1. TOP
  2. 引越しするにはどんな手段がある?いろいろな引越し方法のまとめ

引越しするにはどんな手段がある?いろいろな引越し方法のまとめ

未分類 特集   1,484 Views

荷物の少ない引越しはもともとはトラックを借りてきて家族、友人、知人で行うものだったかもしれませんね。昔は小さい規模の引越しを業者に頼むのはかなり高く付いたのかもしれません。実際に今とは比べ物にならないくらい高い費用が掛かった記憶があります。でも今は引越し会社がいろいろなタイプに対してのサービスを適正な料金で用意していますので、利用を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

引越しの手段1 自分たちで行う自力引越し

mihi (95)

知人たちの力を借りて自分たちで引越し作業をやる場合におけるメリットやデメリットを解説したいと思います。自分たちで引越し作業をすべて行い、引越し業者に頼まない場合における最大のメリットは、手伝いに来てくれた身内だけなので、気軽に作業ができるという点になります。

反面、自分たちで引越し作業を行なうパターンは、かなりの労力を必要とする他、意外と費用を必要とする欠点もあります。労力についてはわかりきっていることですが、費用については引越し業者を使わないこともあり意外に思うかもしれませんが、それは紛れも無い事実です。確かに、引越し業者に依頼することなく、家族や友人や知人の力を借りて引越し作業を進めれば、業者への依頼料の削減になるので安上がりになるかもしれません。ここで大事なのは知人というのは基本的に引越しに関しては素人ということです。引越し業者は引越しのプロだからこそ、引っ越すために効率的な手順を実行してくれるので、確実に安定した形で短期間で引越し作業を終わらせることができます。

ところが、普通の人は基本的に効率的な引越し方法など知らないのが当たり前であり、知人の中に引越し屋さんでのアルバイト経験者や、あるいは引越し業者の知人がいる方ならともかく、通常はいざ引越し作業を開始しても何をして良いのかもわからないものなのです。そしてそうなると、引越し作業もまた大変なことになります。作業が遅々として進まないだけなら良いのですが、場合によっては慣れない作業により家電などを傷つけたりして、それが故障の原因になる可能性も考えられます。

その結果、引越し作業が終わってから家電がちゃんと機能しなくなっていることに気がついて、新しいものを買い換えることになったり、また知人とのトラブルに発展するかもしれないのです。当然、手伝ってくれた知人たちにお礼をする必要もありますし、もちろん引っ越すための荷物を運ぶトラックなども用意する必要があります。

それらのことを考えた上で費用を算出すると、意外と大きな額になってしまうのです。下手をすれば、引越し業者を利用する場合よりもお金がかかることもありえます。ただでさえ労力がかかるのに、さらに費用がたくさんかかるとなると、やはりやりきれないものがあると思いませんか?なので、引越しをするなら、無理をせずに専門家に頼むのが一番なのです。それでも、どうしても業者に頼りたくないというのなら、いっそすべての責任を自分一人で背負って作業をやるのが一番楽といえば楽なのかもしれません。

引越しの手段2 宅急便

ta1 (1)

荷物の量がそれほど多くないという方は、赤帽を使うのもありですが、宅急便(宅配便)を使うのも一つの手です。宅急便とは、佐川急便やクロネコヤマトなどで有名な、荷物を宅配するサービスのことです。このサービスは、基本的には手紙やお歳暮やプレゼントなどの贈り物を届けるために利用するイメージが強いでしょうが、実は引越しにだって使うことができます。

利用法はとっても簡単で、荷物をダンボールにつめて、それを運んでもらうだけです。料金に関してはダンボールのサイズや重さと、ダンボールの数により決定されます。荷物の量があまりにも多いと非常にコストがかさばることになりますが、荷物の量がそれほどでもない時は、ダンボールの量をうまく調整すれば、非常に安い価格で引越し先に荷物を送ることができるのが魅力です。それに、普段からよく使う宅急便だからこそ、気軽に利用できるというのも魅力的ではないでしょうか。

