1. TOP
  2. 引越し料金と費用の相場
  3. 関東と中部間の引越し
  4. 東京⇔新潟の引越しで安い価格の業者はココ!

東京⇔新潟の引越しで安い価格の業者はココ!

東京―新潟間を引越す際、なんといっても気になるのは料金です。
具体的には、どのくらいかかるものなのでしょうか?

引越し料金の算定には、移動距離が関わってきます。
そのため、引越し先が決まれば、ある程度料金を予想しやすくなります。
というわけでまずは、東京-新潟県のトラックの走行距離を知っておきましょう。

東京都23区日本橋⇔新潟市     337km
東京都23区新宿⇔上越市      298km
東京都23区池袋⇔長岡市      263km
東京都23区渋谷⇔柏崎市      295km
八王子市⇔村上市          372km
武蔵野市吉祥寺⇔佐渡市      394km
府中市⇔魚沼市          239km

そこそこ距離がありますね。特に武蔵野市吉祥寺⇔佐渡市は400km近くとなり、その上佐渡市は離島ですから、かなりの大移動になることでしょう。

まずは東京-新潟県間の引越し料金目安を知りましょう!

引越し料金は、距離が遠ければ遠いほど料金があがります。
その上、引越す人数や荷物の量、引越し時期(繁忙期か否かなど)によって更に変わってくるのです。

東京⇔新潟間のような遠距離ですと、さすがにある程度の値段は覚悟した方が良いでしょう。具体的には、単身引越しで3万~6万、二人で5万~10万、三人以上で12万~20万くらいといったところでしょうか。幅がありますが、具体的な移動距離や荷物の量・大きさ、引越し先の立地条件(何階なのか、エレベータはあるのか等)によってこの料金はいくらでも変わってきます。

実はこの引越し料金、
1円でも2円でも値下げすることは十分可能です。

そのような業者を、今の時代はインターネットで簡単に探すことができます。方法はカンタン!
【【 無 料 一 括 見 積 も り サ イ ト 】】を利用すれば良いのです!!!

引越し一括見積もりは本当に便利でお得でした【引越し業者の料金に3倍もの差があった経験!】

ネット環境が充実してくると様々な便利なサービスが登場しています。

その中の1つに「見積もり一括サービス」というものがあります。生命保険や自動車保険、あるいはエアコン工事や車の買い取りなどなど、見積もり一括サービスを利用された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その中の1つのジャンルに「引っ越し見積もり一括サービス」があります。引っ越しは相場料金とも言われることがあるように実は定価が存在しないもの。決まった価格ではないのです。これは何を意味するのかというと、引っ越しの予定日にどこが安くやってくれるのか?ということが私たちには分かりようがないということなのです。

今、分かりようがない、と書きましたが、たった1つ方法があります。それは予定日の見積もりを比べてみることです。10年ほど前には、これを実現するには大変な労力を必要としたものです。なぜなら1社ごとに電話を使って聞いて回らなければならなかったからです。ですが、それを部屋にいながらにして費用を見比べることを可能としてくれたのがこの「引っ越し見積もり一括サービス」なのです。利用は無料ですから使わない手はないのです!。

【無料見積もりサイト】の利用で、東京―新潟間の引越し料金を少しでも抑えよう!

【【 無料一括 見積もりサイト 】】には、以下の特徴があります。

サイトの利用は無料!!勿論、面倒な利用登録も必要なし!!
★必要事項を入力し送信することで、5~10社から一度に見積もりが届く!
★24時間365日、土日祝問わずいつでも受付!!
★引越し料金、最大50%OFFになる可能性有!!

と、メリットだらけです!!
サイトに登録しているのは信頼できる業者ばかりですから、安心して利用できます。
一番金額の安い業者がどこなのかカンタンにわかりますし、これは利用しなければ損ですよ☆

最短1分!一番安い引越し探しはこちらから→→→

一括見積もりを利用しないで引越すと大損をしてしまいますよ!

