1. TOP
  2. 太陽電池の種類はこんなにも多いことをご存知ですか?~その仕組みと種類

太陽電池の種類はこんなにも多いことをご存知ですか?~その仕組みと種類

太陽光発電は、太陽の光を屋根などにつけた太陽電池で電気に変えるシステムのことをいいます。では、この太陽電池とはどういった仕組みになっているのでしょうか。

まず、太陽の光を吸収することで電気に変える、太陽電池モジュールで電気を作ることになります。そして、太陽電池モジュールで作られた電気は、パワーコンディショナーと接続される箱に集められます。ここで、実際に家庭で使うことのできる電気に変換されます。

次に、分電盤を通り、家庭の電気として送られることになります。太陽光発電での発電が少ない時には電力会社より電気を購入することになり、逆に多く発電でき、電気が余ってしまった時には、電力会社へ電気を売ることができます。このような流れで、太陽電池は発電され電気として利用することになります。

家庭用の太陽光発電を利用している場合には、買電メーターと売電メーターの二つのメーターを利用して、自動的に区別を行うことになります。一般家庭での電力量の消費は、平均すると年間約3,600kwnといわれています。これは定格出力3~4kwmの太陽光発電システムにより賄うことができる範囲となります。

太陽光発電の発電はお天気に左右され、日中のお天気の良い日には、発電効果は大きくなり、逆にお天気が悪い場合には発電効果は小さくなります。確かに、お天気に左右はされてしまいますが、少しでも経済的に、環境に優しく、電気を使えたらこれは嬉しいことではないでしょうか。

太陽電池の種類

家庭用太陽光発電、これからお家につけようかと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

太陽光発電は、屋根などにつけた太陽電池をつけることが必要となります。この太陽電池は、メーカーなどによって様々なタイプのものが利用されています。

単結晶シリコン型太陽電池

その中のひとつ、単結晶シリコン型太陽電池というのがあります。こちらのタイプの太陽電池は、もっとも古くから使われているタイプの太陽電池になります。

シリコン単結晶のウエハーというものを基盤として使用しています。20%前後と変換効率が最も高いタイプとはなりますが、シリコンの使用量が多いために高価になってしまいます。また、近年では多結晶や薄膜型などのタイプが主流になりつつあり、そのシェアは2007年の36%から減少してきています。こちらのタイプを使っているメーカーは、シャープ・三洋電機。

私たち購入者からすると、こういった太陽電池のタイプまでは選択基準には入ってこないとは思いますが、どのタイプの太陽電池を使っているかによって、効率や値段が変わってきます。効率が良いということは、当然使われている物も良い物が使われているため、購入時には高くなります。効率を選ぶか、それとも購入金額を選ぶかというのは私たちの選択になってくるのではないでしょうか。どんな太陽電池が使われているかなんて興味がないという方も多いとは思いますが、調べてみるとどうしてこのタイプは高いのか理解できるのではないでしょうか。

多結晶シリコン型太陽電池

環境のこと、ご家庭の経済面を考え、そろそろうちも太陽光発電を…なんて考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。太陽光発電は、環境にも優しく、経済的にも優しいエネルギーといえますから、これからの時代には必要になってくるシステムのひとつではないでしょうか。

太陽光発電に必要なのは、太陽電池。その太陽電池は、様々な種類があります。メーカーにより、その様々なタイプの太陽電池が使われていることになります。その中の一つ、多結晶シリコン型太陽電池というものがあります。こちらのタイプは、結晶系の太陽電池の一種になります。シリコン単結晶インゴットという端材などを利用し、多結晶シリコンから製造されています。単結晶型よりも、シリコンの使用が少ないため低コストになります。

しかし、変換効率は単結晶型に比べると劣ります。参入メーカーは、シャープ、京セラ、三菱電機。2009年10月、三菱電機では表面にハチの巣城の凸凹構造を形成し、変換効率を19.1%達成しています。シェアは、2007年では52%と半分以上を占めてはいますが、2014年には35%程度まで落ち込むのでは…と見られています。

