1. TOP
  2. 一人暮らしに必要なアイテムをどこでどうやって揃える?~家具・家電・収納・寝具など~

一人暮らしに必要なアイテムをどこでどうやって揃える?~家具・家電・収納・寝具など~

住まいと暮らし   532 Views
一人暮らし

ここでは、一人暮らしのお引越しに関する知識の中から、一人暮らしを快適に過ごすための必須アイテムといえるもののそろえ方について紹介しています。基本的には、一人暮らしに必要となるアイテムは、皆さん自身でそろえる必要があります。必須アイテムとしては、寝具・家具・家電台所用品・調理道具・食器類などが挙げられます。これ以外にも、消耗品などが必要になるかと思いますが、これは新居近くのスーパーなどの安価で販売している店舗を探すのがよいでしょう。

さて、必須アイテムとしてあげた数点を探す際には、いくつものお店に足を運ぶ必要が出てくるかと思います。もちろん、ウィンドウショッピングが好きな方で、時間に余裕のある方であれば、いろんなお店に足を運んで、じっくりと吟味するのも良いでしょう。ただ、時間に余裕の無い方で、必須アイテムを選ぶために時間を割いていられないような方であれば、いくつものお店に足を運んでいる余裕もないかと思います。そんな方には、前述している必須アイテムは、以下のような方法で揃えることで、効果的に進められるかと思います。

まず、寝具と家具ですが、これはニトリ・ニッセン・無印良品などの、寝具と家具の両方を扱っている大型チェーン展開しているところを利用すると良いでしょう。理由としては、在庫のそろいが多いことやインターネットを利用した購入方法が提供されているという点にあります。時間が無い中でも、すばやく目的の物の中から良質のものを選ぶことが出来ると思いますので、利用してみる価値は高いかと思います。

家電製品に関しては、ソフマップやビックカメラなどがお勧めです。寝具・家具同様にインターネットでの販売をしていることや、新生活を応援するキャンペーンがインターネットショッピングサイトからの利用で適用されるなどの、時間に余裕がない方をサポートする規格が多数行われているという点から、利用価値が高いと思われますので、是非利用してみましょう。

このように、近年では当たり前になったインターネットショッピングを利用することで、時間の少ない方であっても、営業時間を気にすることなくゆっくりと商品を検索し、申し込みすることが出来るようになっていますので、是非インターネットショッピングを利用して、皆さんにとってピッタリのアイテムを探して頂ければと思います。

一人暮らしの家電の選び方について

ここでは、引越しを終えた後に一人暮らしの生活を支えていく家具の中から、家電を選ぶ際のポイントについて紹介しています。初めて一人暮らしをする方にとっては、何もかもが新鮮な事柄が多いかと思います。そんな中で炊事・洗濯・掃除などの様々な家事を自分で行っていくことになりますので、家事の効率を上げるためには家電選びが非常に重要になります。しっかりと選んでおいたほうがよいと思われる家電としては、洗濯機・冷蔵庫・掃除機・炊飯器と、寒い地域に住まれている方であれば暖房器具が重要なものとして挙げられます。

まず洗濯機と冷蔵庫・暖房器具や、そのほかにもテレビなどの特定の場所に配置して基本的に動かさないような家電を選ぶ際のポイントについてですが、言うまでも無いと思いますが配置する場所とサイズが選択する際には重要なポイントとなります。

特に冷蔵庫や洗濯機を置く場所と言うのは賃貸物件の場合は固定されている場合が大半で、防音や地震対策などの目的の為に配置できる場所が柱などで囲われているために、設置できるサイズに制限があることが多いかと思います。

そのため、何も調べずに購入してしまうと、サイズが合わずに使えないケースなどもあるそうなので、必ず新居に予め行き、メジャー等でスペースのサイズを確認したうえで洗濯しましょう。サイズ以外の話で言えば、冷蔵庫について気にすべき容量があり、一人暮らしの場合は概ね350リットルもあれば自分で料理をする方であっても事足りると言われていますので、自分で料理するかどうかと言う点を踏まえて用量を決めると良いでしょう。

掃除機についてはアパート・マンションなどに住む際には騒音問題を気にしておく必要があります。あまりに古いタイプの掃除機は排気音が非常に大きく、近隣住民とトラブルになることもあるそうなので選択の際には少しだけ気にしておいたほうが良いでしょう。

