1. TOP
  2. 特集
  3. 車について
  4. 車の名義変更について
  5. 名義変更とともにおこなうべき事
  6. 所有権の解除

所有権の解除

自動車を購入する場合、多くの人が金融機関から融資を受けて費用を支払い、毎月決められた金額をローンとして支払うようにしています。もちろん、購入したのですから、その車の持ち主は自分、と思いがちですが、ローンで契約をした場合、その車の所有権はローン会社のもので、自分はその車の使用者という位置づけになります。そのため、勝手にその車を売却することもできません。ローンが残っている場合、通常は所有権を自分のものにすることはできません。所有権を自分のものにするためには、まずローンを完済しなければいけないのです。

car (3)
自動車ローンを支払い終われば、その所有権は自分のものになるのですが、場合によってはローンが支払い終わったのに所有権はローン会社のままになっている場合があります。そんな時には所有権解除という手続きをおこなわなければいけません。この所有権解除をおこなわなければ名義変更をおこなうことはできません。

所有権解除するためには、まず車検証の所有者の欄に記載されているローン会社に連絡を入れます。そして、「車の所有権解除をおこないたいので必要書類を送ってください」と伝えます。ローンが完済していれば、おそらく数日のうちに必要書類(譲渡証明書、委任状、印鑑証明など)が送られてきます。所有権解除は名義変更をおこなう運輸支局や陸運局で名義変更と同時におこなうことができますから、自分の必要書類も準備しておくといいでしょう。もちろん、車をすぐに譲渡する場合には、その場で譲渡する人との名義変更手続きも行えますので、その必要書類も準備しておくといいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 車庫証明をとる

  • 自賠責の権利譲渡手続き