1. TOP
  2. 引越し料金と費用の相場
  3. 関東と関西間の引越し
  4. 東京⇔京都間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

東京⇔京都間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

引越し料金は何に左右されて決められるのか。それを知らないと東京と京都の間で引越しをしようと思っても引越し料金の目処さえたちません。

東京と京都を直線ではなく、道路をつたって走ると約400~500 kmの距離があります。どの経路を行くか、そしてもっと具体的に出発地と到着地を絞り込んでいくと多少の差異はあるでしょうが、目安としてこの距離で考えてみます。

引っ越し見積もりの比較がネット上で完結!業者からの電話やメールが来ない一括見積もりサービスが登場!

東京-京都間の引越し料金の目安はどのくらい?

さて、引越し料金を決定付けるのにいつ引越しを実行するのかというのも非常に重要で、引越業者が稼ぎ時となるのは3月から4月の頭。

ここで400~500kmの距離の引越しを例えばワンルームに住んでいるような人が行う場合、4万円から高くても8万円くらいです。

これは3月や4月以外でもさほど変わらないのですが、統計では実は3月や4月の方がそれ以外の月よりも安いというデータも業者によってはあるようです。

東京都内で引越す場合は逆で3月から4月にかけて高くなるようなので、単身で東京から京都へ引越すには敢えて3月や4月を選んだ方がいいのかもしれません。あくまでもひとつのデータとして捉えて欲しいのですが、ワンルームに住むような人はお金もあまりないと思うので嬉しいデータでもあります。

この3月や4月よりもそれ以外の月の方が引越し料金も高くなる傾向は何も単身者に限ったことではなく、3人家族程度までは当てはまるようです。

業者によって考え方は異なりますが、恐らくたくさん依頼が来るので引越し料金を下げても稼ぐことができるのでしょう。

参考までに書いておきますが、東京-京都間を4人家族で引越す場合は150,000~、オプションを多用すると300,000円オーバーも軽くあり得ますので気を付けましょう。

東京⇔京都の引越しでコストパフォーマンスの良い引越し業者選びは?

東京⇔京都間の引越しを予定しているのなら、お得な業者を選ぶためのポイントを一気に解説していきますので参考にしてください。
一つ目のポイントは、電話対応や見積りの時の営業マンの態度です。
サービスが行き届いている業者は自然と営業マンも礼儀正しいことが多いので、営業マンの態度は会社の良し悪しを見分ける良い起点になります。
それに、営業マンや電話対応が優れている相手だと、自然と引越しの打ち合わせや作業もスムーズに進むことになるので、何らかのトラブルがあっても迅速に対応してもらえる可能性が高いのです。

二つ目のポイントは、固有サービスの有無です。
見積りや電話の時には、できることなら、その業者でしかやっていないサービスがないかどうか確認してみることをオススメします。
優れた引越し業者は何らかの自信を持ってアピールできる固有のサービスを持っているものなので、これもまた優劣を決める上では重要な点となりえます。
それと、念の為に別途料金がかかったりしないか、しっかりとトラブルが発生しないように事前に確認しておくのも優れた業者を見つける上では有効です。

三番目のポイントは、見積りの価格です。
料金が安いのに越したことはありませんので、サービス内容が同程度で見積り価格が安いということは、つまりそれだけ顧客にとって優れた業者と言えるのは道理といえましょう。
それに、見積りの価格がわかれば、引越し業者同士で具体的に比較することもできるので、より良い悪いを見極めやすくなります。

優良引越し業者を見つけるなら、基本的には以上の3点に気をつけるのが有効です。
また、できることならネットのクチコミなどで業者の情報を調べてみたりするのもありです。

いずれにせよ、引越し業者を選ぶなら、適当に選んで適当に契約することなく、ちゃんと事前に準備を整えて、契約の内容をじっくりと確認してから、依頼に踏み切ることが大切です。その為には上記3つのポイントを基本としてトータルとしてのコストパフォーマンスで引越し業者を選ぶのが賢い選択となるでしょう。

とにかく引越し見積もり一括サービスで業者の費用を比べてみるのが一番です!

タダで利用できますよ♪

引っ越し見積もりの比較がネット上で完結!業者からの電話やメールが来ない一括見積もりサービスが登場!

引越し業者を決める際の確認事項

引越し業者を決める際には、一括比較見積もりサイトを利用して、数社に絞り、訪問見積もりを受けて、最終的に条件がよく安い引越し業者を探すことがベストな対応です。どうしても料金ばかりに気をとられてしまいますが、補償についてもしっかり把握する必要があります。

紛失や破損があった場合に、補償がなければ泣き寝入りことになってしまいます。大手の引越し業者であれば、補償は充実している場合が多く、中小の引越し業者に依頼する際には、しっかり条件を確認する必要があります。

まず知っておかなければならないのは、「標準引越運送約款」です。この約款は引越しをする方と引越し業者のトラブルを避けるために制定されており、基本的には、引越し業者はこの約款に従う必要があります。しかし、一部の業者は、独自の約款を定めているケースもありますので(当然約款が認可されていることが条件ですが・・)標準引越運送約款ではなく、独自の約款をしっかり把握することが必要です。

標準引越運送約款には、「見積もりについて」「荷物について」「キャンセル料について」「荷物の引き受け、引渡し」「荷物の破損や紛失の損害賠償請求について」などが定められています。必ず上記の項目については確認するようにしましょう。標準引越運送約款や補償などは、見積書の裏面などに記載されていることが多いので、見積もりを入手した場合は必ず確認するようにしましょう。

引っ越し見積もり書の取り方とチェックポイントを知りましょう

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 神奈川-大阪間の引越しで他よりも数万円は安い業者を簡単に見つけるにはこの方法です!

  • 東京~大阪の引越しで安い価格の業者を探すにはこのようにします!