1. TOP
  2. 東京-福岡間の引越しの費用を安く済ますことが出来る引っ越し業者はココです!

東京-福岡間の引越しの費用を安く済ますことが出来る引っ越し業者はココです!

単身引越し

東京と福岡の距離は、約880kmほどあります。
飛行機でなければ、移動に相当な時間がかかってしまうほどの遠距離です。

そんな距離を引越すことになったら、どうしますか?
まず新居を探すと思いますが、そのあとは引越し業者を探すことになります。
ですが…。

日本の中心・東京と九州の中心・福岡は、引越し業者の数が非常に多く、
良い業者選びに苦労することになると思います。

東京-福岡間の遠距離引越し!どうしても高額な料金がかかってしまう?

そうなると、CMをバンバン流すような大手業者を選びたくなってしまいます。
例えば、日通の『単身引越しパックX』。
いわゆるパック料金にすることでオトク感を出している引越コースです。
東京⇔福岡間ですと【81,000円】になります。

やはり高いですね~!!><
「遠距離なのでそんなものだろう」と思うかもしれませんが…。
もしこの料金が少しでも安くなるのであれば、どうしますか?

インターネットを利用しさえすれば、決して、夢物語というわけではないのです…!!
その方法をこれからお教え致しましょうっ♪♪

どのくらいかかる?東京―福岡間の料金相場!

まずは、東京⇔福岡の料金相場から見ていきましょう。
諸条件次第でいくらでも料金は変動するので、あくまで目安ですが…以下の表をご参照下さい。


単身(荷物少) 単身(荷物多) 二人(荷物少) 二人(荷物多) 三人 四人以上
40,000円
~80,000円
55,000円
~100,000円
120,000円
~165,000円
135,000円
~250,000円
200,000円
~350,000円
250,000円
~400,000円

いかがでしょうか。

引越し人数が増えれば増えるほど、料金は相当高くなりますよね..><..
特に二人以上の引越しの場合、「単身引越しパックXの81,000円」はとてもオトクなように思えてしまいます。

ですが!
即決する前にゼヒ、【無料見積もりサイト】を利用しましょう!

引越し侍

【無料見積もりサイト】はどう役に立つの?

<<無料見積もりサイト>>とは…。

【1】サイトにアクセス!
【2】入力フォームに住所や引越し人数を入力!
【3】送信ボタンをプッシュ!

以上の処理を行うと…。

最大10社から見積もり金額の連絡が来るのですっΣd(ゝ∀・)

東京―福岡間という相当な遠距離を得意とする業者さんも、
この方法であれば簡単に見つけることが出来ます。
東京も福岡も、日本が誇る巨大都市ですからね。
引越し業者を選ぶのにも一苦労です。

それを考えると、【無料見積もりサイト】を利用しない手はありません!
積極的に利用してみましょう♪♪

見積もり比較で、引越し業者を見つけてみよう!!

一括見積もりを利用しないで引越すと大損をしてしまいますよ!

●無料見積もりサイト●で遠距離引越しが得意な業者を見つけよう!

東京⇔福岡のように、おいそれと行き来することができない
土地を引越すのですから、慣れるまでは非常に大変な思いを
することになると思います。

だからこそ、引越し作業そのものには極力お金をかけず、
浮いた分を引越し先の生活費として貯めておいた方が何かと困らないのです。

そんなわけなので遠距離引越しでお悩みの際は、ぜひぜひ【【無料見積もりサイト】】を頼って見て下さいね☆

<無料見積もりサイト>でオトクに引越し!
東京もしくは福岡の新生活を充実させよう☆

引越し一括見積もりは本当に便利でお得でした【引越し業者の料金に3倍もの差があった経験!】

単身引越しパックの利用について

引越し単身パックご利用の際は、単身世帯であれば荷物も少ないので、それだけ安く引越しすることができます。

単身パック

今使っている服や本、布団、家具家電などをまとめて届けてくれますし、引越し先が引越し前と近ければ、大体1万~2万ほどで受け付ける業者もいます。「単身パック」なるものがありますが、単身赴任・独身者といった一人で引越す方にお勧めのプランの一種です。取扱業者多数なので、既にご存じの方も多いのではないでしょうか。普通は5万円ほどかかる引越しをする際、単身パックを使えば約1万から2万くらいにまで代金が安くなることも十分にできます。

ひとり暮らしを始めるなら!

一人暮らし
1人暮らし女子のお部屋に絶対欲しいクローゼット。可能なら、2個設置している物件に決定しましょう。片方には普通の服、もう片方にはスーツ・コートといったアウターを入れるという風に分けることができます。それでも足りない場合は、コートかけもしくはタンスを追加で買いにいくと良いです。袖を通していない服は、可能な限り古着を取り扱う店に売りに出すことが賢明です。

1人暮らし開始の際、確保したい生活用品の1種として、洗濯機はハズせません。洗濯と同時に乾かすこともできるドラム式を購入すると、干す時間が減って楽ですよ。価格は少々お高めですが、1人暮らし向けの商品もあります。衣類が傷むことを防止する効果もあるとのことなので、推奨します。

独立して暮らす人が使用する洗濯機の容量について、どのくらいなのでしょうか。4~5キロくらいで良いのかな、と考えている人もいるでしょう。とはいえ、7~8kgほどあれば、1回で結構な量の洗濯物を洗ってしまえるだけでなく、週におよそ1回か2回しか洗濯機を回さない方に向いています。その上、毛布・カーテンといった大物衣類も簡単に洗えます。

1人暮らしを始めよう!と準備をするときに、確実に欲しいアイテムが洗濯機。古くからある縦型式でも不足はないですが、せっかくなので、新たにドラム式を購入するのも良いですよ。乾燥機能で衣類もふんわり仕上がります。

傷みずらいこともポイントです。少しお高い、と感じるかもしれませんが、忙しくなりがちな単身生活のパートナーにお勧めですよ!

特に女性の防犯は最重要項目

女子の防犯対策
単身生活をしたい女性の防犯対策について、びっくりされるかもですが、「転居先の隣や上下階に住む住民に、引越しの挨拶をしない」のも一つの対策です。何ゆえかというと、「同じ建物で暮らす独り暮らし女性がいる」というデータというのが無闇に広まりますので、おかしな人が起こす事件の犠牲になる見込みがより高くなってしまうからです。

女性がひとり暮らしをする場合、防犯がしっかりしている物件を選ぶことを強くオススメ致します。防犯対策がザルだと、不審者が来ても文句を言えません。オートロック設置は当然!顔が映るタイプのインターホンこれも必要です。女性の一人暮らしには、セキュリティのしっかりした部屋を探し当てた方が無難です。

現代においてオートロックは当たり前だと思いますが、昔ながらの物件には設置していないケースも珍しくないです。ですから、家賃の安さだけを見て気軽に古い部屋を選んだりしないよう気を付けましょう。オートロックは、裏口にもあると尚良いでしょう。犯罪に巻き込まれてからでは、遅いのです!

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

単身引越し

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 東京-沖縄県間の引越し料金 目安・相場はどのくらい?

  • 東京から鹿児島県へ単身赴任での社宅ワンルーム住まいへ妻が3LDKと勘違いし引っ越して来て大量の荷物が溢れかえった!