1. TOP
  2. 特集
  3. 車について
  4. 車の名義変更について
  5. 名義変更のトラブルが起こるケース
  6. オークションでの売買

オークションでの売買

近年、どこの家庭もパソコンが普及し、インターネットも常備しているというところも多くなっています。それに伴い、ネット通販で購入したり、ネットオークションで売買する人も増えてきています。その中には車の売買もネットオークションで行うという人もいるのです。

az2

中古車販売店や中古車買取業者に買い取ってもらうと、当然中間マージンが発生しますから、思うような高い金額にはなりません。そのため中間業者が入らない個人売買がいいですが、そうそう車を購入してくれる知り合いがいるとも限りません。

ですがネットオークションに出品すれば、全国各地の人は閲覧しますから、思ったより高い金額で購入してくれる人もいるのです。

そのため、車を売るにはもっとも高い費用を手にいれられるかもしれません。

ですが、その反面、とても危険です。たとえ自分が思っていた金額よりも高い値がついても、自分が売った車に不具合がなくて、相手がしっかりお金を支払ってくれたとしても、名義変更までしっかり行ってくれるとは限りません。

もしかすると、相手によって名義変更をしなければいけないことすら気が付いていないケースもあります。

ネットオークションの強みは、全国どこからでも購入してもらえるということですが、あまりに離れていれば連絡しようにもできません。名義変更をしてくださいといっても、なしのつぶてだったり、車を譲渡したらぷっつり連絡が途絶えるということもあります。連絡が取れなくなると、もうどうしようもなくなります。

また、相手が見えないのですから、どんな人落札したのかも知るすべがありません。そのため名義変更をせず身元を隠し、犯罪にその車を使われるということも考えられるのです。

ネットオークションに出品する場合には、これでもかというくらい慎重にやり取りをして、名義変更の手続きをしてもらえるようにすることです。

愛車をオークションにかけるメリット・デメリット

中古車の販売方法のひとつとしてオークションにかけるという方法があります。

大手の中古車販売業者が運営する中古車オークションや、ヤフーオークションなどの個人売買オークションとにわかれます。中古車を専門店に買取してもらう場合、中古車販売店は買い取った中古車を販売することで利益を得るため、販売価格と買取価格に差が生じます。買取価格は実際に販売する価格よりも低くなってしまうのです。

しかし、オークションに出店することで、中古車販売店で売られている市場価格よりも安く売ったとしても査定額よりも多くの利益が出ることが多ので、売却側にとっては非常にメリットとなります。また、オークションで中古車を購入する購入者側としても、市場に出回っているものと同等の中古車をうまくいけば安く購入できるため、双方にメリットのある取引だと言えます。

しかし、個人売買には様々なリスクが伴うのも事実で、ハイリスク・ハイリターンな取引だと言えるでしょう。

中古車を落札者のものまで運送する費用はどちらが持つのかや、商談成立後に中古車の故障などのトラブルが生じた場合の保障など、非常に大きな問題点やリスクを個人で背負わなくてはならない負担が大きいのも事実です。

オークションでの売買は、うまくいけば双方に大きなメリットがありますが、個人売買ならではの曖昧さや信頼性のなさ、保障面での不安などが常につきまとってくる問題がありますので、そこらへんの点を十分に考慮した上で、取引に臨む必要があります。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 事故の慰謝料

  • 知り合いへの譲渡

  • 中古車店への売買