1. TOP
  2. 特集
  3. 車について
  4. 車の名義変更について
  5. 名義変更の方法

名義変更の方法

車の名義変更を行う場合、新しい所有者になる人の住所を管轄している運輸支局や陸運局にいって申請をおこなわなければいけません。そのため、まずは運輸支局や陸運局に向かいます。ですが、手ぶらで行ってはいけませんから、その車に乗って必要書類を持参して向かいます。その前に必要書類には事前に市役所などで印鑑証明、警察署で自動車保管場所証明書(車庫証明)を入手しておかなければいけません。そして、もし旧所有者が一緒に運輸支局や陸運局にいけないという場合には、旧所有者の実印が押してある譲渡証明書、印鑑証明書、委任状も必要となりますので、事前に連絡をして入手しておかなければいけません。

016
それらのすべての書類がそろったなら、いよいよ運輸支局・陸運局に向かいます。そこで、手数料納付所がありますから、それに必要事項を記入し、500円の印紙を貼ります。また、そこで申請書を購入(100円程度)し、それに必要事項を記入します。また、自動車税・自動車取得税申告書にも記入します。もし、ナンバープレートの変更が必要な場合は、ナンバープレート2枚(前後)を取り外し、返納窓口にナンバープレートを返納し、手数料納付書に返納確認印を押してもらいます。それでとりあえずの書類は揃います。それを窓口に提出します。これで終わりではありません。書類に不備がないか確認してもらいますから、それが済めば新しい自分名義の車検証が出来あがります。

実はそれで終わりではありません。ナンバープレートを返納した人は、新しいナンバープレートを購入しなければいけません。そして取り付けが終われば、そのナンバーを封印してもらい、それですべての手続きが終了となります。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新所有者の必要書類

  • 旧所有者の必要書類

  • 名義変更の期間

  • 車の名義変更について

  • 名義変更にかかる費用