1. TOP
  2. 引越屋バンバン 札幌の人なら誰でも知っている地元でお馴染みの引越し業者?

引越屋バンバン 札幌の人なら誰でも知っている地元でお馴染みの引越し業者?

札幌に住んでいると1月や2月に引越屋バンバンのチラシが郵便受けなどに入ってくることが多いですよね。年間では何度もチラシが(しつこいくらい)入ってくるので札幌の人ならなんとなく名前を知っているという、ある意味かなり知名度が高い?地元の引越し業者という感じの引越し屋バンバン。

で、どんな感じなのかネットで口コミを調べてみたのですが、よく分かりませんでした。あと引越し屋バンバンは一括見積比較サービスなどには参加はしていないようですね。

私はこれまでも大手業者を利用してきたのですが、それは信用力とか保証とかを考えると多少なら高くても良いのかな?という判断もあったからなのですが、チラシをみてコチラから電話をするのって・・・私はちょっとイヤですかね?。。

面倒でも複数社の見積もりを取って料金とサービスを比べてみる作業は引越し料金で損をしないためには必須だと思います。 以前は電話帳を見て引越業者1社1社に電話をするという、かなり大変な作業でしたが、現在は一度に複数社(10社程度)の見積もりを簡単にネットで取り寄せるサービスがありますので、これを利用するのがオススメです。

チラシが入ってくる引越し会社ってどうなんでしょうか?
引越し見積もり一括取得サービスに参加している業者であれば地元の中小業者でもかなり安心感があると思います。その理由は見積もり比較サービスで口コミや業者満足度ランキングなどを集計していて絶えず業者が評価の目に晒されているからなのですね。

こちらから引越し会社に電話をする時に肝に銘じておきたいのは、提示された金額が高いか安いかあなたが判断できるかどうかです。目安的な金額も知らないでというのは、言うなればカモのようなものかも。。引越し料金とは相場とも言われるように引越し予定日の各引越し業者の料金には驚くほど差があることも多いのです。まずはどのくらいが目安となるのか、複数の引越し見積もりを取り寄せて料金を比べてみるのが失敗しないコツとなります。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越しのk-move 京都での引越しならおまかせの引越し業者です

  • 引越屋本舗は札幌市内に本拠を置き市外・北海道内の引越し事業を営んでいる業者です

  • ハロー引越センター 関東圏で「小さなお引越しコース」を得意とする引越し業者

  • 引越のワショーは埼玉県を得意にしている地域系の引越し業者です

  • 愛知引越センターは東海地区で一番を目指している引越し専門業者です

  • ティーエスシー引越センターは愛知、岐阜、三重、静岡の東海地区がメインの業者