炊飯器については、最低でも2合、出来れば3合炊き出来るものがよいといわれています。炊飯器は炊くときに多く電気を使い、保温にはあまり電気を使わないと言う傾向がありますので、朝・晩は食事を取るという方であれば、朝に3合炊くことで、帰宅後に楽が出来ることや、炊飯器の種類によっては炊く回数を1回にして保温を利用するほうが電気代を節約できると言うものも多数ありますので、節約・利便性の二点を考えて、炊飯器を選んで頂ければと思います。

買う際に適当に選んでしまったことによって、一人暮らしの生活が大変になったり、困ってしまったりと言うこともありえるかと思いますので、ここでの紹介を参考にしっかりとした家電選びを目指して頂ければと思います。

一人暮らしの部屋のテーブルと椅子選び

新生活をはじめる段階においては、テーブルを購入するかどうかと言うのは非常に悩ましいことかと思います。テーブルには折りたたみできるものと、出来ないものがあり、テーブルを常時使うかどうかと言う点や、お部屋にテーブルを日常的においておくことが出来るスペースがあるかどうかによっても選び方が変わってくるかと思います。

テーブルを選ぶ際にはテーブルの用途によって大きさや、折りたたみの可否の機能面を考慮する必要があり、例えばテーブルの用途が食事をするためにテーブルを利用すると言っても、友人や家族と鍋料理などを楽しみたいと考えているのに、折りたたみ式の小さなテーブルを購入しても用を成せないかと思います。逆に、友人や家族との食事は、自宅以外でしかしないというような考えの方であれば、狭いテーブルでも充分に事足りるかと思います。

それ以外にも、テーブルのサイズを選ぶポイントとしては、自宅でパソコンなどを用いたお仕事をするかどうかと言うポイントです。安くて簡素な構造のテーブルは、ガタガタとゆれやすいものがあり、お仕事をするには余り向いていないものがあります。そういった面も考慮したうえでテーブル選びは行ったほうが、普段の生活に対する不満を感じずに済むかと思います。食事をするスペースとなるテーブル選びは、家具選びの中でもかなり重要なポイントになるはずですので、焦らずに機能性やデザイン面なども含めて、しっかりと吟味した上で選びましょう!

フローリングであればソファの購入を選択肢に

最近ではお部屋の大半がフローリングになっている場合が多いかと思います。お部屋全体を埋めるほどのカーペットを購入すると数万円してしまう場合が多いので、ソファを購入することを検討してみてはどうでしょうか。

ソファを選ぶ際のポイントですが、ソファに寝そべることを考えると、ある程度の大きさが必要になってきます。しかしながら、そこまで大きなソファを購入してしまうと、お部屋全体が窮屈になってしまうことも考えられます。

ソファは、一人暮らしかどうかを問わず、家具としては必須アイテムではありません。お部屋の広さなどから検討すべきです。

ソファを購入しようと考えた場合ですが、お部屋を窮屈にせずに、寝そべることが出来るくらいの大きさのあるソファを選びたいですよね。

足置きが収納できるタイプのソファがありますので、部屋が十分な広さでない場合には、そのような一部が収納可能なものが便利です。

なお、ソファや冷蔵庫などの大型の家具を選ぶ際には、家具のサイズと搬入可能な入り口の大きさも注意してください。ソファなどの長さのあるものは、搬入できないような場合も有り、せっかく購入したのに家に入らなかったというようなケースもあるそうですので、玄関から入れて設置場所まで運べるのかと言う点も気にしておくべきでしょう。

一人暮らしの部屋でとても重要な収納家具について

ここでは、一人暮らしの生活を支える様々な家具の中から、収納家具の選び方について紹介しています。

収納家具といえば、備え付けのクローゼットがあれば事足りる場合が多いのですが、押入れしかない場合もありますし、押入れも無い場合があるかと思います。一人暮らしにおける収納家具について言えば、「必須」というわけではなく、新居に収納家具を置けるスペースが無ければ、クリアケースなどを数個かって収納家具として代用すると言うのも一つの手段となるかと思います。

さて、収納家具を購入すると言う場合についてですが、クローゼットがある場合とない場合とでは、目的が異なってくるかと思います。クローゼットつきのお部屋に住む場合であれば、丈の長い洋服類はクローゼットにかければよいかと思いますので、購入する収納家具は、あまり高さの無いものが適しているとされています。地震などが起きた際に高さのある収納家具は危険な存在にもなってしまいますし、お部屋を広く見せるためのコツとして出来るだけ空間を広くする意味合いでも、高さがないほうがよいといえるでしょう。

