1. TOP
  2. 1万円で引越しはできる?~私の実体験~【この方法がありました!】

1万円で引越しはできる?~私の実体験~【この方法がありました!】

私の引越し体験

私の実際の単身引越し体験をご紹介します♪

私は大学時代、大学の近くにあるアパートで一人暮らしをしていました。
卒業し就職する際、会社の近くに引越すことで通勤時間を短縮しようと考えました。

●引越し先
住んでいる1DKのアパートから15kmほど離れた、1LDKのマンションになります(6階建て、エレベーター有)

●荷物の量
一人暮らしなので、それほど多くありません^^;;
だいたい以下の通りです。
・ベッド
・タンス
・テーブル
・椅子
・テレビ
・調理器具
・服(夏物・冬物あわせてもあまり多くない)
・扇風機
・小さい本棚
・本数十冊(大学の教科書など不要な物は処分し、どうしても捨てられないものだけ持っていきます)
・洗濯機
・掃除機

こんなところでしょうか。後はこまごました雑貨などです。
足りないものがあれば引越し後に随時買い足すこととします。

●引越し日時
これが結構困りました。
繁忙期は一般に3月~4月とされています。
この時期に引越しをするとなると、料金が加算され1万円を大幅に超えてしまう可能性があるのです。
そこで、大学の全てのカリキュラムがほぼ終了する2月中旬の平日を狙って業者探しをすることにしました。
さらに割引きが適用されることも多いと聞いたので、時間は午後からorフリー(業者さんお任せ)にすることに決めました。

●引越し業者を選ぶ
業者をどうやって探すか。
この情報化時代、インターネットを利用すれば簡単に業者を見つけることができます。
現に、「引越し」という単語を検索にかけるだけで、大手から中小まで非常にたくさんの引越し業者のサイトがでてきます。
引越し業者に知り合いはいないので、これを利用しない手はありません。早速インターネットで業者を探すことにしました。

ところが引越し予定日に安い業者がどこなのか?が分からなかったのです。
そこで利用したのがコレです!

格安業者は【無料一括見積サイト】で探せる!

大手から中小まで、数えきれないくらいある引越し業者。
絞り込むには、【無料一括見積サイト】を利用するととても効果的でした。

↓↓↓無料で複数の業者から引越し見積もりが届きます!!↓↓↓
引越し侍

こちらのサイトの専用フォームに、必要事項を入力し送信すると、8社から返答が返ってきました!(1番早い業者は、送信ボタンを押した後すぐに電話が来たのでビビりました…^^;)

内訳は、大手が3社・中堅が2社・小規模3社です。
やはりといいますか、業者の規模が大きいほど値段も高かったので、大手と中堅は候補から外しました。

小規模の業者は値段は安いのですが、オプションサービスが充実していない、従業員が少なく教育が行き届いていない場合があるなど、値段以外の点で問題が発生したりしますよね。

3社のサイトを見比べ、口コミもチェックし、イマイチサービスが充実していない1社を候補から外しました(あまり評判が良くなかったことと、段ボール貸出サービスや家具家電設置に別料金がかかったりしたので><)。

これで、残り2社です。

残った2社に訪問見積もりを依頼!そして業者決定!

最後まで残った2社に対し、訪問見積もりをお願いしました!
どちらの業者も、オプションサービスも充実しており口コミ評価も良いものが多いので悩んでしまいました。
そのため、訪問見積もりで細かい荷物なんかもチェックしてもらい、正式な見積金額を出してもらってから決めることにしました。

その結果!

  • A社:10,250円
  • B社:10,500円

両方とも安いぃぃ!!この安さは小規模の業者ならではといったところでしょうか。
A社とB社、150円しか違わないですね^^;;

引越し体験

こういうとき本当に迷います。
150円をケチってA社にするか?とも考えたのですが、

B社担当営業「お客様はインターネットからお見積もりを依頼して頂いたので、インターネットプロバイダの新規契約手続きを弊社で代行させて頂くサービスをご利用できますよ」

インターネット…。
以前はプロバイダCを使っていたのですが、そろそろ別のプロバイダに乗り換えようかなと思っていたところだったのです!

というわけで、このB社に決・定っ!!

無事に、1万円代の引越しを実現することに成功しました~~~~っヾ(*ゝω・*)ノやったネ!!!

【無料一括見積】で1万円引越しを実現!

