1. TOP
  2. 引越し料金と費用の相場
  3. 関東・首都圏の各都市間の引越し
  4. 東京都内の家族世帯の引っ越しを自力でやりきった猛者たちの体験談

東京都内の家族世帯の引っ越しを自力でやりきった猛者たちの体験談

目黒区内で徒歩3分以内の新居へ引越し【40代男性】

私は40代の男性です。子どもが2人いる4人家族で東京都目黒区在住です。

徒歩3分以内で着いてしまうところへ引越ししました。老朽化による建て替えのため、賃貸の集合住宅を出ることとなりました。元の家では家具は備え付けのものがほとんどだったのと、家電も古いものばかりで引越しの機会に処分することにしたので、大きな荷物がありませんでした。

もともと物の少ない方でもあったことから、業者に頼まなくても引っ越せるという結論を出し、自力での引越し作業をすることに。

ですが失敗したと思っています。

まず荷物を詰めるダンボールは近くのスーパーなどでもらってきたので大きさもバラバラ。強度が弱いものも多くて、服などはゴミ袋に入れての移動。自家用車を何往復かして荷物を運びましたが、引越し先は2階。いくら荷物が少ないといってもかなりの体力勝負で本当に大変でした。

しかも、その日に冷蔵庫やベッドなどの大型家具に家電なども次々に届くようにしていたため、その対応にも追われてとにかく荷物を運んで中に入れることで精一杯。

単身の引越しならともかく、どんなに近くて荷物が少ないといってもやはり引越し業者さんにお願いするべきだったと思いました。

晴れていたのでよかったですが、もし雨が降っていたら悲惨なことになっていたと思います。

それから問題発生も一つ。子どもたちのロフトベッドと食器棚を注文しており、組み立てまでを頼んでいました。てっきりきちんとわかっている人が来てくれるのかと思っていましたが、普通に配達のお兄さんが説明書を見ながら組み立てていました。

かなり時間がかかっており、やっと終わるかと思う頃に間違えていることが判明してやり直し。食器棚については運び方が悪く底に穴が開いてしまい、気づいたからいいものの…という後味の悪い状態でした。組み立て料金を払ってこの仕事ぶりだったのでがっかりです。自分でやればよかったと思いました。実際、後からやり直した部分もあります。

いろいろ考えての自力引っ越しの選択のつもりでしたが反省点多数です。引越し後でも間に合うものは別日にして、すぐ必要なものを優先して運ぶべきでした。

実際に住んでみると気持ちも変わったり、引越し当日はバタバタして、とりあえずとかもういいやなどと適当にしてしまうことも多いと思います。とりあえずにしてしまうとまた後で大変です。物が見つからなかったり、邪魔だったりして片付けが思うように進まないなどということになってしまいます。

そうそう引越しすることはないですが次回に活かしたい点がたくさんの経験でした。

大田区内で結婚のために自力 レンタカー代8千円と雑誌処分代3千円【40代男性】

私が今住んでいる地域は東京都の大田区です。性別は男性で40代で家族構成は妻と子供一人の3人家族です。

引っ越しが必要になった動機は結婚を機に嫁と同居をする為です。

3か月前くらいから、引っ越しの為の準備をを徐々に始めて引っ越し当日に一日で終わらせる予定で準備を始めました。私は最初から引っ越し業者を使わないで引っ越しをするつもりでいたのでいました。

理由は単純に引っ越しの費用をなるべく抑えたかったからです。

冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電は処分するつもりでいたので、あまり大きな物はないと判断して引っ越し業者を呼ばなくても大丈夫と思ったからです。

更に3か月あればゆっくりと整理をしながら進めれば大丈夫と軽い気持ちでした。この軽い気持ちが後々大変な事になろうとは想像もつかなかったのです。

3か月というと結構長い時間ですが仕事がある日は片付けはする気にならず、休みの日中心の準備になります。

私の以前住んでいた部屋は2部屋ですが一人暮らしでしたので広々と生活していましたが、それが私が引っ越しで苦労した最大の要因です。

部屋が2つある為、物がいっぱい置けるのです。当時の私は漫画がとにかくたくさんありほぼ捨てずに押入れに閉まっていました。また趣味のゴルフに関連する
雑誌がとにかく多く、これも押入れに閉まっていました。押入れが3段ありましたが下段はほぼ雑誌と漫画で埋め尽くされていました。

この処分がとにかく大変だったのです。雑誌などのゴミは週一回の回収なので、回収日に合わせて紐で縛って出していましたがとにかく数が多くまったく減る気がしませんでした。

段々と私の中で、引っ越しまで間に合わないかもっと言う焦りの感情が大きくなりました。このペースで雑誌を処分しても間に合う気がしなくなりました。

当時住んでいた所は品川区でしたので区のゴミの処分の相談窓口に聞いたらトラックで来てくれて処分出来ますよとアドバイスを頂き、翌週に早速トラックを
呼んで、すべての雑誌を処分する事が出来ました。たしか費用は3千円位だった気がします。これで大分部屋がすっきりしてきましたがまだまだ処分する物は
沢山ありました。要らなくなった家電の処分や必要無い物の整理や処分に引っ越しの日まで本当にぎりぎりまでかかりました。

引っ越しの当日はレンタカー(バンタイプ)を一日予約しておいたのでそのレンタカーで荷物を新居まで運びました。一回で済むと思った荷物は思いのほか多く
結果3往復する事になりました。結局その日は夜中までかかりました。

次の日には大家さんの鍵を渡して立ち合いの上で部屋を引き渡すので引っ越しの次の日も朝から部屋に戻って掃除をしました。掃除機をかけたり雑巾で拭いたりして隅々まで綺麗にして無事に引き渡しを終える事がで出来ました。

今回の引っ越しにかかった費用はレンタカー代8000円と雑誌の処分代3000円です。この金額は安いと思いますが物の持ち運びはすべて自分と嫁でやった
ので、とにかく疲れました。

私は物を整理することが下手な人間なので要らない物をすぐに処分出来ないのですぐに物がたまってしまうのです。引っ越しを上手に進めるにはやはり常日頃から整理整頓をして物を沢山置かない生活が必要だと感じました。

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しで失敗してしまう前に読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 東京と神奈川間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 東京⇔横浜間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 東京⇔千葉間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 東京-埼玉間の引越し料金の相場は? そして格安業者の見つけ方は?

  • 東京⇔茨城間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

  • 東京都内の引っ越し料金はいくらくらいが相場となる?業者に依頼して引越した方々の体験談