お引越しをされる場合には、引越し侍のサービスをご利用いただくとよろしいです。愛知県の会社がサービスを提供していますが、どの業者に引越しをお願いしたらよいのか迷っている方々にとって、とても便利なサービスです。愛知県では、ラジオなどで宣伝がされており、ある程度有名ですが、引越しの品質が良く、より安い業者を探すための、一括見積もりサービスを提供しているインターネットのサイトです。

インターネットに慣れていない人でも、簡単な登録作業をするのみで、多くの引越し業者から概算見積りを提示してもらうことができますので、安心してサービスを利用すればよろしいです。

引越しには、単身赴任の場合と、ご家族での引っ越しもございます。転勤などでは、会社から費用を全額負担してもらえますが、ご自身のご都合により引越しをする場合には、出来る限りサービス内容が充実しており、価格が安いことを利用者は期待するはずです。近くに業者があるから、とりあえずその業者に任せるという考え方もありますが、できれば、手間をかけずに安く引越しできれば良いと考える消費者は多いです。

一括見積もりサービスならば、費用とサービス内容をすぐに理解でき、どの業者にお任せすれば良いのかを判断できます。今や、あらゆる情報源を求めて、より良い業者を見つけることが最も大切なことです。

東京⇔新潟間を引越した方々の経験談も参考に!

新潟から東京へ3月に引越し

進学のため新潟から東京(23区外)へ引っ越しました。

引っ越しは3月頭に行いました。3月は引っ越しする人が多く前々から引っ越し業者を予約しておく必要がありましたが、私は直前まで予約していなかったので2月後半に色々な引っ越し業者に連絡しましたがどこもいっぱいでした。もし引っ越しを3~4月に行うのであれば1か月ほど前から予約しなければ希望の日にちに呼ぶことは難しいです。

引っ越し業者が全滅だったため少し大変でしたが、すべて郵送でおくりました。集荷してもらえば自分で運ぶ必要もありません。すぐに必要なもの以外は丁寧に梱包、大きいものは緩衝材でぐるぐる巻きにするなどし送りました。3月は宅配業者も忙しいようで集荷の時間も限られていました。宅配業者に集荷してもらう場合もなるべく早く予約をとることをお勧めします。結果的に引っ越しは1週間ほどで終わり、家具等も運ぶことができました。むしろ引っ越し業者に頼むより安くすんだように思います。

東京都北区から新潟市西区へ大学入学のために引越し

引っ越しの動機は、大学進学に際して一人暮らしを始めようと決めたことです。

世帯は一人暮らしで、住居は実家から1Kのアパートへ引っ越しました。時期は4年ほど前の2013年3月の下旬に、引っ越しました。その日は確か週末だったと思います。

東京都北区から、新潟県新潟市西区まで引っ越しました。大学進学に伴う引っ越しということで、一人暮らしに必要なものは現地(新潟)のほうでそろえようと思ったことと、大学の入試試験で後期日程で合格をしたため、引っ越し業者などにお願いをしている余裕がなかったことから、自分たちの車でアパートまで必要なものを運ぶという選択をしました。感想としては、家電などの大掛かりなものはやはり現地で買うか、地元で買って取り付けのサービスまである方が楽だと思いました。

引越し料金の見積が「無料で簡単に比較」出来ちゃうのです!

引越しは無料で全国の引越し業者から一括で見積もりを取り寄せられるサービスがとても便利です。簡単に料金とサービス内容を比較できます。

東京-新潟県間の引越しのご予定があるのなら無料の見積もりサービスを利用しましょう。全国の引越会社200社以上から一括で見積もり依頼が出来るので、とっても簡単なのです。見積もりを取り寄せて料金やサービス内容を比較して一番お得な引越会社に依頼しましょう。

引越し料金はもちろん安いことに越したことはありません。でも見積もりのサービス内容には目を通してみましょう。

表面的な料金だけをみて選んでしまうと引越しで出たゴミの処分やダンボールの費用などがオプションとなっている場合は実は他の引越し業者の方が安かった・・・というようなことがありますので十分に注意しましょう。

支出は極力抑える!そして安全に!そんな業者を探すときは【無料一括見積もりサイト】へGO!!!

不要品の処分や新しい電化製品・家具の購入など、引越しというのものは、業者以外にも様々なところにお金を支払う必要がでてきます。そのため、コストを抑えられる部分は抑えるにこしたことはありません。

【【 無料一括 見積もりサイト 】】で、
安心安全な引越しを実現し、東京もしくは新潟の新生活をハッピーに過ごせるように致しましょう^^

↓↓↓ 東京―新潟間の引越しを少しでも安くしたいなら!
無料一括見積もりサイトはこちらをClick!!! ↓↓↓

引っ越し見積もりの比較がネット上で完結!業者からの電話やメールが来ない一括見積もりサービスが登場!

