。その半面、引越しをめぐるトラブルも急増しており、引越し業者は利益確保のために人件費が安く抑えられる不慣れなアルバイト要員を多用するため、荷物や家の傷つけたり破損してしまうことが多くあるようです。

そこで、引越し業者は、引越し利用金での差別化を図るのではなく、独自の引越しサービスを展開することで有利に図ろうとしています。また、その引越し業者の得意とすることを前面に押し出して、差別化を図る業者もあります。

独自のサービスとしてユニークなものに、アート引越センターの作業スタッフ全員の紹介と新居での作業時に新品の靴下に履き替えると言うものです。サカイ引越センターは、一昔は値引きのサカイと言われていましたが、現在は品質とサービスの良さを前面に出しています。その中でも、10分間なんでも依頼サービスで、10分間可能なことは何でも引き受けてもらえるサービスです。弁当の買い出しやペットの散歩、子守などなんでも引き受けてもらえます。日本通運では、環境への配慮したサービスを展開しており、繰り返し使える収納ボックスを用いて、荷造り用の段ボールをなくしています。また、国内外とも独自の輸送ルートを持っており、国内はもとより海外への引越しも受け入れています。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 災害に備えるための防災グッズのリスト

  • ワケあり物件が分かるサイトがあれば確かに便利ですが

  • 女性スタッフだけの引越しサービス「レディースパック」はどの引越し業者が提供している?

  • どうする?単身赴任のための引越し【準備と手続きなど】

  • 引越し業者のチャーター便・混載便・帰り便とは?

  • 女性の一人暮らしの引越しでは、こんなところに注意を!