1. TOP
  2. 引越し料金と費用の相場
  3. 関東と関西間の引越し
  4. 東京と神戸の引越し費用はだいたいこのくらいです

東京と神戸の引越し費用はだいたいこのくらいです

大都市神戸と首都東京間の引越し料金を調べました。だいたいこのくらいの費用が掛かるようです。これは目処と考えてくださいね。

東京から神戸、神戸から東京に引越しが決まっているけど引越しの荷物運搬をどうしようかと考えていませんか。

だいたいの方は引越しは引越し業者か運送業者に依頼すると思いますが、トラックを借りて運ぼうと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。タンスなどの大きな荷物がない場合は自分での荷物運搬は可能ですよね。レンタルトラックは大きさによって違いますが24時間借りて6,000円~25,000円ほどです。

では、引越し業者に依頼すると料金はどうなるのでしょうか。
荷物が多い、少ないなどで引越し料金は変わってきますが、、、

  • 単身者では50.000円~100.000円ほど
  • 大人二人では100.000円~200.000円ほど
  • 3~4人家族なら150.000円~250.000円ほど

一般的な目安費用としてはこのようになっています。

東京⇔神戸市間の引っ越し経験談が参考に!

東京都世田谷から神戸市の一戸建てへ 引っ越し費用は13万円

2015年3月末の平日に、東京都世田谷の1Kから兵庫県神戸市にある一軒家(4LDK)に引っ越しました。荷物も多かったので、赤帽などではなく格安の業者を引っ越し侍から検索かけて探し、北海道に本社をおく引っ越しのプロロというところに頼みました。

繁忙期でしたが、利用料金は13万円弱。安くしてもらう代わりに荷物の到着日は指定できないというものでした。私たち世帯だけでなく、神戸に向かう途中に搬入作業(引っ越しをする別の人)があれば混載するためです。だから料金も安いのですが、ちょっと嫌な思い出が残る業者でした。

最初に担当してくれた人は、電話口でもスムーズに対応してくれてかなりいい印象だったのですが、あとから別の担当者が電話をかけてきた際に妙に足もとを見るような対応をしてきて、主人がクレームを申し立てると引き下がるという悪態ぶりでした。荷物が到着して梱包をとくと、割れ物が何枚も割れていたり、壊れ物が入っているから気を付けろと書いた段ボールもベコベコ。

梱包をがっちりやっていたし、段ボールにも赤字であらゆる方向から注意書きを書きましたがちゃんと見て作業しているのかどうか怪しいです。安いからいいというわけではないことを学びました。

一括見積もりを利用しないで引越すと大損をしてしまいますよ!

東京⇔神戸市間の引っ越しで損をしないためには見積もり比較です!

引越しが多くなる時期(3~4月)は上記の目安料金の1.5~2倍になることもあります。できればこの時期を避けたほうが良いのでしょうが、そうとも行かないこともありますよね。そんなときは人気薄の平日や仏滅を選んだり、時間を指定しないだけでも安くなります。

荷物の運搬料が多い時は上記の料金より更に高くなることがあります。エアコンの取り外しや特殊な運搬作業が必要なピアノなどがあるときも追加料金となります。ダンボールに詰めると思ったより荷物があるものです。できるだけ不必要なものを処分して荷物の量を減らしましょう。荷物が多いと作業員やトラックが大きいものになって料金が高くなるということです。

これらのことはあくまで参考程度のことなので、ご自分の引越し料金を知るには見積りを取ることが肝心です。

見積りはインターネットの一括見積りを利用すると複数社から簡単にとれます。

後は見積もり料金を見比べて安くやってくれる業者を選べばOKです!

これだけで数万円以上、相場よりも安い業者さんを探すことが出来ますよ!

利用は無料! 既に2,500万件を超える紹介実績で安心!

引越し一括見積もりは本当に便利でお得でした【引越し業者の料金に3倍もの差があった経験!】

さらに万全を期すなら訪問見積もりを受けて値引き交渉をしてみてください。「ほかの会社は◯◯◯円だった」と言ってみましょう。さらに数万円くらいは安くなるはずです。

東京⇔神戸市間の引越し 簡単な入力で見積りが最大10社から届きます!>>Click!!

引越しにはコツがあります!

