1. TOP
  2. いらない家具があるのだけれど・・・引越しの「こんな時どうする?」

いらない家具があるのだけれど・・・引越しの「こんな時どうする?」

特集   2,006 Views

新居と今の住居が全く同じという引越しの事例はきわめて少ない。どうせ引っ越すのならば、インテリアを変えたいと思われる方も多いでしょう。引越しの際に古くなって新しい住居にあわない家具というのは意外と困るものです。大型の品の場合、高層階に住んでいる場合、廃品回収の為に運び下ろすのも苦労です。

クロネコヤマトなど多くの引っ越し業者では不用品の引取りサービスも行ってくれますので利用を検討してみても良いかも。処理費用は見積もりに加算されるので予めいるものと要らないものに分けておきましょう。

まだ新しく使えそうなものは出張サービスのあるリサイクル店に引き取ってもらうのも良いでしょう。古くても古民芸のタンスや行李、薬棚などは海外で東洋情緒あふれるインテリアとして人気があるのでオークションなどに出すとよいかもしれなません。日本でも階段式のタンスなどは人気があるようですね。

また、処分をするばかりではなく、家具をリメイクすることもできます。塗装の色を変えたり、引き戸の取っ手を変えたりするだけで印象が変わるので手先が器用で時間がある人は挑戦してみるとよいでしょう。現代ものにない雰囲気が欲しい人はインターネットやインテリア店でアンティーク、ヴィンテージのドアノブや引き出しのツマミ、カーテンタッセル、アイアンフレーム、鏡等各パーツが売られているので集めておくとよいですね。古い時代のガラス、鉄製品は曲線が滑らかで肌へのあたりがいいものが多いのです。無論、好みもありますし人が使ったものが嫌という人もいるでしょうが、デザインを模した復刻版が発売されているパーツもあるので探してみるのも楽しいですよ。

家具のみの引越しプラン

kagu (31)
家具のみの引越しプランというのもあるんです。

“長距離移動プラン”では長距離移動の引越しプランを紹介しましたが、逆に短距離引越しのプランはあると思いますか。

そもそも短距離移動の引越し自体ケースとして少ないのでは?と思われるかたもいらっしゃると思います。確かにイメージとすればそうなのですが、実際のところは短距離での引越しもけっこうあるんですね。

例えば賃貸マンションのお住まいの方ならわかると思いますが、賃貸マンションには契約更新があります。おおよそ1年か2年のスパンですが、それが経つと更新するか決めます。この更新が切れたタイミングで引越しする人がけっこういるんですね。でも実際は異動などがあったわけじゃなく、住み慣れた地でもあるから、近所で家だけを変えたいという方です。そういった方々に向けた引越しプランが、家具のみを運ぶ引越しプランです。

まず近所に引越しするのであれば、手荷物程度のものなら自分で運べるケースがあります。ましてや同じ最寄り駅圏内であれば尚更のこと。そこで、軽いものは全部自分で運び、ベッドやタンスなど重いものだけを引越し業者に依頼できるんですね。そういったプランになります。これは非常に低価格での引越しが可能となります。作業員の拘束時間も短いですし、荷物の量も家具類だけで、何個ものダンボールを運ぶ必要もありません。

近所だから全部自分たちでやるのもお得ですが、引越し業者を活用するとさらに時間にもゆとりができるかもしれません。是非一度チェックしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女性が部屋を借りる時のちょっと怖い話を

  • 海外への引越し~留学、転勤、移住の時に頼りになるサービスのまとめ~

  • 引越しが決まったら引越計画書を作る

  • 自分たちでの引っ越しで大変だったことには、このようなことがありました。

  • 引越しの際の様々なマナーについて

  • 引越しの荷物と一緒に専門業者のトラックに乗ることはできる?