デメリットとしては、あまり大きすぎる荷物だと、特別料金がかかってコストが高くなったり、最悪の場合は運送を拒否される可能性もあることです。なので、もし宅急便を利用して引越ししようと考えているならば、まず荷物の量やサイズをしっかりとピックアップして、宅配業者に相談してみて、見積りを算出してもらってから、実際に利用するかどうか決めましょう。あまり物を必要としない、単身赴任の方や一人暮らしの方には非常にオススメできる引越方法なので、場合によっては引越し業者などと並行して依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

引越しの手段3 赤帽

引越しには引越し業者がお約束ですが、実は他にも運搬する手段は存在します。そんな引越方法の一つが、赤帽を利用するパターンです。

track (4)

赤帽は運輸省認可の連合会として、全国同一システム、同一料金で運営している運輸サービスです。北海道から沖縄まで展開されており、基本的に料金が安く設定されているため、少量で近距離の荷物の運送ならば非常にお得。いわば「荷物のタクシー」とも言うべきものなのです。

そんな赤帽は、引越し先が同県内での近距離なパターンの時や、荷物の量が少ない時などには非常に有効であり、引越し業者よりコストが安くすむこともあります。ちなみに料金の算出システムには二種類あり、距離制運賃の場合と時間制運賃のどちらかを選択することになります。このように、意外と引越し業者よりも優れているメリットが存在する赤帽ですが、デメリットもまた存在します。

実は赤帽では、あまり大きな大型荷物は運べないようになっており、またあまり荷物が多すぎても一度に運ぶことができないというデメリットがあるのです。そのため、もし荷物の量が多かったりすると、場合によっては非常に手間取る可能性があります。それに、もし県外など長距離での引越しの場合は、引越し業者と比べるとコストが高くつくことが多いので、必ずしも引越し業者より優れているわけではないのが赤帽なのです。

ともあれ、場合によっては引越し業者より赤帽の方が優れている場合もあるのは確かなので、事前にしっかりとどちらがお得か調べて、良く考えてからどちらに依頼するか選択するようにしましょう。

引越しの手段4 引越し専門業者を利用する場合

123doing (51)

引越しをする上で引越し業者は外すことができない存在です。でも、そんな時に思わず考えてしまうのが、引越し業者を利用したらどのくらいの費用がかかるのか、などといったデメリットです。そしてそれを考えだしてしまうと、ついつい自分たちだけで引越し作業をやった方が良いんじゃないかと悩んでしまうのもよくあることです。

引越し専門業者を利用する場合における、メリットやデメリットについて紹介したいと思います。

引越し業者に頼る場合の最大のメリットは、やはり何と言っても労力です。引越しは基本的に力仕事であり、テレビや冷蔵庫などの電化製品や、大型家具などを動かす必要があるため、非常に労力を必要とします。引越し業者に頼めば、そんな労力をバッサリとカットして、楽に引越しすることができます。それに、引越し業者は引越しのプロなので、電化製品や家具などを変に扱って傷つけたり故障させることなく、安全に運んでくれるのも立派なメリットと言えます。荷物の積み下ろしために階段を登り降りしたりするのは本当に疲れることですし、よっぽどうまくやらなければどこかに荷物をぶつけてしまうので、そういった心配をしなくて良いのはありがたいことです。

もし仮に荷物が故障したり紛失したりしても、しっかりと責任をとって補償してくれますし、自分で引越しするよりも安全面においても非常に優れていると言えるのです。デメリットとしては、引越し業者に依頼するためには、どうしても依頼料が必要ということがあげられます。引越し業者もまたビジネスである以上は、お金を必要とするのは当然のことです。ともあれ、引越しにはお金がかかるものですし、できればコストは削減したいと考えるのが人情。その点から、できる限り安上がりにしたいと考える人も多いのだと思います。

ともあれ、メリットを考えると、やはり引越し業者に頼ったほうが何かと便利です。どうしてもコストが気になるようなら、安い引越し業者を探してみると良いでしょう。引越し業者にも様々な種類のものあがりますので、探せば安い業者も必ずあります。見積りしてもらうだけなら無料な業者も多いので、是非とも探してみてください。