このように、太陽光発電に使われる太陽電池は様々なタイプが利用されています。その利用されている物によって、値段など変わってくるということ。私たち購入者にとっては、変換効率もよく、お値段も安く、というのが理想ではありますが、なかなかそうもいかないのが現実といえるのではないでしょうか。

薄膜シリコン型太陽電池

これからの時代、何をするにも環境のことを考える必要というのがあるのではないでしょうか。家を建てようと考えている方、ぜひ家庭用太陽光発電を考えられてはいかがでしょうか。
太陽光発電とは、屋根に太陽電池を設置し、太陽の光で電気を作り出すというシステムになります。太陽光発電は、ご家庭の電気を太陽が作ってくれるため、経済的にも優しいシステム。更には、環境のも優しいエネルギーとなります。

この、太陽光発電に欠かせないのは太陽電池。太陽電池といっても様々なタイプの太陽電池があり、メーカーによって異なっています。その中の一つ、薄膜シリコン型太陽電池というのがあります。こちらのタイプの太陽電池は、シリコンの膜をガラス基板などに蒸着させ製造されています。

シリコンの使用量は、結晶型に比べると、なんと1/100程度。そのため、低コストで生産することができるのが特徴となっています。しかし、変換効率は7~10%と低め。結晶型に比べると、やはり変換効率は落ちてしまいます。しかし、微結晶型シリコンセルとアモルファスシリコンセルを組み合わせて2層構造にし、変換効率を向上させている製品も出てきています。参入メーカーは、シャープ、三洋電機、富士電機、三菱重工など。2010年3月には、シャープが稼働した薄膜太陽電池工場は、業界トップレベルとなる変換効率9~10%の薄膜型太陽電池を量産。

これからが楽しみなタイプの太陽電池といえるかもしれませんね。

化合物系太陽電池

お子さんがいらっしゃる方、環境問題について考えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。お子さんの将来を考えると、やはり将来安心して生活できる環境を…と思いますよね。それは、親としての願いではないでしょうか。そんな方は、既に家庭用太陽光発電を検討されているのではないでしょうか。

この、太陽光発電に必要なのは太陽電池。この太陽電池には、様々なタイプがあるというのはご存知でしょうか。その中でも、化合物系太陽電池というのがあります。こちらのタイプの太陽電池は、シリコンを使っていません。銅、セレン、インジウム、ガリウムなどを使うCIS系が主流となっています。その他、GaAs単結晶やCd化合物薄膜を使用しているものもありますが、RoHA指令など化合物質規制強化の動きもあるため、あまり広まってはいません。

主に、アメリカやヨーロッパで集光システムと組み合わせて使われていることが多い様。参入メーカーは、シャープ、ソーラーフロンティア、ホンダソルテックなど。2009年10月にはシャープが世界最高となる変換効率35.8%を達成しています。数年後には、宇宙用としても実用化を目指しているようなので、これからが楽しみなタイプといえるのではないでしょうか。

太陽電池なんて興味ないと思う方もいらっしゃるとは思いますが、太陽光発電にはこの太陽電池が欠かせません。この太陽電池のタイプによって、購入価格や変換効率なども異なってくるので、太陽電池が何を使っているかというのは大切なポイントになってきますよ。

色素増感型太陽電池

これから家を建てようという方、家庭用太陽光発電を考えていらっしゃいますか。太陽光発電は、これからの環境問題にも大切なキーになってくるのではないでしょうか。環境だけではなく、経済的にも優しいエネルギーとなりますので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

この太陽光発電というのは、屋根に設置した太陽電池を利用し、太陽により電気を作りだすというシステム。そして、太陽光発電に欠かせないのは太陽電池というものなります。この太陽電池、実はたくさんのタイプがあります。その中に、色素増感型太陽電池というものがあります。こちらのタイプは、光を吸収し電子を放出する特徴をもつという色素を利用した太陽電池になります。利用できる光の波長領域が広いことや、製造コストが低いというメリットがあります。

