1. TOP
  2. 引越しの際にエアコンはどうする?

引越しの際にエアコンはどうする?

住まいと暮らし   1,223 Views

引越を機にエアコンを買い換える人がいる一方で、まだエアコンが使えるから引越先でも使いたいという人もいます。そこで気になるのが、「エアコンを運ぶ際に手続きは必要か」ということだと思います。実際、手続きは必要なのでしょうか?

エアコンを運ぶ際に、手続きは必要になってきます。エアコンの取り外しや取り付けは業者にやってもらわないと出来ませんから、移設のための手続きをします。基本的には、専門の業者に移設を頼みますが、引越業者のサービスの一環として、エアコンの移設工事を取り扱っている場合もあります。両者が行う移設工事に違いはそれほどないのですが、移設にかかる費用が多少異なってきます。

専門業者の場合は2万円くらい相場となっている一方で、引越業者の場合は、1万円から1万5000円くらいが相場となっています。こう見ると、引越業者の方が安いように思われますが、追加料金が発生する可能性が大いにあるので注意が必要です。エアコンのパイプの掃除など作業がいろいろありますから、追加料金がそれに比例して発生してくるのです。

しかし、それでも専門業者に頼むのが面倒なので、引越業者に移設を頼みたいということであれば、追加料金なしのエアコン移設工事をしてくれるところが良いでしょう。ちなみに、上記の相場での金額で全てのエアコンを取り付けてもらえるわけではなく、1台に付き相場の値段となってしまうこともあるので、エアコンの台数が多い家庭は、余裕を持って費用を用意しておいた方が良いです。

古いエアコンを処分する時に

引越しの際には古くなったエアコンを処分してしまおうというケースもあるかと思います。

エアコン工事業者は大抵の場合古いエアコンの引き取りも行なっています。現在はリサイクル法で規定のリサイクル料が必要となりますので、エアコンを処分する際には代金を払う必要があります。

a11

古いエアコンで能力が落ちている場合は処分しても良いですが、まだまだ使えるエアコンの場合は処分よりも誰かに譲る方がリサイクル料を払わなくて良いので安く済みます。友人や知り合いに譲渡するのも一つの方法です。ただし、使えないようなエアコンを譲渡すると工事費を負担してるのに使えない場合があるので注意しましょう。

また、リサイクル業者がエアコンや家電製品を専門に回収している場合があります。この場合はリサイクル量を払わなくても回収してくれる場合がありますので、利用してみるのもお勧めです。リサイクルショップ等で買い取りをしてくれる場合もありますので問い合わせてみても良いでしょう。リサイクルショップでは特定の条件を満たす物しか扱っていない場合が多くなります。家電製品はPSEマークが無いと扱っていない事がありますので一度確認してみる事をお勧めします。

リサイクル料を払わない処分方法が利用出来ない場合には、諦めてリサイクル料を払って処分しましょう。間違っても違法な投棄等しないようにしましょう。自治体によっては不法投棄には厳しい罰則がある場合もあります。数千円を惜しんで数十万円請求されても馬鹿らしいので法律に従いましょう。

引越しの際にエアコンのクリーニングを頼む

エアコンクリーニングは、その業者によって作業内容が異なる場合もあります。もちろん業者の中には、ちょっとしか作業をおこなわず高額な費用を請求してくるところもあります。

hikkoshi (2)

ですが、そのような悪徳業者ではなくても、最初から簡易なエアコンクリーニングしか行わず、そのためにリーズナブルな料金体制にしている業者もあります。そんな結果になって、『ちゃんと分解してクリーニングしてくれよ』といったところで「ウチではこういう方法でおこなっています」といわれればどうすることもできません。ましてや『詐欺だ』と訴えたところで、その業者の作業方針ですから勝てる見込みはないでしょう。エアコンクリーニングは基本的に分解しておこなうといい、といいますが、それはあくまで理想のことであり規則で決まっているわけではありません。その業者の考え方、作業方法によっては分解しなくても十分というところもあるのです。

そういったトラブルを避けるためには、エアコンクリーニングを依頼する前にその業者の作業内容をチェックしてみましょう。一番いいのは実際に作業している現場を見ることです。もし近所でエアコン 汚れのクリーニングをおこなうという人がいれば、見させてもらうのもいでしょう。ですが、なかなかそういうわけにもいかない場合が多いです。そんな時には、各業者のホームページなどをチェックしてみるといいかも知れません。業者によっては作業方法を明確に記載しているところもありますし、なかには写真付きで載せているところもあります。それを見ればよくわかるでしょう。

エアコン設置で手抜き工事をされないために

「エアコンの設置は、エアコン設置業者に依頼しよう」と考えている方も多いと思います。そんな方の中には、「手抜き工事をされたら、どうしよう」と不安に思っている方もいると思います。手抜き工事をされてしまった場合には、せっかく高価なエアコンを購入しても、根詰まりを起こしてしまったり、寿命を縮めてしまうことになりますから、これは出来るだけ避けたいですよね。しかし、そもそも手抜き業者は、どうしてこういった手抜き工事を行ってしまうのでしょうか。利用者にとっては、不思議に思いますよね。

では、なぜ手抜き工事を行っているのか、ご紹介しましょう。エアコンを設置した後には、今は20分程度の時間がかかってしまう、真空引きエアパージという作業が必要となります。私たちにとっては、この20分という手間は、「それほど、手間のかかる時間ではないのでは?」と思いますよね。しかし、業者によっては少しでも作業を増やそうと、この手間を省きたがります。特に、夏場などはエアコン設置をする方が増えてきますから、繁忙期こそ「少しでも、数をこなしたいから」という理由で手抜き工事をすることが多くなります。20分程度の手間を惜しまれて、高いエアコンを長く使えなくなってしまうと、これは私たちにとっては、かなりの痛手ですよね。

こうしてみてみると、手抜き工事をしている業者ばかりに非がある様に思いますが、過酷な価格競争をしている販売店などの影響もあるといえるでしょう。新品エアコン取り付けの際には気をつけましょうね。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マンションの最上階は暑い!?猛暑対策はこのように

  • 引越しで気をつけたい家電製品。場合によってはリサイクルも有効な手段です

  • 賃貸マンションで気になること

  • 女性が部屋を借りる時のちょっと怖い話を

  • 京都の幽霊マンションのお話

  • 賃貸マンション・アパートの部屋探しに必須のこと・まとめ