東京⇔新潟県間の単身引越しの場合

東京―新潟を単身で引越す場合、料金はどのくらいになるのでしょうか。
単身引越しの相場は大体3万~6万ほどですが、もっと安くすることは十分可能です。

よくある方法として【単身パック】の利用があげられます。
決められた大きさのボックスやに全ての荷物を積みこんで運搬することで、料金を格安に抑えることができるというものです。

この単身パックのデメリットとして、業者が用意したボックスに荷物が入りきらない場合、ボックスを追加でオーダーするか、自分で車等の手段で運ぶことになります。

そうすると、料金が余分にかかるか、自分が大変な思いをすることになってしまいます。

そんな思いをしないためにも、【【 無 料 一 括 見 積 も り サ イ ト 】】を使って単身引越しの見積もりを楽に取ってみましょう♪♪

昔より楽に引越しができる!?【無料一括見積もりサイト】とはどんなもの?

インターネット上や引越し経験者の口コミ情報で、【【無料一括見積もりサイト】】の名前を聞いたことはありませんか?
仕事・プライベートを問わず、何らかの形でインターネットを利用している人の数は年々増え続けています。

それを利用して、引越しにかかる負担を少しでも軽くするために存在するのが
【【 無 料 一 括 見 積 も り サ イ ト 】】です。具体的には、

一度にたくさんの引越し業者に、見積もり料金をだしてもらうことができます。

「住所等の必要情報を入力する」という手間はかかるものの、サイトは24時間365日運営していますから、
誰でも都合の良いときに依頼することができます。
そのため、忙しい方には特にオススメなのです♪♪

一括見積もりを利用しないで引越すと大損をしてしまいますよ!

【【無料一括見積もりサイト】】を上手に利用して、ストレスフリーな単身引越しをしよう!

東京と新潟。人口や平均気温や街の雰囲気など、
環境が全く違うこの2つの自治体間を行き来するのは、
大なり小なり肉体的・精神的な負担を生じさせます。

もし「引越しで、こんなトラブルに巻き込まれた!」という悲しい結末を迎えてしまった場合、余計な時間をとられ、
結果、肉体もしくは精神的な負担を増大させてしまいます。
単身引越しの場合、一人で動く場面も多くなりますから尚更ですね。

引越し作業でストレスをためることほど、悲しいことはありません。
極力回避するためにも、【【 無 料 一 括 見 積 も り サ イ ト 】】
安くて安心確実な単身引越しをすませ、何の憂いもなく新生活をスタートできるようにしましょう(^○^)

▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▼▽

東京⇔新潟単身引越しの業者探しはこれでもう安心!

【無料一括見積もりサイト】を今すぐ使ってみよう!!

▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▽▼▼▼▽

引っ越し見積もりの比較がネット上で完結!業者からの電話やメールが来ない一括見積もりサービスが登場!

一人暮らしの時のポピュラーなサービスが単身パック

単身パックを説明すると、単身赴任・独身者といった独り暮らしの引越しに向いた引越しプランです。取扱業者多数なので、世間的にもよく知られていると思います。よくあるケースとして、5万円ほどかかる引越しをする際、単身パックならば、大体1万円台にまで費用を抑えることも夢ではないのです。

引越し単身パックですが、こちらは単独世帯向けに用意されたもので、現在は多くの業者で受け付けています。業者が用意した専用のボックス内に荷物が入れば、かなり安い値段の引越しも不可能ではないので、やってみる価値アリです!当然ながら、何が何でも利用しなくても全く問題ないのですが、頭の片隅にでも置いて頂きたいのです。

単身世帯で引越しをする際には、単身パックを頼むと、低価格な引越しができるようになります。本当に安くするための頭に入れておきたい注意点は3つあります。

  • 1つは、引越し先が遠いのか近いのか。
  • もう1つは、あまり荷物が多くないこと。
  • 最後は、「無料一括見積サイトの利用」です。

そのうち引越ししたいなあ旨思考されている方、【引越し単身パック】というサービスならば、低価格で引越しができます。

そうはいってもこの輸送手段、メリットだけではなくウィークポイントも存在します。とりわけ残念な点は、トラックが一度に積める荷物量には限られていることです。そのため、同じ単身者であっても、不要な荷物を置いていく勇気のない方は利用できません。

業者によって用意された専用輸送コンテナに入るだけ荷物を入れ、引越し先まで送り届けてもらえる手段のことを<単身パック>といいます。「宅配便」のことを思い描くと理解しやすいと思われます。費用は、レンタルするコンテナの数により増減します。その数が増えるほど、それだけ値段も上がっていきます。