いかがでしたか?
一人暮らしの引越しであれば、1万円前後で引越しすることが十分可能であるとおわかり頂けたと思います。もちろん距離と荷物の量、そして時期と曜日にもよりますが…^^;

「値段最優先!他の条件はどうでもいい」という場合であれば、最初に書いた宅急便や赤帽でも問題ないと思います(荷物と距離次第で4桁に抑えることが十分可能です)。

ですが、大型家具設置や段ボール箱貸与等のオプションサービスを求める場合は、【無料一括見積サイト】から業者を探すと良いと思います。インターネットなので24時間受け付けていますし、星の数ほどある業者を何日もかけて調べて回る必要がなくなりますからね♪

一人暮らしを希望される方、無料一括見積サイトを上手に利用して、ぜひ1万円引越しを実現させてくださいね~!(●o≧д≦)o頑張れェェェ♪

引越し体験

単身パックで引越すのは、どう?

引越しを考えていて、一人暮らしをしている方もいらっしゃいますよね。引越し業者の一人暮らし向けのサービス以外にも単身パックというサービスがあります。

単身パックとは決まったサイズの専用BOXに荷物を積み込んで転居先に運ぶサービスです。単身パックの専用BOX1つは15.000円からが相場となっています。Sサイズの専用BOXに積める荷物の量は20インチのテレビとテレビ台、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機、布団一式、ダンボール4個、カラーボックス一個くらいです。荷物の量が多い方は専用BOXを2~3個使うことになり、結果的にはトラックの引越しより高めになってしまうこともあります。

単身パックの利用をするときは引越し業者によって専用BOXのサイズは何種類あるので、自分の荷物の量でBOXを決めたほうが良いでしょう。単身パックを利用する場合でも、数社の見積りを取るようにしましょう。単身パックでも、大型家具を運べる場合もあるので、見積りの際に確認してみてください。

引越し 一人暮らしでも荷物の量が多い方は、2tトラックを使った引越しをしたほうが良いかもしれません。2tトラックの近距離引越しの相場は40.000円~60.000円位で、長距離の相場は30.000円~60.000円位です。200Kmを超す場合は引越し業者によってかなり違いがあるので、数社から見積りを取ることが大事です。

単身パックは荷造り・荷解きは全て自分でしなければいけませんが、トラックの引越しはプランによって荷造り・荷解きをすべてしてくれます。賃貸マンションなどの引越しには敷金.礼金.家賃などいろいろな料金がかかりますよね、引越し作業にかかる料金で損をしないために、シッカリと引越し業者各社のサービス・見積りを比較して良いとことを選びましょう。

もし単身パックを利用するとしても、必ず各引越し専門業者の見積もりを取り寄せるのは忘れずに!

引越し一括見積もり

見積もりスタート

引越しで損をしたくなかったらコレを使いましょう!

一万円で、あるいは一万円台で引越しをするためには、もちろん条件が存在しますので、当ページの説明などをお読み下さいね。一般的には少しでも引越し料金を安くするためにはこのような方法を考えてみても良いと思います。
・引越し業者ではなく、「宅配便」や「宅急便」を使ってみよう。

あなたの荷物量が少なければ、なにも無理をしてアートやサカイなどの引越し業者を利用する必要はありません。

・近所への引越しであれば「赤帽」。時間制なので短時間で終わるならば、オススメです。

ただし、家具や洗濯機などの電化製品の配置などは自分で行わなければならないのは大きなデメリットでもあります。赤帽は基本、運搬業者なので、どこまで手 伝ってくれるのかは未知数。親切なオジサンかもしれないですし、無愛想なオヤジかもしれません。あなたの「運」次第です。

・距離と荷物量によりますが、一人暮らしであれば一万円代の引越し費用で済ますのは十分に可能!。先日の私の引越し経験を書きますので参考にしてください♪

一人暮らしの引越しに自力で行うという方法がありますが、やり方によっては手間がかかったり、高く付いたりします。引越しを手伝ってもらったばかりに人間関係がまずくなったりなんてこともあります。人間関係を考えることなく引越しをするには引越し業者に依頼するのが良いかと思います。しかし、引越し業者に頼むと引越し費用が高くなるのではと思いの方に、単身引越しの費用を少しでも安く(可能な限り一万円台で)するための方法を紹介してます。

単身パックで引越そうかどうか?そんな時はこちらをご覧ください

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

私の引越し体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 年々増加する海外への引越し 最適な荷物運搬法は?

  • 引越しでピアノがある場合の運搬費はどのくらい?

  • 災害に備えるための防災グッズのリスト

  • 引越し挨拶状の書き方

  • どうする?単身赴任のための引越し【準備と手続きなど】

  • ワケあり物件が分かるサイトがあれば確かに便利ですが