1. TOP
  2. 不用品を売るにはどのように?~引っ越し荷物を軽減させて引越しを安く済ませるために~

不用品を売るにはどのように?~引っ越し荷物を軽減させて引越しを安く済ませるために~

引越で荷造りをしていると、不要品がたくさん出てきます。それらを整理しゴミとして捨てるのは簡単ですが、物によっては捨てるのにお金がかかることもあります。

そうなると、出費がかさみますよね。せっかくなら不要品を捨てるのではなく売って引越費用にしてみませんか?

不要品を売却する方法は、「ネットオークション」「リサイクルショップ」「フリーマーケット」などいくつかあります。

ネットオークションは家にいながらできますし、物によっては高く売れるというメリットがありますが、その一方で売れない可能性もあるというデメリットもあります。

なので、事前にネットで調べて高く売れる見込みのあるものはネットオークションに出すようにしましょう。

リサイクルショップの利点としては、すぐに売ることができる点やまとめ売りをすることができる点、家まで引き取りに来てくれるサービスがある点などが挙げられます。

しかし、安値で買い叩かれてしまうことが多いというデメリットもあります。リサイクルショップは、すぐにお金を手に入れたい人向けと言ったところでしょうか。

フリーマーケットは、気軽さが売りですが、それ以外はあまり目立ったメリットはありません。

逆に、日付を合わせなければならない点や出品に費用がかかる場合がある点などデメリットが多いので、フリマを楽しみたい人以外にはおススメしません。

堅実かつスピーディーにお金を得るのであれば、リサイクルショップを利用する方法が良いと思いますが、好みは人それぞれなので、自分に合った方法で不要品の整理および売却をしましょう。

本、CD、DVD、ゲーム

不用品が本やCD、DVD、ゲームなどの場合は比較的簡単に売ることができます。

近くの買取り業者に持ち込む方法もありますし、量が多い場合は出張買取りに来てもらうこともできます。

リサイクルショップに買取ってもらう方法もありますが、こちらはほとんど買値が付かないこともあります。

商品によっては専門の買取り業者が存在しますので、そちらに依頼する方が高値で売ることができます。インターネットを利用して依頼したり、査定してもらったりできるのでとても便利です。

時間的に余裕があればネットオークションに出品するのも良い方法です。自分要らないと思っているものでも欲しがる人は意外といるものです。しかし、売れるまでに時間がかかる場合もあり、すぐにお金に替えたいと思っている人には向かないかもしれません。

引越し経験のある人であればご存知だと思いますが、本(マンガ本も含む)はとても嵩張ります。重いんですね。なので段ボールいっぱいに詰めるとエライことになってしまうんです。重くて移動させるのが大変だったり、私の場合は新居に運びこむ際に段ボールの底が抜けて本がバサッと落ちてしまったことがありました。本って無いように思えて、けっこうあるものなのですよね。

それに手放し辛い本もたくさんあるので、ついついそのまま引越しをしてしまうのですが、、、やはり思い切って処分するのが良いのではないかと思います。その良い機会とも考えることもできますよね。それによってにも持つが少なくなるし、引越し作業の苦労も軽減されるし、何よりも新居がスッキリとして暮らしやすくなるのですから。引越し前にはブックオフなどの買い取りに思い切って出すことをオススメします。

ブランドもの、靴、貴金属類、絵画

ブランド物の服やバッグ、靴、貴金属類、絵画などは質屋さんに買取ってもらうという方法もあります。質屋さんならすぐに査定をして買取ってくれるので時間があまり無い人には向いています。しかし、ブランド物以外は買取りの対象とはなりませんので、何でもかんでも売れると言うわけではありませんので注意してください。

家具・家電

家電はまだしも、家具に関してはアンティークや高級家具でもない限り買取業者に頼んでも二束三文どころか処分料を取られる場合があるようです。

家具・家電リサイクルショップの出張買取を利用してみた・・・その驚きの結果とは!