反対に、クローゼットが無いお部屋に付く場合では、収納家具そのものにクローゼット機能が必要になってくるかと思います。とはいっても、前述しているとおり余りに高さのある収納家具を購入してしまうと危険な状況になってしまいますので、自分の背丈と同じ程度の高さのものであれば、コートなどをかける場合にでも充分な高さとなりますので、高さの目安として理解して置いて頂ければと思います。

このように、収納家具自体は、一人暮らしを始めるにあたって、必ずしも必要になるものではないと言うことを理解したうえで、それでも必要な場合にはスペースや高さなども考慮して選ぶことが重要だと認識しておきましょう。

一人暮らしを支える収納術

ここでは、一人暮らしの生活を支える家具の中から、このサイトで個別に取り上げた家具以外のその他の家具の必要性などについて紹介しています。家電や寝具、ソファ、テーブル・椅子などについては個別に説明して頂いたとおりのポイントが重要となってきますが、そのほかの家具にも選ぶ際のポイントがあります。

例えば食事をする際に使用する食器を収納しておく食器棚や、調理道具を収納するための台所の棚などです。これらに関しては、選び方のポイントとしては基本的にはサイズが、設置場所に収まるサイズかどうかという点になるかと思います。そもそも、最近の物件には食器収納用の棚などが備え付けられていることが多いようで、食器に強いこだわりが無い限りは食器棚や調理道具のための収納家具は不要と言うのが一般的な意見のようです。

それよりも、かなりお部屋が汚くなってしまいがちな本・雑誌などを収納するための家具の方が重要と言う意見が多いようで、これらに対しては最近収納術としてテレビなどでも紹介されているクリアケースによる収納が、安価で出来る狭いお部屋を最大限に活用するためのコツとされているので、クリアケースを置くためのスペースがあるようであれば、クリアケースを購入して様々な収納術を用いてお部屋の隅々までを有効活用するほうがよいかと思います。

尚、クリアケースの変わりにダンボールを代用する考えもあるようですが、ダンボールの場合湿度の問題でカビが生えやすいことや、酷いときには虫が沸いてしまう事もあるそうなので、収納用とであればクリアケースを購入しておいたほうがよいかと思います。クリアケースについては一押しの一人暮らしアイテムになるかと思いますので、是非アレンジしてインテリアとしても活用して頂ければと思います。

ベッドまたは布団の選び方

一人暮らしに適したベッドのサイズはシングル・セミダブル程度が適していると言われていますが、もちろんこれは好みがありますので、寝やすい物を選ぶべきかと思います。

もちろんベッドを置くスペースを考慮する必要はありますので、予め新居のベッドを置くスペースなどはメジャーで測っておきましょう。

ベッドのサイズが決まった後は、シーツを選ぶのですが、これも事前に決めているベッドのサイズにさえ合えば、種類などは好みに合わせて選んで頂ければ問題ないかと思います。寝具選びを始めてすると言う方に注意しておいていただきたいこととしては、寝ている間には多量の汗を発します。そのため吸湿性に富んでいるシーツを選ぶことが重要であり、なるべく防菌効果が施されているようなものが望ましいとされていますので、選ぶ際にはデザインだけではなく性能面も確認しておくべきでしょう。

その他、枕や布団などについても、アレルギー体質などを考慮した材質を選んだほうがよいなどの注意点はありますが、基本的には皆さんにとって「寝やすいもの」という点さえ重視すればよろしいでしょう。

余談ですが、枕は質の良い睡眠をとるためには非常に重要な要素とされており、最近ではオーダーメイドの枕なども販売されています。皆さんの体のラインにあった枕を利用することで、質の良い睡眠をとることが出来るようになるそうなので、肩こりなどで悩んでいる方は枕にこだわった選び方をするとよいかもしれませんね。是非参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

一人暮らし

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 災害に備えるための防災グッズのリスト

  • マンションの最上階は暑い!?猛暑対策はこのように

  • 集合住宅についてのエトセトラ

  • 賃貸マンション・アパートの部屋探しに必須のこと・まとめ

  • 引越しで気をつけたい家電製品。場合によってはリサイクルも有効な手段です

  • 自宅でソーラー発電。太陽光発電システムを導入する際の費用の目安は?