1. TOP
  2. 特殊なケースの名義変更方法
  3. ローンが残っている車の名義変更

ローンが残っている車の名義変更

自動車を購入する場合、現金一括で払う人もいるでしょうが、ほとんどの人が金融機関から融資を受けて購入するというケースがほとんどではないでしょうか。

一般的にはローンを完済してしばらくしてから車を買い替えるでしょう。ですが中には、ローンは残るが車を売るまたは譲りたいと思う人もいるでしょう。

car (30)

『ローンが残っている場合に名義変更をするにはどうしたらいいの?』と悩む人もいるでしょう。もしくは全く悩まず、普通に名義変更をしようとする人もいるでしょう。『車を友人に売って(名義変更をして)、その費用でローンを支払おう』と考える人もいるかも知れませんね。

ですが、ローンの残金がある車の名義変更云々の問題以前に、ローンが残っている車は勝手に売る事は出来ませんし、もちろん譲る事も出来ません。という事から、名義変更も出来ません。

なぜならば、ローンが残っているという事は、その車の所有権はローン会社にあるからなのです。ローンをしている場合は、一見自分の車であると思いますが、契約上は所有者はローン会社で、自分はただの使用者という事になっているのです。人のものを勝手に売る事も譲る事も出来ませんよね。

ローンが残っている車の名義変更をするには、まずそのローンを返済しなければいけません。完済して所有権解除する必要があるのです。所有権解除をおこなえば、その車はようやく自分の持ち物になりますから、通常の名義変更をおこなう事ができるのです。

もし、車を売った費用でローンを完済したいという場合、現実的には先にお金を支払ってもらい、ローンを返済し、その後に名義変更という手順を踏む必要があります。ただ、売っているという時点で違法となります。それをスムーズに行うためには、中古車店などを介して売買するのが望ましいでしょう。

ローンが残っている愛車を売るには?

自動車を購入する際にローンや分割払いを組んでいるという場合も多いでしょう。自動車は非常に高額な買い物だからです。では、自動車のローンや分割払いがまだ残っているからといって売却をすることができないのでしょうか。

ローンが残っている間は、実はその車の所有権が自分自身にないことが多いです。ローン会社や自動車メーカーを介して分割支払いが組まれているため、支払いが終わるまでは、所有権が自動車メーカーやローン会社にあることが多いのです。

まず、そのような分割支払いの残った自動車を売却する場合は、現在の車の所有権が誰にあるのかをしっかりと確認する必要があります。もし、所有権が自分になっていれば、自動車を問題なく中古車販売店に売却できます。売却後は残った分割支払いを引き続き毎月返済し続けるというかたちになります。

では、もし所有権が自分になければ自動車を売却することができないのかというと、決してそんなことはありません。多くの中古車販売業者では、そのような場合でも中古車を売却できるようになっています。中古車を査定した際の査定額で、残りのローンを完済できる場合は査定金額がローンの返済に充てられます。査定額の方がローンの残高より高ければ、ローンの残高を査定額から差し引いたものを消費者が受け取れます。

しかし、多くの場合は査定額よりもローンの残高の方が高いかと思われます。その場合は、一度、中古車店やローン会社で残りの残高を立て替えて返済してしまい、所有権を自分のものにします。そして、査定額をローンの返済の一部に当て、残りの残高を新たに組んだローンで返済していくかたちになります。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 軽自動車の名義変更

  • 車検切れの名義変更

  • 所有者が亡くなった(相続)の名義変更

  • 新所有者と新使用人が違う場合

  • 未成年者の名義変更