引越しの手段5 JR貨物(鉄道貨物輸送)の場合

jr

トラックなどで、よく大きいコンテナを積んで走っていることがありますよね?JR貨物を利用した貨物輸送は、あのコンテナに積荷を収納して遠くに運ぶという引越方法です。通常、引越しにはトラックを使うというイメージがあるため、鉄道を使った荷物の輸送というのは物珍しく感じることかと思います。でも、意外とこれが狙い目で、使いようによっては引越し費用が安くおさまることもあるので、固定観念にとらわれることなく利用したいところですね。

JR貨物を使った引越方法のメリット・デメリットについて説明したいと思います。

JR貨物の引越しのメリットは、何と言っても時間の正確性です。日本の電車は世界で一番時間に正確と言われていますが、その性質はこの手法を用いた場合でも生きてきます。そのため、JR貨物を使えば、荷物の輸送に関しては予定通り進めることができるので、スケジュールの調整がしやすいのです。また、JR貨物は遠距離に輸送する場合は輸送費が割引されることがあるので、遠くに荷物を運ぶことにも適しています。それと、直接的なメリットではありませんが、トラックを使用しないために環境的に考えてクリーンな引越し方法であるというのも利点といえば利点です。

 

ただし、デメリットとして、時間に正確な反面、時間に対して融通が効かないという点や、貨物列車の状況によっては引越し当日に荷物がつかない場合もあるなどの不便性も指摘されています。それに、JR貨物はどこにでも荷物を運べるわけではなく、JR貨物を取り扱っている特定の駅でしか利用できなくなっているのも問題で、もし近くに取り扱い駅がない場合は、最寄りの駅から引越し先まで配送するのに余計なコストがかかってしまうこともありえるので注意が必要です。

引越しの手段6 飛行機(航空便)の場合

 

2rdye飛行機(航空便)を使った引越しについて説明したいと思います。引越しといえば、トラックを用いて荷物を運ぶのが一般的なイメージです。そのため、飛行機を使って荷物を運ぶなんてイマイチ想像しにくいかもしれません。それに、飛行機を使って荷物を運ぶなんて、コスト的にも高くなりそうで避けたいと思うのも仕方ないことだと思います。でも、実際のところ、飛行機で荷物を輸送してもらっても、意外と料金的には高くなかったりします。

少なくとも、あまり巨額の請求をされるわけではないので、もし興味があれば試してみるのも良いかと思います。そもそも、最近では飛行機を使った荷物の輸送が一般的になりつつ有ることを知っていますか?飛行機というものは上が客室で、下は荷物部という構造になっており、荷物を運ぶのに意外と便利な作りなのです。だから近年、運送業者が飛行機などの航空便を利用しているケースも多くなってきています。

また、野菜など、私達にとって馴染みの深い生活用品や必要品が飛行機で運搬されているのもよくあることであり、つまりそれだけ信用と信頼ができる輸送方法なのです。そのため、個人による飛行機を使った荷物の運送の依頼も少しずつ増加しているのが現状であり、今後はもしかしたら引越し=トラックのイメージが、引越し=飛行機のイメージになる可能性もありますね。料金の算出システムが非常に細かいのもある意味では魅力であり、航空会社に問いただして見積りをしてもらえば、驚くほど正確に料金が割り出せるので、安い引越方法を探しているのであれば、試しに見積りをしてもらうのも良いのではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 同県内の高速を使って車で1時間程度の市に自分たちで引っ越しをして身にしみてわかったこと。

  • 神奈川県からマレーシアへ初めての海外引越しで疲労困憊

  • 意外にも陥るのが「引越しブルー」。そんな辛い状態を乗り切る解消法とは!?

  • 自力か専門業者か?の2択だけではない!引越しの荷物量によって使い分けたい引越しの方法のいろいろ

  • 荷物が多く大型家財があると告げたのに作業員がたった1人しかも軽トラでやって来た!~引越し繁忙シーズンにありがちなトラブル

  • 「まだ使えるかもしれない」と物を捨てられないタイプの彼女と同棲していた頃の引っ越しのエピソード