単身ならまだしも家族での引越しとなると高額の費用が必要となります。その費用を少しでも節約できるよう、引越し費用の基礎知識を身に付けておきましょう。

引越しの料金は荷物の量や引越し先までの距離よって変動します。そこに節約するポイントがあります。引越し先までの距離を短くする事はできませんが、荷物の量を少なくする事は案外簡単にできます。荷物の量が少なくなれば、料金のランクを下げる事ができます。引越しは不要品を処分するチャンスでもありますので、引越しをきっかけに荷物の縮小を行ってみましょう。また、不要品の処分方法にもポイントがあります。不要品が出た場合は、ゴミとして処分するのでは無くリサイクル店へ売却するようにしましょう。品物によっては高値になる場合もありますし、得た金額を引越し費用に回る事もできます。一気に不要品が処分できますので活用すると良いでしょう。

引越しの時期にも引越し費用の基礎知識が隠れています。一般的には3月、4月が引越しの繁盛期です。その時期の料金は通常時よりも割増になっている事があります。費用を安くしたい場合は、その時期以外に引越しを行うようにしましょう。引越しの申込み方法にもポイントがあります。申込みを行う場合は、インターネットから行うようにしましょう。インターネットから申し込む事で料金が割引きになる事があります。もっとも便利なのは比較ができるサービスですので積極的に利用をしましょう。また、無料で生活に役立つ品物が貰える事もあります。引越し費用の基礎知識を身に付け、低料金で引越しを済ませてみましょう。

引越しの保険について覚えておきましょう

引越しを行う際は頼んだ引越し業者が、いわゆる運送業者貨物賠償責任保険と言われる引越しの保険に加入しているはずです。この保険は引越し業者が加入する保険で引越しをする本人は掛け金を払う必要はありません。通常はこの掛け金部分も見積もりの際の引越し費用の中に加味されていると考えてよいと思います。

保険の内容は引越し中の荷物の搬送中や積み込み、荷卸などの際に荷物にトラブルが起こった時に補償が降りる保険となります。引越しを頼むほうからすると入っていてくれると安心感がある保険ですが、小さな引越し業者だと加入していない可能性もありますので予め確認をしておくようにするべきです。しかしながら、この保険は現金やそれに類するもの、貴金属や骨董品などの高額商品は保障の対象外となっています。これらのものは基本的には引越し主自身で持参して引越しをするべきだと思いますが、それでもやむおえないときは、別途、引越し主自身が損害保険に入っておくべきだといえます。細かいことになりますが、事が高額商品となってくると大きなトラブルになる原因になることも考えられます。

損害保険も保障される物や金額によって色々なプランがありますので予めしっかりと確認して契約しておくことが大切です。もっと念を入れるのであれば、引越し業者に加入している保険でどんなものが保障の対象になっているのか、どんなときに保障の対象になるのかなどを細かく確認して不足部分を引越し主自身でカバーできるような保険に入るという選択肢も十分に考えられます。

引っ越し見積もりの比較がネット上で完結!業者からの電話やメールが来ない一括見積もりサービスが登場!

東京と神戸といえば関東と関西の大都市同士の引越しをなりますよね。日本の都市間の引越しの中でもかなり多い区間なんじゃないかと思います。
神戸は神奈川県の横浜と同様に文明開化の最先端の街というイメージがあります。ですが文化的には東京や横浜とどの程度違うのでしょうか?。
新天地へ赴くために、あるいは東京や神戸の大学へ進学するために引っ越す人たちの中にはまったく文化圏が違って戸惑う人も多いのではないかと思います。

私事ですが、身内のものが神戸へ出張に行った時に、宿泊先のホテルがわからずウロウロしていたら地元のオジサンが親切に教えてくれたそうです。「凄く親切なので驚いた」と後日、話していましたが、日本中どこでも親切な人が多いのが日本人の良い所ですよね。知らない土地で暮らすのは最初はとても大変かもしれませんが、すぐに溶け込めるのではないでしょうか。

当サイトでご紹介している引越し費用を安くする手段を参考に、上手な引越しをして新しい生活のスタートを切ることをお祈り申し上げます。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 東京~大阪の引越しで安い価格の業者を探すにはこのようにします!

  • 東京⇔京都間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 神奈川-大阪間の引越しで他よりも数万円は安い業者を簡単に見つけるにはこの方法です!

  • 東京⇔兵庫県間の引越し料金をもっと安く済ますには?このようにします!

  • 東京と和歌山県間の引っ越し料金はこのくらい掛かりますがモット安く済ますことができますよ!

  • 引越し《東京-奈良》では費用はいくら掛かる?もっと安く済ます方法はコレ!