荷物が少ない人の長距離引越しで利用される混載便とは

引越しのサービスプランには混載便・チャーター便というプランがありまして、これら2つのサービスは全然違うものです。

混載便は長距離引越し向けのサービスで、特定の方面へと引越す人々の荷物を、ひとまとめにしてトラック・コンテナで輸送するプランです。反対に、「チャーター便」は近距離引越し向けです。1つの世帯の荷物をトラックに載せて最初から最後まで運搬するプランのことです。

混載便は料金を安く抑えられる反面、あまり良くない点もあります。荷物の到着がいつになるかわかりにくいこと(業者にもよる)、荷物の紛失トラブルを起こす可能性があることです(いろいろな世帯の荷物が混ざるため)。混載便という手法は、色々な世帯の荷物をコンテナもしくはトラックに積んで同時に運ぶことで料金を抑えるシステムなので、同じ引越し先の荷物がある程度まとまってからでないと、運び始められないのです。

つまり、引越し会社の保管用倉庫で似た方面に引越す人達の荷物をまとめ上げ、1台のトラック・コンテナに荷物を収納して引越し先のセンターに届けるのが混載便です。

こうすれば、1人1人の引越し料金がある程度安くなります。要約すると、「せっかく近いところに引越す人がいるのだから、荷物を1つにまとめて安くすませよう!」このような感じですね。

引越し屋で使われる長距離トラックですが、毎回積荷でいっぱいというわけではありません。その実半分~3分の1ほどは場所が空いているケースも多々あるのです。この余剰空間を有効活用するため捻りだされた引越し手段、それこそが「混載便」なのです。トラックの容量を使い切るのではなく、およそ30%~50%くらいのエリアを使わせてもらう形になるため、その分料金もリーズナブルになります。

格安で遠距離引越しをしたい場合、料金もお安くなりますから費用を鑑みると混載便を選択するのも良いですね。

格安と思われがちな独身者向けのプランですが、日通のワンルームパックは土日や祝日には価格が5,000円ほど上乗せされます(そもそも東京-新潟県間のような県外引越しではワンルームパックは利用できませんが)。クロネコの単身プランはシーズン加算(最繁忙期の3月20日から)されますので注意しましょう。サカイ、アート、アリさんマークなど他の大手の単身引越し向けのプランは見積りが必要になります。

一人暮らしの引越しにかかる金額を節約したい方は、業者に見積依頼を出すより先に、荷物の整理をしておきましょう。荷物がどれくらいあるか判明しますし、適切な見積金額を引越し会社が提示しやすいのです。荷物の量は正直言って多いという程ではないでしょうし、荷物の梱包は特別苦労しないと思いますよ。

二人暮らしの引越しというのは、わかりやすい割引サービス(例:単身パック)は少ないです。なので、繁忙期は避ける、引っ越し後に家具を買う、必要ない品は処分、午後便かフリー便に申込む、無料の一括見積サイトを利用するなど、自助努力が必要になります。

ご家族の引越しを行う、特に長距離であれば、単身引越しよりは当然高くなります。ちょっとでも費用を下げたいのなら、極力荷物は少なくし、不用品は捨てる、大きめの家具や家電は引越し後に買う努力は必要になります。実施日を、平日且つ繁忙期以外に設定するといった方法も用いたいです。

東京都と新潟県の間の引越しですが、そこそこ遠距離になりますので、結構大変ですよね。
とにかく人が多く、世界有数の都市である東京と、米作りが盛んで自然豊かな雪国の新潟では、環境がかなり違います。そのため、引越し先に馴染むのには時間がかかるのではないでしょうか。
そう考えると、引越し作業はなるべく時間もお金も使わずに素早く終わらせて、馴染むための努力をしたいところです。その手助けとなるのが<無料一括見積もりサービス>です。深夜でも土日でも受け付けていますので、いつでも引越しの見積もりを数社に一括で依頼できます。一社一社Webサイトをまわったり電話をかけたりするよりは楽に見積もりができますよ。ぜひ一度試して下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 東京と石川県間の引っ越し料金をもっと安くするには!?【自分だけが損をしない方法】

  • 東京⇔名古屋市間の引越し価格@安い業者はNo.1見積もり比較で!

  • 東京~岐阜県間の引越しの費用の相場ともっと安く済ますことができる方法について

  • 東京⇔長野の引越し 安い料金の業者を探すにはコレ!

  • 東京と愛知県間の引越し料金@安い業者が見つかる見積り比較はコレ!

  • 東京⇔静岡間の引っ越し 安くする方法を知らないと高い料金を支払うことになりますよ!