1. TOP
  2. 引越しが決まったら引越計画書を作る

引越しが決まったら引越計画書を作る

特集   852 Views

引越が決定したら、まずは引越計画書を作りましょう。

引越計画書とは、引越をしようと思い立った時から、荷解きまでのスケジュールを全て書き込んだ計画書です。

引越しは、ただ荷物を梱包して運んでもらうだけで終わりではありません。役所での手続から、公共料金の手続まで、様々な手続きをしなければいけませんから、やらなければいけない事を全て書き出し、計画書に自分の中で期日を決め、埋めていくことで、やらなければいけない事を忘れずに行うことができるのです。

引越業者をいつまでに決めるというところから始まり、引越業者との見積り、資材集めから梱包、運搬、荷解きが、引越しの運搬に関わる作業となりますが、学校での手続きや、公共料金の手続、ネット回線の解約、転出届をもらったりと、その他にもしなければいけない事はたくさんあります。全て引越業者に依頼することができるわけではなく、自分自身で足を運び、手続きをしなければいけない物もありますから、全て忘れないように、書き出しておくと、後々やり忘れてしまったまま、引越当日を迎えるという事になりません。

計画書通りに進んでいない事に気が付いたら、後々の計画を遂行することが大変になってしまうので、できるだけ早く、計画書通りに戻せるようにしましょう。引越しまで、期間が空いている場合でも、すぐに引越しをしなければいけない時でも、引越計画書は便利となりますから、簡単な引越計画書を作った上で、引越を進めていくと、失敗なく終わるでしょう。

引越し当日の段取りをする

引越当日になると、非常に慌ただしくなる人が多いとされています。

今まで使用していた日用品を片付けていないままであったり、電気のかさや、電化製品の配線など、そのままになっている人も多いとされています。

今まで引越の経験が豊富にある人の場合、引越当日になったらしなければいけないことが頭に入っている事と思いますが、あまり引越の経験がない人にとって、引越当日は非常に慌ただしい物となるでしょう。

梱包なども全て引越業者に依頼している場合には、慌てる必要はありません。自分自身では何もしなくても良いプランを申し込んでいるわけですから、業者が到着するのを待つだけです。ですが、引越業者に依頼したのが運搬だけである場合には、雑貨や洋服などは、全て自分で梱包しなければいけません。

業者によって、当日ハンガーボックスや、食器収納ボックスなどを貸し出してもらえるような引越業者もありますから、そのような梱包も引越当日に行う事になります。引越当日に忙しくなってしまうと、梱包が雑になってしまったり、引越業者への指示が上手く出せなくなってしまう事が予想されますから、引越業者が到着するまでに、出来る限りの事をやっておきましょう。壊れ物には、必ず壊れ物であるという事を段ボールに記載しておくことも大切ですし、すぐ使う物なども、わかりやすく記載しておくことで、後々全ての段ボールをあけて必要な物を探すという事を省くことが出来るでしょう。

引越しの手続を知る

引越しは、引越業者に依頼する運搬だけではありません。引越をする前の手続としては、様々な手続きを進めていく必要があります。住民票の手続をするために、現住所がある管轄の役所から転出届をもらい、新しい住所の管轄である役所に転入届を出さなければいけません。国民健康保険について、引越時に変更がある場合にも、役所での手続きが必要となります。郵便物は、今までの住所に送られてきた物を、新しい住所に送ってもらうことができるように手配するためには、郵便局に出向き、届け出を作成しましょう。

公共料金の取り扱いをしている会社に連絡をし、いつまで使用するのかを伝えた上で、精算をしてもらわなければいけません。新しい住居での、公共料金の手続もしなければいけませんから、忘れずに行い、引越当日、ガスや水道が使えないという事にならないようにしましょう。NHKの支払いをしている場合には、住所変更や、電話回線を利用している場合には、解約とするのか、回線を移すのかによって、手続きにかかる金額が変わってきます。

引越業者に全て依頼する引越を選んだ場合でも、上記のような手続きは自分自身で行わなければいけません。手続きは面倒ですし、後回しになってしまう事が多いのですが、引越業者を選ぶときと同じような時期から少しずつ進めていけば、やり忘れてしまったことがなく、引越当日を迎える事ができますから、引越しの為にやらなければいけない事を紙に書き出しておき、忘れずに様々な手続きを進めるようにしましょう。

引越しの時に忘れがちな事

引越の時は、しなければいけないことが多いため、やり忘れてしまう事も出やすくなっています。

引越業者に運搬を依頼するという事は誰しも忘れずに行う事となりますが、各種手続きは、引越業者がアドバイスをしてくれるわけではありませんし、自分自身でやらなければいけない事をチェックして進めていかなければいけませんから、様々な手続きを全て忘れずに行う事が大切です。

