1. TOP
  2. 単身引越しで損をしたくない!安い業者を見つけるにはどうすれば良い?

単身引越しで損をしたくない!安い業者を見つけるにはどうすれば良い?

引越しを行う際には世間で行われている単身引越しの実際の価格、つまり引越し料金の相場を把握する事がとても大切な事になります。これは単身でも家族引越でも両方ともに大事です。

では何故、引越し料金の相場を把握する事が大切になってくるのかと言うと家のポストなどに入っている引越し業者のチラシを見て特に深く考えずに引越しの申し込みをすると、通常の引越し料金の相場よりもずっと高かった場合には金銭的に大きな損をしてしまうからです。

例えば単身引越しの場合に他の引越し業者であれば通常3万円で行える引越しが、何も考えずに依頼した所では5万円するとします。そうすると当然ながら2万円も損してしまうことになるからです。こうした時に、引越しの料金の各社の平均的な相場を把握していると、基準的な価格との比較によって金銭的な面での損を回避する事が出来ることになります。

では、どうやって単身引越しの相場を知る事が出来るのでしょうか?

単身引越しの相場を知る方法

たとえば知り合いの引越し業者に勤めている人に単身引越しの料金を聞いたとします。

その金額が高いか安いのかは、実はその引越し業者に勤めている人であっても判らないのです。

それはなぜか?

他の業者の料金がいくらかなのかを、その人は知らないからです。

引越し業者の料金は各社それぞれ、定価などないからなのです。

単身引越しの料金の相場を知る唯一の方法

昔からの方法があります。

各引越し業者に見積もりを電話で聞く!のです。業者1社1社に見積もり料金を聞き、料金をメモに取ったりパソコンのエクセルなどで保存して比較をして行くことになります。たとえば5社に電話をして見積もりをしてもらえば、その中で一番安い業者を利用すれば良いですし、それによって予定日の相場がどのくらいなのかもわかります。

その結果、A社:10万円 B社:8万円 C社:15万円 D社:12万円 E社:6万円・・・・

このように各引越し業者の見積もり金額を聞き、そこからだいたいの相場金額を掴むのです。

・・・・もし最初からC社に頼むことを決めてしまっていたら、15万円で引越すことになるわけですが、けっこうこういう人が以前は多かったのですね。

その理由は大きく2つ

(1)引越し業者はどこも同じ料金だと思いこんでいた
(2)電話を数社に掛けるのは面倒くさくて2・3社に見積もり価格を聞いて止めてしまう

(1)の人は今でも意外にも多くいますが、引越し予算が十分にあるのなら意中の業者に頼むのも良いでしょう。問題は(2)の場合です。

判ってはいても、電話をかけまくる面倒臭さに途中で断念してしまうケースです。

運良く2・3社に電話をして安い業者が見つかれば良いですが、そうじゃない場合には数万円も安い業者を探すことが出来たチャンスをフイにしてしまうのです。

インターネットで引越し業者のホームページで料金を比較出来ないの?

これが出来そうでいて、実際には出来ないのですね。

引越し業者のサイトには必ずと言っていいほど料金が明記されていません。

専用ボックスを使って引越しをする単身パックなどの一部のパッケージ引越しサービスは金額が表示されていますが、この単身パックであっても荷物量がどのくらいあるのかによって専用ボックスの数が増えて費用が2倍、3倍となってしまうため、結局は見積もりが必要となってしまいます。

単身引越しの料金を比較できる唯一絶対の方法がコレ!

最も効率的で簡単なのは見積もり一括取得サービスを利用することです。

>>>無料!最短1分!引越し見積もり比較が簡単に!>>>Click!!

あなたの単身引越しの予定日における各社の料金が分かりますので、料金の比較を手っ取り早く行いたい際にはこうした比較サイトは重宝されると思われます。満足の行く一人暮らしの引越しを行うためにも、しっかりと情報を活用しましょう。そして単身引越しの格安業者を検討する場合にも見積もり比較は最も有効な手段なんです。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しをする様々なケース

  • ワケあり物件が分かるサイトがあれば確かに便利ですが

  • 不用品を売るにはどのように?~引っ越し荷物を軽減させて引越しを安く済ませるために~

  • 計画的な引越しのすすめ

  • 女性の一人暮らしの引越しでは、こんなところに注意を!

  • これを語って一体何になるのか(笑)引越しの歴史などの雑学