1. TOP
  2. 特集
  3. これで失敗しない!単身での引っ越しに最適な方法がわかる【ケース別引越し方法のまとめ】

これで失敗しない!単身での引っ越しに最適な方法がわかる【ケース別引越し方法のまとめ】

特集   2,526 Views
一括見積もり比較

単身者の場合はどんな引越しをすればベストなのか

進学や就職はたまた転勤などで、単身の引越しを考えている方にはどのような引越しがベストなのでしょう?

単身の引越しの場合、一般的には荷物が少ない方がほとんどのようです。多くの引越し業者が単身者向けの引越しプランを設けています。家族向けと比べると料金が安く設定されているのが特徴です。

しかし、引越し業者を頼むより安く引越したいと思っている方は荷物運搬用の車を借りるという手があります。レンタカー料金は地域やレンタカー会社によって差がありますが、例えばワンボックスバン1tを6時間~12時間借りて5.000円~8.000円ほどで、2tトラックでもほぼ同額です。

作業員は自分プラス家族や友人とすれば非常に安く引越しが出来ます。友人に引越しを手伝ってもらった場合はお礼としてプレゼントや食事をおごるのが常識となっています。プレゼントや食事の金額はあなた次第です。あまりケチると後で評価が下がってしまうかもしれません。

友人へのお礼をアレコレ考えるより、ビジネスと割り切っている引越し業者に頼むほうが良いこともあります。引越しの際、専門の引越し業者でも荷物の破損をしてしまうことがあり、まして素人の手伝いだと破損の確率が高くなるのは目に見えています。せっかく自分のために時間や労力を使ってくれている友人にクレームはつけづらいですよね。でも、業者はビジネスなので問題が起きた時ハッキリとクレームをつけれます。

場合によって破損したものは弁償してもらえます。いろいろな事を考えると単身でも引越し業者に頼むのがオススメです。

最近、注目されているのが新居で指定のインターネット回線を申し込むと引越し料金が『0円』になるというのがあります。

それは日本通運とドリーム・トレイン・インターネットが提携している引越しプランです。

指定のインターネット回線を申し込み、契約すると最大3万円キャッシュバックするという仕組みなので、荷物の量によっては『0円』にならないこともあります。

利用できるのも全国という訳ではないようです。新しい引越プランの一つとして検討してみても良いかもしれません。

一人暮らしで近距離(市内、県内)の引越しの場合

単身でのの引越しの場合、引越し料金を大きく左右するものは

  • 荷物量
  • 引越しの距離

の2つになります。

荷物が少ない場合

友人や知人の手伝いがあるのならばトラックだけを借りて、その他はすべてを自分たちで行うのが料金自体は最安となります。ですが、友人にお手伝いをして貰ったわけですから、少なくともそれなりのお礼というものは必要ですよね。なので結果的には費用が一番少ないのかは?微妙なのかもしれません。

一番のオススメは赤帽を利用する手段ではないかと思います。荷物が少なく・そして近距離の場合には安く済ませるには最善の手段ではないでしょうか。ただし、赤帽はドライバー兼作業者が一人となりますので梱包はもちろん搬出・搬入に関しても黙って観ているというわけには行きませんので軽い筋肉痛になる程度の作業は必要ではないかと思います。

荷物が多い場合

一人暮らし・単身で荷物が2トントラックに収まるのであれば上戸彩のキャラクターで有名な日通のワンルームパックが利用できます。ただし料金的には必ずしも安くはなく、また土曜日と日曜日には休日料金となります。テレビCMでお馴染みのニッキュッパという金額は平日の料金ですので注意してください。合わせて日本全国の街でサービスが提供されているわけではありませんので地方にお住まいの方は利用できないこともありますので、ここも確認が必要です。

日通のワンルームパックは作業員が2名来ます。大きなもの(家具など)は梱包をしてくれますので、基本的には自分がする作業はその他の大きくない荷物を前日までに梱包をしておくということになります。

一人暮らしで長距離(県外)の引越しの場合

荷物が少ない場合

各引越し業者の単身パックがオススメです。料金的にもかなり安いです。気をつけたいのは単身パックの専用ボックスに収まる荷物量というのは、ほぼ初めての一人暮らしのする方のサイズです。引越しをしてからその先で家具やベッドなどを買い揃えるという人向けと考えましょう。

荷物が多い場合

長距離で荷物が多い場合には引越し業者のサービスを利用するのが一般的です。
大都市中心部から大都市中心部への引越しの場合には、日通の単身パックXというサービスがあります。この単身パックXは貨物列車の2トンコンテナを利用するというものです。料金的には安いのですが、問題はサービス提供地域がかなり限られていることになります。札幌、仙台、広島、福岡クラスの大都市間での引越しに力を発揮しますが、その大都市の中でもちょっと中心部を外れるとサービス対象外となってしまうのが現状のようですので、確認が必要になります。

一人暮らしの引越しも見積もり比較で安くなる!

単身ボックス1基に収まるような少ない荷物量の一人暮らしの場合なら大手引越会社の単身パックで良いかと思いますが、それに収まらない場合なら見積もり比較をしてみましょう。
私の経験ですが長距離引越しの際に10万円の差があったことがあるんです。こんなに業者によって違うのかと驚いたものです。

利用は無料!損をしたくないならば必ず引越し見積り一括サービスを利用しましょう!

荷物が少ない一人暮らしの引越し費用であっても、単身だからと舐めてかかると大変なことになりますよ!

単身引越しで損をしたくない!安い業者を見つけるにはどうすれば良い?

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

一括見積もり比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 単身一人暮らし世帯の引越し向けのプラン・サービスのまとめ

  • いらない家具があるのだけれど・・・引越しの「こんな時どうする?」

  • 意外にも陥るのが「引越しブルー」。そんな辛い状態を乗り切る解消法とは!?

  • 階段で躓きタンスの下敷きに・・・家族で自力引っ越しした時の苦い思い出

  • 単身引越しで損をしたくない!安い業者を見つけるにはどうすれば良い?

  • 長期出張中のアイロンがけはタ~イヘン!だから「衣類スチーマー」で解決!