非常に忘れやすい手続きとされているのが、インターネット回線の解約もしくは住所変更です。住居によっては、ネット回線をつなげるための工事をしなければいけないような場合もあり、住所変更により、お金がかかってしまう場合もあります。新しく回線を引き直した方が安く済む場合もありますから、様々なネット回線を取り扱っている業者を調べてみましょう。その他にも、有料でのテレビ番組の契約を行っていた場合にも、解約するのか、継続するのかを決め、手続きを行う必要があります。

引越をすると、ゴミが大量に出る事になりますが、そのゴミをどのように処分するのかも考えておきましょう。ゴミを出す曜日は、自治体ごとに決まっているため、ゴミが出たらすぐに処分することが出来るわけではありません。そのため、引越前に処分できる物は、処分することができる様に、ゴミ出しのルールを再確認し、曜日に合わせてゴミ出しをする必要があるのです。引越業者によっては、ゴミの回収をオプションで行ってくれる場合もありますから、そのようなオプションをつけている場合には、ゴミについて心配することはありません。

荷物の梱包をする

引越をする場合、梱包は自分自身で行うという人がほとんどであると思います。

梱包まで引越業者に頼んでしまうと、お金がかかってしまいますし、引越の際に部屋を片付け、いる物といらない物とを区別することができますから、自分自身で梱包を行った方が、荷物の整理をする事が可能です。荷物の梱包をする際には、日頃から使用頻度の少ない物から梱包を始めましょう。生活用品となるような物は、1番最後に梱包を進めるようにし、季節とは違う洋服や、本、雑貨類などから梱包を始めましょう。

引越しで便利なサービスにはどんなものがある?【オプションサービスのまとめ】

本は、1つの段ボールにまとめる方が簡単ですし、作業がはかどりやすいのですが、全ての本を1つの段ボールにまとめると、自分自身でその段ボールを動かす事が大変になってしまう事もありますから、重たい物は、いくつかの段ボールに分けるようにしましょう。

新居の間取りを手にしているかと思いますから、新居に部屋の番号をつけ、運んでほしい部屋の番号を、段ボールに記載していくと、運搬が非常にスムーズです。新居で引越を開始する前に、部屋に番号を記した紙を貼っておくと、引越業者にもわかりますし、いちいち引越業者に指示を出さなくても、段ボールの運搬を行ってくれますから、作業が早く進みます。

荷物の梱包は非常に大変なのですが、断捨離をする事も可能となりますから、新居のイメージを膨らませながら梱包を進めましょう。荷物を梱包する時には、思い出に浸ってしまい、梱包作業が止まってしまわないようにする事が非常に大切となります。

役所での手続きを知る

引越業者には依頼することが出来ない役所での引越の手続について細かく書き出してみましょう。

転出前に前住居でもらう転出届と、新居の管轄の役所に転入届を提出することで、住所変更が完了するのですが、その他にも、子どもがいる場合には、転入学証明書を発行してもらう必要がありますし、国民年金や、国民健康保険料の手続も必要となります。印鑑登録なども必要である場合には、早めに登録をしておきましょう。

子どもがいる世帯では、乳幼児の医療費助成や、子ども手当の手続も必要となりますし、介護保険や、後期高齢者医療費助成の手続も、役所で行う事になります。

原付を保有している場合には、一度廃車手続きをして、再度、新しい住所にて、登録をし直さなければいけません。忘れがちなのが、犬を飼っている人の登録書の変更です。

現在の住まいの役所で申請可能となる手続きもあるのですが、新住所管轄の役所ではないと、手続きができないような物もありますから、引越し前にも引越し後にも、どちらも役所に行かなければいけない事になりますが、手続きはできるだけ早く行う事が大切です。

特に国民健康保険や、医療費控除、児童手当などは、遅れてしまうと、その分の手当てを受ける事が出来なくなってしまう可能性がありますから、引越したらすぐに役所で手続きを進めましょう。

引越業者が荷物の運搬をしている時には、家を空ける事ができませんが、引越業者が来る前、もしくは運搬が終った後であれば、問題ありませんから、新居に引越したらすぐに手続きを進めましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引っ越し料金を安く抑えることでフリー便を選びましたがそれが失敗だったかもしれません。

  • 長距離の引越しで困るのが自動車やバイクをどうするか。その解決策は?

  • 残る荷物はあと少しと聞いていたのにゴッソリと!仕事と同様に引っ越しも「ほうれんそう」が大切だと痛感。

  • どうする?単身赴任のための引越し【準備と手続きなど】

  • 単身引越しで損をしたくない!安い業者を見つけるにはどうすれば良い?

  • 妊娠中の部屋探しと引っ越しは本当に大変だということを実感しました。