また、色や形状などにおいて自由度が高いといえます。色も、シアン、マゼンタ、黄色の3原色を使い様々な色を作ることができ、オリジナルの色が可能となります。更に、形状も好きな形にすることができるため、とにかくデザインにこだわるという方にはもってつけのタイプといえるのではないでしょうか。参入メーカーは、アイシン精機、グンゼ・大日本印刷、シャープ、フジクラなど。こちらの返還効率は5~10%前後となっています。

変換効率を選ぶか、デザインを選ぶかは、それぞれだと思います。ご自分に合ったタイプの太陽光発電を選ぶというのも、楽しいのではないでしょうか。これで、環境にも良いことができれば嬉しいですよね。

有機薄膜型太陽電池

今は、様々なところで環境について問題になっています。みなさんも、少しでも環境に優しいものを…と考えて普段生活されているのではないでしょうか。

では、家庭用太陽光発電は考えたことがありますか。今は、CMでも見かけるようになりましたよね。太陽光発電とは、屋根などに太陽電池をつけ、太陽のエネルギーを電気にするというシステム。当然、環境にも優しいですが、ご家庭の経済にも優しいエネルギーとなります。その太陽光発電に欠かせないのは、太陽電池になります。この太陽電池、実は様々な種類があります。

その中の一つ、有機薄膜型太陽電池というタイプがあります。こちらのタイプは、導電性ポリマーやフラーレンなどの有機半導体を用いている太陽電池となります。軽量、柔軟性に富むという特徴から、今は様々な商品へ期待が高まっています。しかし、太陽電池としては返還効率や耐久性が問題となっています。変換効率は、5%前後と低め。今後、どのように進化していくか期待したいところではあります。参入メーカーは、大日本印刷、東レ、三菱化学など。

このように、太陽電池をどのようなタイプを使っているかというのも太陽光発電を選ぶポイントとなります。変換効率で選ぶか、デザインで選ぶか、それは人それぞれ。ご自分に合ったタイプの太陽光発電を選ぶというのも、大切になってくるのではないでしょうか。ぜひ、色々なタイプを検討してご自分に合った太陽光発電見つけてみてはいかがでしょうか。

量子ドット型太陽電池

これから家を購入しようと考えている方、家庭用太陽光発電は考えてはいらっしゃいますか。これからの時代、やはり環境問題は需要。環境にも優しく、経済的なエネルギーとして家庭用太陽光発電をぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。太陽光発電には、太陽電池が必要となります。実は、この太陽電池というのは様々な種類があります。それぞれの太陽電池には特徴があります。その太陽電池によっても、購入金額が異なってくることになります。

様々ある太陽電池の中に、量子ドット型太陽電池というものがあります。その量子ドット型太陽電池は、10㎜程度の微小の半導体の粒子の中に電子が入っています。太陽光を効率的に電気に変換させる仕組みになります。理論上の最大変換効率は、60%にもなるとも言われています。これは、すごい高い変換効率ではないでしょうか。参入メーカーは、シャープ。変換効率を考えると、とても期待できるタイプと言えるのではないでしょうか。

現在は、シャープと東京大学が共同で研究を進めており、2020年ごろには実用化されるのでは…といわれています。今はまだ、変換効率60%とまではいってはいませんが、これからに期待したいですね。

このように、太陽光発電は太陽電池によって、変換効率や金額などが変わってきます。出来ることなら、太陽光発電を購入する際にも優しい金額であってくれたら嬉しいですよね。これから、もっと変換効率は上がり、金額は下がることに期待したいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 集合住宅についてのエトセトラ

  • 引越しの際にエアコンはどうする?

  • 電気の自給自足を考える~代替エネルギー、新エネルギー、再生可能エネルギーとは?

  • インターネットプロバイダの引越し手続きをしよう

  • 一人暮らしのランニング・コストは引越しで下げられる!

  • 女性が部屋を借りる時のちょっと怖い話を