粗大ごみの処分 リサイクル法など

引越しを行うために荷造りを進めていくと、以外に今までの生活の中で使用することのなかったものが発見されることが多いものです。そのために引越しの際には、思った以上に多くのごみが発生するものとなります。通常のごみであれば、日常において発生するごみと同じ様に処分することが可能ですが、引越しならではの大きなごみが出てしまった場合にはそれにあった処分の方法が必要になります。

一般規格化されたごみの容器に収まりきらないなどの理由で、一般のごみとして処分できないごみは、粗大ごみとして特別な処理が必要になります。どの程度の大きさのものを粗大ごみとするかの定義は、その地域などによって多少の誤差はあるものの30cm四方以上の大きさのごみというのが一般的な認識となっています。

粗大ごみの収集は自治体によってつきに1回から2回ほど行われているものであるのと同時に有料となるために、役所の窓口などで、回収日と回収にかかる料金と支払方法などを調べておく必要があります。

粗大ごみの処分方法として最も多いものは、コンビニやスーパーなどで販売されている粗大ごみ処理件というものを処理するべき粗大ごみへと張り、所定の日に回収してもらうという方法がとられるものとなっています。

そのほかにも家電を処分するという機会もあるものではないでしょうか。家電を処分する際には家電リサイクル法のもとで料金が発生することになります。家電の処理を行うためには、その商品を購入した店舗か、各地小村の窓口へと処分を依頼することが必要なものとなります。

そのために必ずしも家電などはまだ使えるものを処分するよりもリサイクルショップへ売却するなどの手段も有効なものと考えられています。

引越しの時の不用品回収業者

引越し準備をしていると必ず不用品が出てきます。普通ゴミで出だせないようなものの場合、処分に困ることになります。

また、比較的高価なものである場合、捨ててしまうのはもったいないと思うでしょう。引越しにはお金が掛りますので、それらを売ることができれば引越し費用の足しにもなるので一石二鳥となります。

引越しの時に必要になってくるのが、不用品回収の事です。不用品の回収って、結構地味に困るポイントになってくるものではないでしょうか?

粗大ごみなど、不用品を捨てる際には、お金がかかります。それは、処分を依頼するからです。粗大ごみなど、大きなゴミの処分は、それだけ大変な手間がかかりますので、料金が課せられてしまいます。ベッドやパソコン、スーツケースやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などが挙げられます。

このような大きなゴミを、お金を支払って引き取ってもらうというのも、何だかばかばかしく感じる事ってありませんか?そのように感じる人のために、現代では、不用品回収などの業者も出てきています。料金を比較してみて下さい。

とても格安な回収業者も出てきていますし、リサイクルなど、再利用を目的とした回収業者もありますので、エコ活動への協力にもなるのです。このように考えますと、何だか気分も変わるのではないでしょうか?

自分では処分しきれないような不用品がたくさんある時などは、是非このような不用品回収の業者を手配してみて下さい。即日対応してくれるようなところもありますし、とにかく格安を売りにしているような業者もありますので、比較してみて下さい。今では色々な回収業者が格安でサービスしています。スッキリ処分あるいは回収をしてもらい、綺麗な状態で新居にうつっていって下さい。

不用品回収業者も、無料でお見積もりを出す事ができますので、とても便利になってきています。このようなサービスを利用してみるといいです。不用品がリサイクルされたらとっても嬉しいですよね。特にマンションなどに新しく住む時には生活のリフレッシュにもなりますし環境にもいいのです。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 神奈川県からマレーシアへ初めての海外引越しで疲労困憊

  • 引っ越しは良くも悪くも人生の一大事、苦い経験をふまえて慎重に

  • いらない家具があるのだけれど・・・引越しの「こんな時どうする?」

  • 初めての引っ越し手伝いで学んだこと~多少価格が高くてもプロに任せるのが正解か~

  • 引越しが決まったら、まず行うことは?<引越しの準備>

  • 面倒だからと適当にメダカの睡蓮鉢を梱包したら大変なことになった引越し